洗濯表表示の「F」や「P」のマークの意味は?家で洗える?

洗濯物

洗濯表示をしっかりと覚えることは、洗濯をする上で重要です。洗濯表示は、変わることもありますので、定期的に確認しておかなければ、間違った意味を覚えてしまうかもしれません。

洗濯表示の中には、FやPといった洗濯表示もありますが、今回はこちらのFやPという洗濯表示について確認していきます。FやPの意味を知って、しっかりと洗濯をできるような状況を目指してみるとよいでしょう。

洗濯表示のFやPとは

洗濯表示のFやPは、クリーニングに関係した表示になっています。そのため、一般的な家庭の洗濯においては、それほど関係がない表示だといえるでしょう。

クリーニング店を利用する際に覚えておきたい表示になりますので、クリーニングを利用する際に思い出すとよいです。クリーニング店は、洗濯のプロだといえますので、クリーニングの際には、これらの表示をしっかりと確認してくれます。そのため、素人がそれほど注意する洗濯表示ではないことがわかるでしょう。

FやPの洗濯表示というのは、クリーニング店が使う溶剤の種類に関するものになっています。また、FやPの洗濯表示は、自宅で洗濯できるかどうかというマークではありませんので、自宅で洗濯して良いかどうかを調べる際には、それほど参考にはならないといえるでしょう。

自宅で洗濯できないというマークについては、水洗い不可マークが記載されていますので、これらのマークがついている場合は、洗濯はあきらめる必要があります。その場合には、クリーニング店に依頼することになりますので、覚えておくとよいでしょう。

FやPを洗う際の洗剤について

FやPは、クリーニング店がクリーニングをする際の溶液の種類についてのマークになっていますが、自宅で利用する洗剤にも何か関係があるのではないかと、思ってしまうことがあるかもしれません。

しかし、自宅で洗濯する場合の洗剤には、それほど関係のないマークになっていますので、このマークがついていたからといって、洗剤の種類を変えるという必要はありません。それよりも、その他の洗濯表示の方が重要になってきますので、その他の部分で洗剤の指定がされていないかを確認するとよいでしょう。

また、FやPマークの下にアンダーラインが引いてあるものについては、デリケートな衣類につけられることが多いので、それは覚えておくとよいでしょう。デリケートな衣類であるということを把握しておけば、自宅での洗濯の際にも注意することができるのではないでしょうか。

FやPのついた洗濯物を洗う方法

FやPのマークがついているからといって、自宅での洗濯にはあまり関係ありません。そのため、これらのマークがついている洗濯物を自宅で洗う時の方法についても確認しておくとよいでしょう。基本的には、それほど普通の洗濯物と変わりませんので、特段難しいということはありません。

洗剤についても、オシャレ着用の洗剤を用意しておけば、特に問題はないといえるでしょう。また、柔軟剤についても普通に使えることが多いので、柔軟剤についても用意しておきたいところです。

さらに、洗濯ネットがあれば、それだけ優しく洗濯物を洗えることになりますので、こちらも覚えておきたいところです。洗濯ネットがあれば、万が一デリケートな衣類であった場合でも、ダメージを最小限に抑えられる可能性がありますので、保険にもなるといえるでしょう。

また、FやPマークのついている洗濯物を選ぶ際に注意しておきたいのが、表示の下にアンダーラインがついているものです。表示の下にアンダーラインがついている場合には、デリケートな衣類であることも珍しくはないので、手洗いコースなどを利用するなど、より優しい洗い方が必要になってくることを覚えておくとよいでしょう。

このようなポイントを確認した上で、洗剤や柔軟剤を利用して普通に洗濯をします。乾燥の際も、普通に干すだけで問題ありませんので、それほど気にする必要はありません。

アンダーラインがついている場合には、手洗いという選択肢もありますが、手洗いする場合には、中性洗剤を利用します。そして、基本的にはダメージの少ない押し洗いを優しくすることになります。

ある程度頑固な汚れがある場合には浸け置きをプラスすることによって、汚れを落とせる可能性が高くなります。しかし、どうしてもデリケートな衣類になりますので、浸け置きする時間については、しっかりと考える必要があるのではないでしょうか。

すすぎについては、泡がなくなるまで、何度か繰り返すことになります。また、柔軟剤はすすぎが終わった後に利用することになりますので、覚えておくとよいでしょう。水を張った洗面器に柔軟剤を咥えて、服をくぐらせるというイメージで柔軟剤を利用していきます。

そして、脱水については、脱水機を使っても問題ありません。デリケートな衣類になりますので、脱水する時間については十分に注意する必要があります。洗濯ネットを利用して、30秒程度の脱水で十分なので、あまり長く脱水をしないようにしましょう。

乾燥については、陰干しになってきますので、直射日光を避けつつ、乾燥させていくようにしましょう。また、陰干しする際には、事前に形を整えることによって、形が崩れてしまわないように注意してください。

水洗い不可ならクリーニング

FやPがついていても、水洗いが可能ならば、自宅でもクリーニングすることができます。しかし、水洗い不可の場合には、クリーニングに依頼するしかありませんので、大人しくクリーニングを利用しましょう。無理に洗濯をしてしまうと、衣類にダメージが残ってしまう可能性がありますので、十分に注意が必要です。

このようなものがFやPの洗濯表示がついている洗濯物の洗い方になっていますので、それほど気にする必要がないことがわかったのではないでしょうか。

FやPのマークがついていると、ついつい自宅で洗うとまずいのかと思ってしまうかもしれませんが、水洗いさえ問題なければ、自宅で普通に洗濯することができます。しっかりと洗濯するためにも、洗濯マークのFやPの存在を頭の中に入れておくとよいでしょう。