1. HOME
  2. 宅配クリーニング宅配クリーニングランキング比較 口コミ評判

宅配クリーニングランキング比較 口コミ評判

宅配クリーニングランキング比較 口コミ評判

最近、仕事の忙しさから洗濯をする時間がとれなかったり、クリーニング店へと訪れる時間がない方に宅配クリーニングが人気です。今回は利用するか迷っている方のために人気の宅配クリーニングをランキング形式でまとめてみました。簡単に特徴も紹介しておきますので、ぜひ選択する際の参考にしてみてください。

宅配クリーニングの選び方ポイント

まずは宅配クリーニングの選び方をいくつかのポイントで紹介。これを読んだ後にランキングも確認し、自分にあった宅配クリーニングを見つけてみてください。

価格とプラン

宅配クリーニングは何度もリピートして使うものですからね。できれば価格は安い方がいいと思います。ただ、安ければ安いほどいいとは限りません。中には安価なことと引き換えに無料サービスが充実していない業者もあるかもしれません。また、送料が無料かも確認しておきたいところ。いくら価格が安くても送料分が上乗せされてしまえば高くついてしまう恐れがあります。プランについては大きく「単品衣類」と「パック料金」に分かれていることが多いですね。定期的にクリーニングに出す衣類がコートなど単価が高いものならパック料金、ワイシャツなど安いものが中心なら単品衣類と使い分けるといいでしょう。

専用バッグ

一部の宅配クリーニングでは衣類を詰める専用のバッグを用意しています。用意されていれば説明書に従って衣類を詰めるだけなので非常に楽ですね。逆に専用バッグが用意されていないと自分でダンボールを用意しなくてはなりません。大きなダンボールのストックが無い方はバッグの有無も確認してください。

お届けまでの日数

衣類を送ってから返ってくるまでの日数は業者によって変わります。最短なら2日程度なのに対して長いところなら14日程度かかることも。クオリティの問題もあるため絶対に早いところがいいとは言えませんが、急ぎのクリーニングが多い方はなるべく納期の短い業者を選ぶといいでしょう。一部の業者については会員になることで納期が短くなったりします。

宅配クリーニングをランキングで紹介

さて、宅配クリーニングのおおよその選び方が分かったところで、次はランキング形式でまとめた各業者の特徴を見ていきましょう。

リネット

リネット

リネットはリファイン加工、柔らか加工、無料毛玉取り、無料毛取り、ダブルチェックなどのプレミアム仕上げを利用できる宅配クリーニング。月額300円のプレミアム会員制度を設けており、加入することで本来なら980円かかる送料が2400円以上の利用で無料になる、お届が最短で2日になる、ダンボールが無料手配になるなどの特典を受けることが可能です。また、東京23区限定ではあるもののプレミアム会員なら夜間便とハンガー便をお願いすることができます。夜間便を選択すれば24時までお預けやお届けに対応してくれるため仕事の忙しい方にも最適でしょう。さらに衣類はコンビニから送ることも。受け取りも宅配ボックスがあればいつでも出来ることから、コンビニと併用することで家にいる時間が短くとも宅配クリーニングを快適に利用できます。

リネットの口コミ評判を見る

せんたく便

せんたく便はパック料金のみが用意された宅配クリーニング。一般的な宅配クリーニングの場合、ワイシャツ300円、ダウンコート2000円のように衣服の種類によって料金が設定されているわけですが、せんたく便の場合は始めから「5パック料金」「10パック料金」のようになっており、どんな衣服を選んでもこれ居料金で対応してくれます。つまり、ダウンコートなど本来ならクリーニング代の高いものも、かなりの低額で請け負ってくれるのです。また、「コスプレパック」といった少し特殊なコースも用意されており、コスプレ衣装をクリーニングに出すのが恥ずかしい人にはぴったり。往復送料や決済手数料、しみ抜き、再仕上げなどが無料なのも評価点でしょう。

せんたく便の口コミ評判を見る

リナビス

リナビス

リナビスは兵庫県の田舎町にあるクリーニング職人14人、スタッフ28人の小さな企業。在籍しているのはおせっかいなおばちゃんやおじちゃんと自称しており、送料、6か月保管、しみ抜き、毛玉取り、ボタン修理、再仕上げ、クリーニング相談を無料で請け負う8大おせっかいをウリにしています。ちなみに最後の1つは「おせっかい」らしいです。コースについては「5点」「10点」「20点」のパックコースのみ。20点にすることで5点や10点のコースよりも1点あたりの単価を下げることができます。忙しさからクオリティを下げないためにリナビスでは利用会員数が1万人に達した時点で新規の受付を終了するんだそうです。2017年2月現在はまだ半分程度の約4900名ですが、利用を検討している方は急いだほうがいいのかもしれません。

