換気扇の外し方!タイプ別の外す方法や注意点を知っておこう

レンジフード

大掃除などでは、換気扇を外して掃除することもあるのではないでしょうか。大掛かりな掃除になりますが、このような時に、換気扇の外し方がわからないという状況に悩むこともあります。今回は、そんな換気扇の外し方について紹介していきますので、換気扇外しに迷ったことがあるなら、覚えておくとよいでしょう。

換気扇を無理に外してしまうと、故障の原因になったりすることもありますので、しっかりと正しい方法で外すことが重要になってきます。

フィルターについて

換気扇の掃除をするためには、まずフィルターを外す必要があります。レンジフードの中には、換気扇のファンを覆うようにして、フィルターがつけられているものもありますので、これを外すことから始めなければ、換気扇を外すことができません。しかし、フィルターの取ってを持って簡単に着脱することができるようになっていますので、それほど迷うこともないでしょう。

また、中には、ネジで固定されているようなものもありますので、ドライバーを使って、ネジを外す必要があります。

プロペラを外す

換気扇の掃除をするためには、まずプロペラを外す必要があります。プロペラがいきなり回転し始めると非常に危ないので、必ず電源を外してから掃除するようにしましょう。次に、プロペラの周囲にあるカバーを外すのが一般的です。手前に引っ張ることで外すことができますので、軽く手前に引っ張ってみるとよいでしょう。

そして、周囲のカバーを外した後に、プロペラを外すことができます。プロペラの外し方については、説明書などを確認しながら実施することで、簡単に取り外すことができるでしょう。

シロッコファン

換気扇のタイプには、シロッコファンと呼ばれるものもあります。こちらのシロッコファンを外すためにも、まずはフィルターを外す必要があります。中に、整流板が入っていることもありますので、これはネジで外すのが一般的になっています。そして、カバーを外して、ファンのネジを外します。

ファンのネジを緩めると、ファンの着脱が可能になりますので、引っ張るようにして取り出します。また、ファンが固着してなかなか取り外せないこともあるかもしれませんので、その際には、数十分程度ファンを動かしてみるか、ドライヤーなどで加熱することによって、取り外しやすくなります。

また、シロッコファンは、取り外しまでの工程が少し多いので、取り外した部品については、しっかりと確保しておきましょう。換気扇の掃除をして、部品がなくなってしまったということは予想以上に多いので注意が必要です。

換気扇掃除の頻度

換気扇を取り外す際には、掃除をする場合が多いです。そして、そんな換気扇の掃除の頻度なのですが、あまりにも掃除するまでの期間が長くなりすぎると、掃除するのが大変になってしまいます。汚れが頑固になってしまうと、かなり掃除に労力が必要になってしまいますので、十分に注意が必要です。

その家庭によって、汚れる度合は違ってくるといますが、一般的なのは、3ヶ月から6ヶ月程度に一度掃除するのが普通だといわれています。キッチンの換気扇というのは、油汚れがメインになってきますので、放ったままにしておくと、どんどん頑固になってしまいます。

お風呂などの換気扇はそれほど汚れることはないので、もう少し期間は長くても問題ありませんが、キッチンの換気扇については、定期的に掃除をした方がよいでしょう。

掃除には重曹も効果的

キッチンの換気扇を掃除するつもりなら、重曹を利用してみるのもよいかもしれません。重曹ペーストを利用して、掃除に利用すれば、頑固なキッチンのファンの汚れを綺麗にすることができるはずです。また、ファンを取り外して、浸け置き洗いなどをすることもできます。汚れの度合いに応じて重曹ペーストを作り、3mm程度の厚さに重曹ペーストを塗っていきます。

この状態で数十分放置することによって、汚れを綺麗に落とすことができるはずです。重曹のペーストが汚れをどんどん吸収してくれます。また、汚れ頑固な場合は、この掃除を何度かすることによって、綺麗になってくれるはずです。繰り返しすることによって、効果を高めることができますので、重曹ペーストで、キッチンのファンを綺麗にしてみるとよいでしょう。

このようなものが換気扇の掃除をする際の換気扇の外し方になっています。換気扇を外す際に壊してしまったり、怪我をしてしまわないように、しっかりと順序を確認して取り外すようにしましょう。また、定期的に掃除をすることによって、換気扇の取り外しをスムーズにすることができるようになるはずです。

また、換気扇があまりにも汚れている場合には、プロに依頼するという方法もあります。また、中には非常に複雑な換気扇もありますので、そのような場合にも換気扇の掃除はプロのクリーニング屋に任せるのが無難だといえるのではないでしょうか。