ウインドブレーカーの洗濯方法は?自宅での洗い方と注意点

ウォーキングする男性

ウインドブレーカーの洗濯方法について迷っている人もいるのではないでしょうか。ウインドブレーカーは、自宅で簡単に洗濯をすることができますので、洗濯の仕方を把握して、綺麗な状態を保つとよいでしょう。

ウインドブレーカーの洗濯について

ウインドブレーカーを洗濯する場合には、生地に注目したいところなのですが、ウインドブレーカーの生地は、ナイロンで作られていることが多いです。ナイロンというのは、非常に丈夫な素材として有名で、ナイロンを使っている場合には、自宅で洗濯する分には全く問題はありません。

また、デリケートな衣類に比べると、圧倒的に洗濯のしやすい素材だといえますので、まずはナイロンを使っているウインドブレーカーなのかどうかを確認してみるとよいでしょう。基本的に、安価なものはナイロンを使われていることが多く、高価なものになってくるとそれ以外の素材が使われていることもあります。

中には、洗濯にはあまり向かないものもありますので、ナイロン以外の場合は、しっかりと素材を確認することが重要になってきます。素材を確認して、洗濯マークを確認することによって、そのウインドブレーカーが自宅で洗濯することができるかどうかを確認することができるでしょう。

洗濯マークで注目したいのが、水洗いすることができるかどうかです。水洗いOKのマークがついているのならば、普通に自宅で洗濯することができるといえるでしょう。

ウインドブレーカーの洗濯方法

具体的にウインドブレーカーを洗濯する場合について考えてみると、念のため洗濯ネットを用意しておくとよいです。洗濯ネットを利用することによって、ウインドブレーカーを保護しながら洗うことができますので、それだけ素材が長持ちしてくれる可能性があります。

また、ウインドブレーカーのための洗剤は、オシャレ着用洗剤となっていますので、オシャレ着用洗剤を利用してください。ウインドブレーカーを洗濯ネットに入れて、洗濯機に入れます。洗濯ネットに入れる場合には、ファスナーは閉じた状態にして、いくらかたたんで入れるようにしましょう。

また、洗濯コースについてですが、ドライコースなどを洗濯して、優しく洗うようにしましょう。洗剤やコースさえ設定すれば、後は全く普通の洗濯物と同じように洗うことができます。また、ウインドブレーカーの場合は、脱水には注意する必要があります。ウインドブレーカーの洗いが終わったら、すすぎが終わった段階で、洗濯機から取り出すようにしてください。

洗濯機で脱水をしてしまうとダメージになってしまうことがありますので、洗濯機で脱水はせずに乾燥させることになります。十分に脱水ができていない状態なので、お風呂場などに干して、まずは水をある程度、除去するようにしましょう。ある程度、水が除去できたら、今度はベランダに出しても問題ありません。

ウインドブレーカーは、洗濯機の脱水の効果をあまり受けることができません。なぜなら、ウインドブレーカーは、水をあまり吸わないからで、その状態で脱水をしてもあまり意味がないのです。脱水をすることによって、外力が加わりますので、その分だけ素材が傷んでしまう可能性があります。

ナイロンの場合は、かなり丈夫になっていますが、何度も脱水をすることによって、少しずつ傷んでくる可能性もありますので、どうせ意味がないなら、脱水はしない方がよいです。

ウインドブレーカーを手洗いで洗う

ウインドブレーカーの中には、手洗いで洗わなければならないものもあります。ウインドブレーカーの手洗いの方法は、洗濯機を使う場合と同じく、中性洗剤を利用するとよいでしょう。手洗いの場合は、バケツなどを用意して、サッと洗っていくことにあります。バケツがない場合には、シンクなどに水を張るのも問題なく、水の量に応じて洗剤を入れるようにしましょう。

また、ウインドブレーカーを洗う場合には、押し洗いを利用することになります。ウインドブレーカーを手のひらで押すようにして、洗っていきます。この行為を数分続けることによって、ウインドブレーカーに付着した汚れを除去することができるはずです。

また、すすぎも同様に行って、洗剤がしっかりと落ちるまで数回繰り返すとよいです。乾燥については、洗濯機で洗う場合と同様に乾燥させていくとよいでしょう。手洗いの場合は、予想以上に洗剤が落ちにくくなっていますので、すすぎの工程には注意するようにしましょう。ウインドブレーカーを手洗いする場合には注意したい点があります。

それが、しっかりと洗剤を落とすというものです。ウインドブレーカーには、撥水効果がありますので、洗剤が残ることによって、その撥水効果が十分に発揮されなくなってしまう可能性があるのです。これではウインドブレーカーの効果が半減してしまいますので、十分に注意しましょう。

また、中性洗剤を利用するのも、このためで、その他の洗剤を利用してしまうと撥水効果を消してしまう可能性がありますので、必ず中性洗剤を選ぶようにしましょう。さらに、ウインドブレーカーは、柔軟剤も苦手になっていて、柔軟剤を使うと生地が傷んでしまう可能性がありますので、こちらも注意点として把握しておきたいところでしょう。

撥水効果について

ウインドブレーカーは、洗濯を繰り返すことによって、どうしても撥水効果が落ちてしまいます。そんな撥水効果を少しでも回復させる方法が、ドライヤーなどを利用して熱風をあてると、撥水効果がある程度まで回復します。

洗濯をした後には、ウインドブレーカーの撥水効果が一時的に弱まっている可能性がありますので、その時はドライヤーなどを利用してみるとよいでしょう。ドライヤーの熱風は数秒程度で良いので、あまり長時間あてすぎないようにしましょう。

このようなものがウインドブレーカーの洗濯方法になっていますので、これからウインドブレーカーを洗濯したいという人は、このような手順で洗濯をしてみるとよいでしょう。しっかりと手順を守って洗濯をすることによって、より長くウインドブレーカーを使えるようになるはずです。お気に入りのウインドブレーカーなら、長く使いたいと思うのは、当然ではないでしょうか。