リナビスの口コミ評判を見る

白洋舎

白洋舎

白洋舎は実店舗も経営するクリーニングサービスの老舗。宅配クリーニングの場合は「らくらく宅配便」と呼ばれるサービスを利用することになります。こちらは1点1点に料金が設定されたタイプで他と比べると少し高めなのですが、古くからクリーニングを続けるだけのことはありクオリティは高いと評判。衣類だけでなくカーテンや布団、じゅうたんといった洗いにくいものもクリーニングしてくれます。また、撥水加工などの特殊オプションにも対応。最長で5か月ほど保管しておいてくれる季節保管サービスも嬉しいところです。既に白洋舎の店舗を利用している方はおおよその仕上がりが予想できるので使いやすいのではないでしょうか。違いは荷詰めが必要なことと1600円程度の送料がかかることです。

白洋舎の口コミ評判を見る

洗宅倉庫

洗宅倉庫

洗宅倉庫は単品衣類と詰め放題の2種類から衣類のクリーニングを選べる宅配クリーニング。単品衣類についてはワイシャツ、ワンピースなど衣類ごとに設定された料金の合計を支払うシステム。足して詰め放題では専用のバッグに衣類を好きなだけ詰めることができます。ただし、定額でクリーニングしてくれるのは小さなバッグのコースで10着まで、大きな方で20着まで。それ以降は追加料金がかかるので注意してください。また、月額280円のゴールド会員システムを導入しているのも特徴のひとつ。ゴールド会員になることでお届けまでの日数が最短2日になったり、最大で50%のクリーニング割引を受けられたり、単品衣類の送料が3000円以上で無料なるなどの特典が付与されます。

洗宅倉庫の口コミ評判を見る

Nexcy(ネクシー)

Nexcy(ネクシー)

Nexcy(ネクシー)は1点から出せるタイプの宅配クリーニング。ワイシャツやセーターなど普段使いの衣類をおおよそ店舗と変わらない価格でクリーニングしてもらうことが可能です。一般会員の他にも月額162円の「ビジネスコース」と月額324円の「メンバーズコース」を設けており、ビジネスコースなら背広やワイシャツといったビジネスマン向けの衣類のクリーニングが20から40%オフ。メンバーズコースならすべての衣類が20から40%オフになります。同時にサプライズクーポンや最短3日お返し(関東は5日)などの特典も付与。1度か2度利用するだけで元が取れるので長期にわたって利用する方は入会してみるとよさそうですね。ちなみに送料は九州から関西で3000円以上、関東なら4000円以上で無料になります。

Nexcy(ネクシー)の口コミ評判を見る

クリラボ

クリラボ

クリラボは女性向け雑誌「AneCan」に掲載された宅配クリーニング。選べるコースは「洋服5点クリーニングパック」「10点パック」「20点パック」となっており、点数に応じて料金が向上する仕組みです。とはいえ、点数が上がるほどに単価が安くなるのも確かですね。初めての利用であればお得な「お試しトライアル10点クリーニングパック」を利用することも。通常の10点パックよりも幾分か安く設定されています。クリラボでは完全個別洗いで他人の衣類と混ざることがないため、女性の方でも利用しやすいでしょう。実際、女性から支持を得ているサービスのようです。他にも静止乾燥による衣類のダメージ軽減や無料しみ抜きなどの特典を持ったクリラボ。実は研究年数は50年にものぼります。

クリラボの口コミ評判を見る

ピュアクリーニングプレミアム

ピュアクリーニングプレミアム

ピュアクリーニングプレミアムは名前の通りプレミアムな宅配クリーニング。単品から受け付けてくれるタイプで全体的な価格は他の宅配クリーニングよりも高いのですが、独自のこだわりをもった上質な仕上がりを実現してくれます。衣類ごとに「オゾンコース」「シリコンコース」「メンテナンスコース」の3種類からクリーニング方法を選ぶことができ、最も高価なメンテナンスコースであれば特殊水洗いや特殊シミ抜きによる見事な仕上がりを体験することが可能。ずっと大切に着続けていきたい服などはお任せしてみるといいでしょう。もし仕上がりに満足できなければ再仕上げを無償で、それでも満足できない場合は全額返金保障がつくため、安心して衣類を任せることができそうです。

