ズボンのたたみ方の基本とコツ!しわにならない方法は?

ジーンズ折り畳み

ズボンのたたみ方について知りたいという人もいるのではないでしょうか。ズボンは、たたみ方に失敗してしまうと、シワになってしまうこともありますし、場合によっては、収納が難しいこともあります。そのため、正しいズボンのたたみ方を把握しておくことは重要だといえるのではないでしょうか。

素材でわける

ズボンをたたもうと思っているのならば、素材で分けるのがポイントになってきます。素材をごちゃごちゃにしてしまうと、たたみにくくなってしまいますので、ここは注意したい部分だといえるでしょう。ジーパンなどと、スラックスなどは分けることによって、綺麗にたたむことができるはずです。

たたみ方について

ズボンのたたみ方は分けることが重要になってきますが、ジーパンなどのシワになりにくいものについては、なるべくコンパクトにたたむようにすることが重要です。それほどシワにならないというのは大きなポイントになってきますので、なるべくコンパクトにたたむようにしましょう。まずは、両足の部分が重なるように半分に折ることからはじめます。

そこからなるべくコンパクトになるように折っていきます。どこまでコンパクトにたためるかどうかについては、素材によっても異なってくるでしょう。ジーパンなどについては、3つ折りくらいが丁度よいといえるでしょう。

デリケートな衣類

デリケートな衣類は、たたみ方を間違えてしまうと、シワになってしまうことがあります。そして、このタイプの衣類をシワにしないためには、コツを把握することが重要になってきます。ポイントになってくるのが、折り目にそってしっかりとたたむということで、折り目に逆らうようにして、たたんでしまうとシワになってしまうことがあります。

また、丁寧に折り目にあわせるようにすることによって、シワになりにくくなるでしょう。また、スラックスなどの場合には、重ねることによって、シワになってしまうことがあります。せっかく、折り目にそって丁寧にたたんでも、重ねて収納してしまうことによって、台無しになってしまうことがあるので、十分に注意するようにしましょう。

そのため、スラックスなどを収納する時には、重ねないように注意するか、もしくは上の方に配置するようにしましょう。下の方に配置してしまうと、上の衣類の重みによってシワになってしまうことがあるのです。

よりデリケートな衣類について

デリケートな衣類といっても、色々な種類があります。そんなタイプの衣類については、どんなに気をつけてもシワになってしまうことがあります。このような状態を避けるためには、たたまないという方法もあります。たたまないで収納するためには、ハンガーを上手く利用してかけるとよいでしょう。

ハンガーにかけたまま、クローゼットに収納することによって、綺麗な状態を保つことができます。しかし、ハンガーにかけたままクローゼットに収納するのには限度がありますので、専用のアイテムを利用して、できるだけ多くの収納ができるように工夫してみるのもよいのではないでしょうか。

このようなものがズボンのたたみ方になっていますので、できるだけシワにならないように工夫してみるとよいでしょう。ズボンの素材ごとに収納することによっても、かなりシワを軽減することができますので、積極的にチャレンジしてみてください。また、簡単に収納するためのグッズも存在していますので、それらのアイテムを揃えるのもよいのではないでしょうか。

シワになるのをおそれるあまり、あまり折りたたまないで収納をしていると、今度は収納スペースが少なくなってしまいますので、バランスの良いたたみ方を覚えたいところです。