カーペットや絨毯のカビ取り方法!除菌して予防する方法は?

カーペット 掃除機

カーペットや絨毯にカビが発生してしまと、一大事だと感じてしまうものではないでしょうか。カーペットや絨毯などは、大きいものになりますので、掃除をするのも大変になります。

しかし、状態にもよりますが、カーペットや絨毯にカビが発生してしまっても、スピーディーに除去できる可能性があります。今回は、カーペットや絨毯にカビが発生した場合の対処法について確認していきますので、ぜひ確認してみるとよいでしょう。

カーペットや絨毯のカビについて

カーペットや絨毯のカビの対策をするのならば、まずは、カーペットや絨毯のカビについて把握しておくとよいでしょう。これらのカビについて把握しておくことによって、落としやすくなるはずです。

まず、カーペットや絨毯に発生したカビの原因を確認してみると、それは湿気や汚れが溜まってしまったからだといえます。こういったものが溜まってしまうと、どうしても、カビが発生しやすくなってきます。

そのため、カーペットや絨毯については、日頃のメンテナンスが重要であることもわかるのではないでしょうか。絨毯やカーペットは、空気の流れが悪くなっていますので、一度湿気が溜まってしまうと、どうしても湿気を逃がすことができないのです。

そのため、意識的に湿気を逃がしてあげることによって、カビの発生を防げるでしょう。特に、湿気が多い日が続いたり、湿気が多くなる季節においては、こういったメンテナンスが重要になってくるので、覚えておくとよいでしょう。

また、カーペットや絨毯は、汚れが溜まりやすい場所でもあります。床にあるという時点で汚れが溜まりやすくなっていて、上から下に汚れは落ちていきますので、どうしても汚れの最終的な居場所になってしまうのです。そのため、カーペットや絨毯は、カビにとって栄養分の豊富な場所ともいえるでしょう。

これは、カビだけではなく、ダニなどにも同様のことがいえますので、こちらも覚えておくとよいです。このように、カーペットや絨毯に発生するカビについて考えてみると、非常に発生しやすい環境が整っているということがわかりました。

アルコールでカーペットや絨毯のカビを退治

カーペットや絨毯のカビを退治するためには、アルコールも効果的になっています。カビ退治には、アルコールが効果的で、あまりにも頑固なカビに対しては効果は期待できませんが、軽度のカビ程度ならば、アルコールでも十分に除去できるといえるでしょう。

カビを放置してしまうと、さらに状況が酷くなってしまう可能性がありますので、早い段階でアルコールを利用してカビを掃除したいところではないでしょうか。カビをアルコールで退治する場合には、雑巾などを利用して、それにアルコールを染み込ませます。

アルコールをスプレーした雑巾でカビを拭き取るだけで、簡単に綺麗にすることができます。また、カビを掃除する際には、広げないように掃除することも重要になってきて、周辺から内側に向かって、集めるようにして掃除することも重要になってくるのです。

また、カビの周囲には、見えないカビが存在している可能性がありますので、カビだけではなく、そのカビの周辺についてもしっかりとアルコールを利用するのがポイントになってきます。カビの周囲までしっかりとアルコールで掃除することができれば、周囲を含めて、除菌まですることになります。

アルコールの場合は、専用の洗剤などとは違い、素材に対してダメージを残さないのもおすすめとなっています。絨毯なカーペットの中には、デリケートなものもありますので、アルコールで済むのは嬉しいところではないでしょうか。

重曹を利用して汚れを落とす

カーペットや絨毯のカビにはアルコールが効果的なことがわかりました。しかし、これはすでにカビが発生してしまった場合を指します。できることならば、カビを発生させない状態で対応したいところではないでしょうか。

カビを発生させないためにも、汚れの段階でしっかりと掃除することが重要になってきます。汚れを掃除するためには、重曹がおすすめになっていて、カーペットや絨毯にも重曹は使うことができるのです。

重曹には消臭効果も期待することができますので、汗によって発生してしまった臭いやペットの臭いなどにも対応することができます。また、ケチャップなどの染みについても、同時に対応することができるのが重要になりますので、汚れ落としとしても優秀だといえるでしょう。

重曹を利用して、カーペットや絨毯の掃除をする場合には、掃除機と雑巾を利用します。その方法はとても簡単で、重曹をカーペットや絨毯に振りかけます。全体的に振りかけるのがポイントになってきて、その状態を放置しておきます。

また、重曹を放置しておく時間が長ければ長いほど、消臭効果を発揮してくれますので、覚えておくとよいでしょう。汚れが酷いと感じた場合には、少し時間を置いてみると、より効果を発揮してくれるはずです。

そして、まいた重曹を掃除機で吸い取るだけで掃除は終わりになります。このように、とても簡単に掃除することができるのが重曹を使った方法になりますので、覚えおくと便利です。重曹を使った掃除の場合は、カーペットや絨毯を濡らす必要がないのがポイントになってきますので、とても手早く掃除することができてしまいます。

カビの予防

カーペットや絨毯にはカビが発生してしまう可能性がありますが、それを予防する方法もあります。日頃のちょっとした行動によってカビを防ぐことができるので覚えておくとよいでしょう。まず、簡単なのはカーペットや絨毯をめくって、裏側に風を当てるだけでもカビの発生を防ぐことができます。

こうすることによって、カーペットや絨毯に溜まってしまった湿気を逃がすことができるのです。また、こまめに掃除して、カビやダニの餌を取り除くことも重要になってきますので、こちらも覚えておくとよいでしょう。

このようなものがカーペットや絨毯にカビが発生してしまった場合の掃除方法となっていますので、上手く掃除して清潔な状態を保つようにしましょう。また、予防についてもしっかりと考えたいところです。