ピュアクリーニングプレミアムの口コミ評判

クリコム

クリコム

クリコムは2万件以上の実績を持つ人気の宅配クリーニング。料金は単品ごとに決まっているタイプで設定はごく一般的なものですが、他ではなかなか受け付けてもらえない、ぬいぐるみのクリーニングも請け負ってくれます。実際、クリコムをぬいぐるみ目当てで利用するユーザーは多く、返ってきた時には埃や手垢などの汚れが落ちているのはもちろん、毛並みもつやつやになって返ってくるんだとか。また、カーペットや布団、カーテンなどのクリーニングにも対応。個人だけでなく外食店や学校関係など法人の衣装のクリーニングにも対応しているようなので、機会があれば利用するのもいいかもしれません。こだわりの溶剤管理や最新の京都式しみ抜き機での上質な仕上がりを体験できると思います。

クリコムの口コミ評判を見る

クリ宅

クリ宅

クリ宅は岩手県盛岡市にある宅配クリーニング。プランはセット料金制度で「5点パック」と「10点パック」が用意されています。他のコースはないというシンプルさは初心者でも使いやすく、送料や手数料がセット価格に組み込まれているのも嬉しいところです。要は送料などで結局のところ高くついてしまうというトラブルがないわけです。専用のボックスは高さが20センチ、横60センチ、縦50センチのゆったりサイズなので10着でも余裕をもって収納することができます。クリーニングできる衣類もジャケットからロングコートやダウンジャケットまで様々。はじめての宅配クリーニングで複雑な料金システムなどはよく分からない時には利用してみるといいかもしれません。

クリ宅の口コミ評判を見る

フランス屋

フランス屋は非常に安価な宅配クリーニング。なんと5点パックで2980円、10点パックで4980円、15点パックで6980円という価格設定になっています。しかも5点パックなら片道分、10点と15点パックなら送料が無料になるサービスまで。最も単価の安い15点パックなら1着あたりの価格は465円まで下がります。もちろんコートやダウンなど本来なら単価の高い衣類を入れても大丈夫。ワイシャツについては2枚で1点としてカウントしてくれるのだから嬉しいところです。また、パックだけでなく単品クリーニングも実施。こちらは回転ずしのように500円、700円などのカテゴリーに衣類が分けられています。プレイム会員と呼ばれる、月額200円で単品衣類を20%オフ、パック価格なら約10%から割引されるサービスもあるので入会してみるのもありかもしれません。

ロイヤルクローク

ロイヤルクロークは10点や20点のパックをオーダーできる宅配クリーニング。名前は「日常便10」と「日常便20」となっており、それぞれの数字の枚数までクリーニングをお願いすることができます。また、「保管便10」や「保管便20」といった保管に力を入れたサービスも存在。こちらなら最大で10か月ほど衣類を保管してくれるため、必要になるまでは保管してもらって家のクローゼットをスッキリさせることが可能です。しかも、ロイヤルクロークでは衣類を個別洗い。バッグごとにクリーニングしてくれるので他の人のものと混ざる心配がありません。他にも全品抗菌や静止乾燥機、無料しみ抜きなどの特典付き。衣類以外にも布団やブーツ、靴などをクリーニングしてくれるので一度利用してみるといいかもしれませんね。

マイクローク

マイクロークはその名の通り専用のクロークで最長10か月ほど衣類を保管してもらえる宅配クリーニング。保管の際は専門のスタッフが1点1点に丁寧にカルテを作成し、最適な状態で保管をしてくれるようです。料金については単品制で一般的なスタンダードコースとデラックスコースを選択することが可能。デラックスコースはスタンダードの2倍ほどになりますが、裏地にもきちんとアイロンをかけてくれます。また、送料無料やしみ抜き無料といった特典も嬉しいところ。送料無料には衣類が4点以上という条件がつくものの、そこまで難しくはないでしょう。配送については専用のキットが用意されているので、それを使って出荷すれば問題なし。自分専用のマイページもあるので利用の際は確認してみてください。

