洗濯物が乾く時間の目安はどれくらい?外や室内、季節によって違う?

洗濯日和

洗濯をするなら乾燥の工程をしっかりとやって終了です。そのため、乾燥についての知識を手に入れることも重要だといえるでしょう。乾燥というのは、同じようで季節や天気などによって違ってきます。

大きいのは、季節によって異なってくる乾燥時間です。乾燥時間が異なると、注意すべきポイントも違ってきますので、注意深く観察してみるとよいでしょう。今回は、季節ごとの乾燥時間について紹介しますので、ぜひ確認してみてください。

季節による乾燥時間について

まず、季節によって乾燥時間にどのくらいの差が出るのかを確認しておきたいところです。洗濯物の乾燥を素早く終えられる季節は、夏になっていて、早い場合だと2時間程度で乾燥してしまいます。日中の時間などを上手く利用して乾燥させることができれば、かなりスピーディーに洗濯を終えられるといえるでしょう。

また、日光のパワーも強くなっていますので、日光による消毒効果も高いといえます。日によって3時間になったりすることもありますが、これでも十分に早いといえるでしょう。

次に、春や秋は過ごしやすい季節ですが、この季節は5時間前後が目安になってきます。5時間程度で乾燥させることができますので、天気を考えながら、早いうちに洗濯をしておけば、十分に乾燥させることができます。

最後に冬なのですが、冬の場合には6時間以上をみておいた方がよいでしょう。また、冬については、地域によって気候が全く異なってきますので、それぞれの地域にあわせた乾燥時間を把握しておく必要があるといえるのではないでしょうか。

部屋干しについて

上で紹介した季節ごとの洗濯物の乾燥時間なのですが、基本的に外で乾かした場合の乾燥時間になっています。そして、部屋干しの場合には、外で乾燥させた場合と全く同じというわけにはいきません。

部屋干しの場合は、外で乾燥させた場合の倍くらいは乾燥に時間を使うといわれていますので、覚えておくとよいでしょう。しかし、この乾燥時間については、外の天候によっても異なってきますので、場合によっては、外で干すよりも、室内で干した方が良い場合もあるでしょう。

外の天候が関係してくるのは、風の状態も関係してきますし、花粉の状態なども関係してくるといえるでしょう。室内で乾燥させた場合には、花粉がついてしまう心配がありませんので、花粉症などが怖いというような方は、室内で乾燥させても問題ないでしょう。

洗濯物が乾く条件について

洗濯物の乾燥について考えるのならば、洗濯物が乾く条件についても確認しておくとよいでしょう。

洗濯物が乾くかどうかについては、いくつかの条件が関係していて、特に大きなものは、気温や湿度、さらには風といわれています。これらの3つの要素が総合的に良い状態にある場合には、洗濯物が乾きやすい状態だといえるでしょう。

また、乾燥時間が短い場合にはメリットがあって、一番大きいのは、菌の発生が少なくなるということです。洗濯物が濡れた状態を長く続けてしまうと、どうしても菌が発生する可能性が高まってしまいます。菌が発生してしまうと衛生的ではありませんし、臭いが発生してしまうこともあります。

臭いが発生してしまっては、せっかく綺麗にしても、意味がなくなってしまいますので、短時間で洗濯物を乾かすというのは重要になってくるといえるでしょう。洗濯物が乾燥するためのそれぞれの要因を確認してみると、温度については、当然、気温が高ければ高いほど乾燥しやすくなってきます。

逆に、温度が低ければ低いほど、乾燥しにくくなるといえるでしょう。そのため、冬に洗濯物を乾燥させる場合には、外に出して乾燥させるよりも、室内で乾燥させた方が早いということがあります。

次に、湿度なのですが、湿度が高ければ高いほど、洗濯物が乾燥しにくくなります。湿度が高いということは、それだけ空気中に水分が多くなってきますので、乾燥しにくくなるのは当然だといえるでしょう。

逆に、空気中に湿気がないということは、それだけ乾燥しやすい状態だといえるでしょう。風については、ある程度、風があった方が、空気の循環が行われますので、その分だけ乾燥しやすくなります。洗濯物が乾燥しておく過程においては、その周りの空気が湿るという状況になっていきますので、その空気を入れ替えしてくれる風の存在は重要になってきます。

このようなものが洗濯物を乾かすために重要な要素になっていきますので、これらの3つの要素の状態を確認すた上で、対応していくとよいのではないでしょうか。これらの要素を総合的に判断できるようになれば、スピーディーに洗濯物を乾燥させることができるでしょう。

洗濯物の素材について

洗濯物の乾燥時間については、気候によって大きく左右されることがわかりました。しかし、洗濯物が乾く条件はそれだけではありません。

洗濯物が乾く条件の中には、衣類の素材も関係してきます。衣類の素材には、乾きやすいものと、乾きにくいものがあります。

例えば、ポリエステルなどを確認してみると、ポリエステルは、とても乾きが早し素材だといえるでしょう。合成素材というのは、乾燥が早いことで知られていますので、その点も踏まえて洗濯をしてみるとよいでしょう。

逆にウールなどの天然素材については、乾燥が遅いことが多いので、こちらも覚えておくとよいでしょう。また、衣類の厚みによっても、乾燥のしやすさは異なってきますので、こちらも踏まえておきたいところです。

さらに、衣類をまとめて洗ってしまうと、乾燥が遅くなってしまいます。なぜならば、まとめて衣類を洗ってしまうと、干すスペースが限られている場合、それだけ空間がなくなってしまうからです。洗濯物同士の空間が狭くなればなるほど、乾燥が非効率になってしまいますので、こちらも覚えておきたいところです。

このようなものが洗濯物が乾燥するために重要になってくる条件となっていますので、これから洗濯をするなら、これらのポイントを踏まえてみるとよいでしょう。洗濯の乾燥をしっかりとコントロールできるようになれば、それだけ効率的な洗濯が可能になります。そうすれば、時間も効率的に使えるのです。