酸素系漂白剤の特徴やおすすめの使い方は?色柄物にも使える?

漂白剤

酸素系漂白剤は、普通の洗濯では、落としきれない汚れがでてきた時に役立ってくれる可能性があります。しかし、その使い方を把握しておかなければ、宝の持ち腐れとなってしまうばかりではなく、衣類にダメージを与えてしまうかもしれません。今回は、そんな酸素系漂白剤の正しい使い方について考えてみます。

酸素系漂白剤の用途

酸素系漂白剤の用途を知りたいのならば、まずは酸素系漂白剤が持っている効果について把握するとよいでしょう。酸素系漂白剤は、染み抜きや漂白、さらに除菌や消臭に利用することができます。時に、染み抜きや漂白のおいては、一般的な洗剤よりもかなり高くなっていますので、漂白剤を使うからこその効果ともいえるでしょう。

また、酸素系漂白剤の特徴として、その他の漂白剤と比べると、人体にとって安全であることです。人体への影響を最小限に抑えながら漂白をすることができますので、その分だけ安心して利用することができるでしょう。しかし、衣類によっては、色落ちしてしまう可能性があります。

短時間なら問題ない場合が多いですが、浸け置きなどをする時には十分に注意しましょう。浸け置き洗いであまりにも長い時間を放置してしまうと、色落ちの原因になってしまうことがあります。

塩素系漂白剤について

酸素系漂白剤を知りたいなら、塩素系漂白剤と比較してみるのもよいでしょう。塩素系漂白剤というのは、酸素系漂白剤と比べても、さらに強力なタイプの漂白剤だといえます。カビなどに対しても高い効果を発揮してくれるのが塩素系漂白剤になっていますが、その分だけ扱いには注意する必要があるでしょう。

漂白力が高いということは、衣類の色落ちも酸素系漂白剤より注意する必要があります。また、取り扱う際に、酸性の洗剤などと混ぜてしまうと、有毒ガスが発生してしまうので、このような意味でも取り扱いには注意する必要があるでしょう。また、手で直接触れてしまうと、手荒れの原因になってしまいますので、肌を保護するアイテムについても必要になってきます。

このように、塩素系漂白剤に比べて、酸素系漂白剤は、使いやすいタイプだといえるでしょう。汚れの度合いによっては、酸素系漂白剤で十分ということもありますので、上手く汚れの度合いを見極めることが重要になってきます。しっかりと汚れの度合いを見極めることができれば、塩素系漂白剤を使うのか、酸素系漂白剤を使うのか使い分けられるはずです。