ホワイト急便

ホワイト急便は既に多くの店舗を経営するクリーニング店。そのネットサービスとして「らくらく宅配ネットクリーニング」が存在します。ワイシャツやセーターなど衣類の種類ごとに料金が設定されており、出荷した衣類の合計金額を請求される一般的なシステム。価格は極端に安くも高くもない、ノーマルな印象をうける設定です。送料については地域ごとに違っており、九州なら1000円、関東なら2000円など。送料無料についても九州なら3000円以上、関東なら5000円以上と変わってきます。また、長期保管つきのパックセットも受付。5点パックや10点パックは送料や保管料が込みになっており、面倒な計算をしなくてもいいようになっています。衣替えの季節などに利用するといいかもしれませんね。

デア(旧パックマン)

デアはもともとパックマンという名前だった宅配クリーニングの企業。とにかく多彩な商品をクリーニングしてくれる企業で、一般的な衣類はもちろんのこと、ソファ、絨毯、ラグ、ウェディングドレス、ぬいぐるみ、浴衣、武具、着ぐるみなど。おそらくここまで多彩なクリーニングをしてくる企業はそうありませんよ。中でも武具や着ぐるみは他ではまず見かけない部類。汗の臭いが酷いことで有名な剣道の武具を天然石鹸と強力な抗酸化作用をもつEM菌に漬け込むことで汚れや臭いを除去してくれます。着ぐるみも同じく汗で臭いが酷くなりがちなので定期的にクリーニングしたいところですね。価格は全体的に高めではあるものの、他ではクリーニングできない商品が多いのは実に魅力的。特殊なものをクリーニングしてほしい際は利用してみてください。

カジタク(イオン)

カジタクはかの有名なイオングループが運営する宅配クリーニング。コースはパックになっていて保管付きと普通のものを選ぶことができます。普通のクリーニングパックは5点と8点という少し面白い組み合わせ。5点パックは他でも目にしますが、通常は8点ではなく10点パックになっていることが多いです。とはいえ、10点まで届かないけど5点では足りないことも多いでしょう。そんな時は8点パックを利用するのもいいと思います。保管付の方も6点、10点、15点と少し特殊。価格を2倍にして品質を向上させるプレミアム仕上げ6点パックも存在します。衣類以外にも布団丸洗いサービスを行っているので、家で洗うのが難しいと思えば利用するのもいいでしょう。ちなみに、カジタクでは宅配クリーニング以外にも家事代行などを行っています。

美服パック

美服パックはパックセットでクリーニングを受け付ける宅配クリーニング。料金プランは「美服パック」の「デイリー」「ライト」「プロ」が用意されており、デイリーは保管無しの最短仕上げ、ライトは最長6か月の保管付、プロはハンガーボックスでのお届やしみ抜きなどのオプションがセットになります。点数についてはデイリーが5、10、20。ライトとプロが10、20になっていて数字の数だけ衣類を詰められます。もちろん料金は点数に合わせて増加。同じ点数でもライトはデイリーより、プロはライトより高いので利用前にはきちんと確認しましょう。ちなみに送料は離島を除いて往復無料。はじめから料金に組み込まれているシステムです。そのため、送料を気にして利用を躊躇する心配はありません。

クロークネット

クロークネットは「セレクト」「マイスター」「プラチナ」の3つのコースが用意された宅配クリーニング。それぞれのコースには5点、10点、20点パックが用意されています。マイスターならセレクトのクリーニングに加え、漂白や補色、ハンドメイド仕上げ、担当者カルテなどが付属。プラチナならさらにスクワランによる復元加工がついてきます。もちろん、セレクトでも通常しみ抜きや機械仕上げ、ハンド手直しプレス、結果報告書などのサービスを受けることが可能。プラチナに近づくごとに価格も高くなるので、衣類に合わせてコースを選択するといいでしょう。ちなみにどのコースでも往復の送料は無料。最大9か月は保管料も無料になっているので衣掛けの季節などには助かります。

フレスコ

宅配クリーニングといえば衣類が一般的ですがフレスコは布団丸洗いに特化した業者。品質にバラつきが出ないように手作業ではなく全体の工程をプログラム化した専用の機械で丸洗いしてくれるため、いつでも一定の品質のクリーニングを実感できるはずです。また、漂白剤や溶剤は不使用。中のわたや布団の生地を傷める心配がありません。抗菌や防ダニ加工は行ってくれないようですが、これは常に布団を綺麗な状態に保ってほしいからなんだとか。いくら抗菌加工などをしても布団は使っていくうちに汚れてしまうわけです。そんなフレスコの料金コースは実にシンプルで、布団丸洗い1点、2点、3点といった感じ。要は布団の点数に応じて料金が上がっていくわけですね。ちなみに2回目以降はリピート割引を適用してもらうことが出来ます。

リアクア

リアクアは第一回日本サービス大賞において優秀賞を受賞した宅配クリーニング。クリーニング技術のプロフェッショナルが340名、繊維製品のスペシャリストが40名、リアクア認定工場が56工場と多くのスタッフや工場を抱えており、1点1点を丁寧に仕上げることをモットーとしています。とは言え、料金が他より高いことはなく、単品衣類の価格は宅配クリーニングの平均程度。さらに、月額300円で入会できるプレミアム会員制度を設けており、こちらに加入することで最大35%のクリーニング割引を受けることが可能です。他にもお誕生日ポイントが多めについたり、会員限定プレゼントがあったりするので利用頻度の高い方は入会しておくとお得かもしれませんね。他にも無料6か月保管などのサービスを行っています。

ココデカウ

ココデカウは介護用品や日用品など多くの商品を販売するネットモールであり、そのサービスのひとつに宅配クリーニングがあります。システムは衣類ごとに決められた価格を支払うものですが、ハイクラス、スピード仕上がりなどを選択すると同じ衣類であっても価格が上がります。また、東京23区限定ではあるもののクリーニング定期配送というお得なサービスも提供。月額5400円ほどかかるもの、毎月クリーニングチケットが30枚付与されたり、日用品や食料品が10%オフになるといった特典を受けられます。しかもチケットは翌月末まで繰り越しできるうえ、商品購入に使える180円分のクーポンと交換することも。クリーニングも含め生活に必要なものをココデカウでそろえるといいかもしれません。

デリウォッシュ

デリウォッシュは入会金や年会費といった面倒な制度を一切排除したシンプルな宅配クリーニング。システムとしては専用のバッグが用意されているので、そこにクリーニングしてほしい衣類を詰めて集配にきてもらいます。ただ1回目の利用に関しては専用のバッグがないため自分で段ボールや紙袋を用意しなくてはなりません。価格は専用バッグに詰め放題で2280円(税抜)と非常に安価。しかも送料込みの価格です。また、単品メニューとして羽毛布団や毛布、タオルケット、シーツなどのクリーニングも用意。ただこれらの単品メニューについては別途往復送料864円が必要になってしまうようです。さらに柔軟剤ダウニー、高温洗い、漂白など多彩なオプションメニューが用意されています。

クリーニングみかさ

クリーニングみかさは他では洗えない特殊なものをクリーニングしてくれる業者。たとえば、ぬいぐるみ、こいのぼり、着物、学ラン、ウェディングドレス、巫女服、日傘、忍者服などなど。他では絶対に断られそうな衣類や商品も丁寧にクリーニングしてくれます。ただすべてが大丈夫なわけではないので事前に相談しておくといいでしょう。また、ダンスドレスや燕尾服のクリーニングにこだわるのもクリーニングみかさの特徴。電話のやりとりでカルテを作成したのち、石かけや羽の破損などを修復し完全リニューアルしてくれるのです。料金こそ高くなりがちなものの、クリーニング出来ないと思っていたものが出来るかもしれないのは嬉しいところですね。もちろん、普通のスーツなどの衣類もクリーニングしてくれますよ。

クリーニングラボ

クリーニングラボは本物志向の宅配クリーニング。ホームページを見てみると分かるように一般的な宅配クリーニングとは一線を画しており、その雰囲気は海外のセレブご用達といった感じです。実際に料金は宅配クリーニングの中では高めになっています。ただ3点まで衣類を入れて送れるランドレスパックなら6800円、それでいて送料は無料です。しみ抜きにはステインソリューションなどを利用し、皮脂や食べこぼしなどの汚れをプレケア。そして素材とコンディションに合わせた洗剤をチョイスし、繊維を傷つけないよう丁寧にクリーニングをしてくれます。安価な宅配クリーニングに任せて失敗した経験のある方などは、一度利用してみるのもいいかもしれません。

ベルメゾン

ベルメゾンはお察しの通り、通販で有名なベルメゾンの運営する宅配クリーニング。多くの業者と同じように専用の大型バッグに衣類を入れて送るだけでプロがそれぞれの衣服にあったクリーニングを施してくれます。コースは通常便がMコース(7着まで)Lコース(12着まで)。長期保管がSコース(10着まで)Mコース(15着まで)Lコース(20着まで)となっており、コース容量が大きくなるほどに1枚あたりの価格が下がる仕組みです。長期保管サービスはその名の通り、最大で9か月ほど保管してくれるサービスなので衣替えの季節などにぴったり。家のクローゼットがすっきりした状態で日々を過ごすことができます。送料については各コースの金額に含まれているので心配ありません。しっかり無料ですよ。

クレスクリーニング

クレスクリーニングは宅配でも高品質を追い求めて生まれたサービス。料金コースは10点タタミパックなど決められた衣類を詰めて一定金額というものを採用しています。ドライクリーニングでは「帯電防止加工」「柔軟加工」「シワ予防加工」「毛玉防止加工」「抗菌加工」といった5つの加工を無料で実施。さらに到着の納期を延ばすことで部屋のクローゼットをスッキリさせることができます。衣類を預かる保管室についてはオゾン発生器と防犯カメラシステムが導入されているの安心。オゾン発生器が導入されていることで悪臭成分が分解されたり、害虫予防ができたりといったメリットを受けることができるのです。楽天市場2000人以上のレビューのうち95%が星4つ以上の高評価をつけているのも魅力的です。

イセヅドライ

イセヅドライは創業から50年以上経過する老舗のクリーニング店で、最近は宅配クリーニングサービスも行っています。宅配クリーニングは5点まで詰め放題、10点まで詰め放題のコースが用意されていて、さらに保管日数を最大で180日まで選択することが可能。保管料は無料なので用途に合わせてコースを選ぶといいでしょう。5点コースだと送料がかかってしまいますが、10点コースなら地域限定で送料無料です。そんなイセヅドライのこだわりはドライクリーニング全品抗菌加工。臭いや変色の原因となる雑菌の繁殖を抑えることができます。さらにワイシャツは全品クリン加工付き。銀イオン洗浄とドライ洗いのダブル洗浄によって頑固な皮脂汚れなどを落としてくれるのです。

ラクーンデリバリー

ラクーンデリバリーは可愛い狸のマスコットキャラクターが印象的な宅配クリーニング。ワイシャツなど衣類ごとに料金が設定されていて、そこにデラックスコース、プレミアムコース、クイックコースなどのオプションをつけることで料金が高くなっていく仕組みです。デラックスコースは通常の2倍、プレミアムコースは通常の3倍になります。送料については1000円以上で無料なので特に問題ないでしょう。1000円に満たない場合には500円の送料が発生するようです。ちなみにラクーンデリバリーは珍しくメールや専用フォームではなく電話で集荷をお願いするシステム。出来上がった際も電話でお知らせしてくれるようです。対応エリアについては公式ホームページに郵便番号を入力することで確認できますので、まずはそちらを試してみてください。

ママクリーニング小野寺よ

ママクリーニング小野寺よは山形県で多くのクリーニング店を展開しており、現在ではネットの宅配クリーニングにも着手しています。受け付けてくれるのはシャツやジャケットなどの一般衣類や布団など。ネットを通じて注文することで専用の宅配セットが届くので、それにクリーニングしてほしい衣類を詰めて送ります。料金コースはパックになっているのでお得。よくある10点まで詰め放題といったパックの他、詰め込み三昧というパックまで提供中です。ただ、ネクタイやハンカチといった小さめのものについては合わせて5枚までという制限があるので気を付けてください。布団については2枚コースになっていて、東北関東甲信越なら送料無料でお願いすることができます。

minikura

minikuraは専用ボックスを使って自分の倉庫を持てるサービスですが、実は宅配クリーニングも提供しています。その名も「minikuraクリーニングパック」です。専用バックを使って10点まで衣類を送ることができ、送った衣類は最大で6か月保管してもらえます。7か月目以降も月に500円支払うことで延長できるようです。バックで送った衣類はまずクリーニングされ、それから保管。1点ずつ撮影した写真をウェブ上から確認できるため、何を預けたか忘れることもありません。保管については湿度や室温を常にコントロールし、カビの発生しにくい環境の部屋を利用。預けた品は専用ページからヤフオクに出品することもできるようです。他とは違った保管サービス。気になる方は利用してみるのもいいでしょう。

© 2017 タククリ All Rights Reserved.