ゴキブリが出てきても大丈夫!しっかりゴキブリを対処する方法とは?!

ゴキブリ対処

この世で一番嫌いなものがゴキブリという人もいるでしょう。なるべくゴキブリに出会わないようにしっかり対策をしている人も多いと思いますが、それでもゴキブリに出会ってしまった場合、どうしたら良いのでしょうか。ここでは、ゴキブリと出会ってしまった時の対処法について紹介したいと思います。

ゴキブリに出会ってしまった場合どうする?

ゴキブリと出会ってしまった時、ビックリする人は多いと思います。しかし、そのままにしておくと見失ってしまってゴキブリを繁殖させてしまうかもしれません。昔からゴキブリ1匹見つけたら30匹は必ずいると言いますしね。そこで、ゴキブリに出会ってしまった時に使えるものとして

・殺虫剤
・ハエたたき(スリッパ)
・掃除機
・洗剤

が挙げられます。

この中でもスプレー式の殺虫剤を常備している人は多いと思いますが、使い勝手が良くて便利ですよね。ゴキブリが出てきやすい場所に置いておくことで、ゴキブリを見つけたらすぐに使用することができます。ただ、殺虫剤に使われている薬剤の成分が気になるという人も多いでしょう。

しかし最近ではゴキブリを凍結させて殺すタイプの殺虫剤が売っており、体への影響が気になるという人にはおすすめですよ。

次にスリッパやハエたたきですが、日用品を用いてゴキブリを撃退する方法になります。潰れたゴキブリが気になるという人もいるかもしれませんが、殺虫剤が近くにない人なんかはおすすめです。手加減すると逃げられるので思いっきりたたきましょう。とっても原始的な方法ですが確実に対処することができます。

そして、掃除機ですが掃除機で吸ったところでゴキブリが死ぬというわけではありません。ただし、掃除機で吸った時にいちじてきに気絶させることができるので、ゴキブリを掃除機で吸った後にビニール袋にゴミを移し、その中に殺虫剤を振って撃退するようにして下さい。

最後に紹介するのは洗剤や液体せっけんです。ゴキブリのお腹に向けてかけることで窒息死させることができます。ただし、弱るまでに時間がかかります。また、キッチンにいる場合は熱湯をかけても良いです。

ゴキブリを見失ってしまった場合どうする?

ゴキブリを見つけたのに見失ってしまうことってありますよね。もし、キッチンやリビング、寝室などで逃げてしまった場合は、そこに向かって殺虫剤をかけておきましょう。もし、その時逃したとしても殺虫剤の薬剤が残った状態になるのでゴキブリが家の外に逃げていく可能性が高くなります。ただし、凍結式の殺虫剤は効果がないです。

また、クロゴキブリにおいては家の中で巣作りをすることはまれです。一時的に家の中に侵入し、エサを探して出ていくことが多いのでエサになりそうなものはゴミ袋にまとめてしっかり縛って蓋つきのごみ箱に入れておきましょう。

お風呂やトイレで見かけた場合は、一度扉を閉めた後に少しだけ扉を開けて殺虫剤をかけて密封することで薬剤が蔓延し、ゴキブリに逃げられず撃退することができます。

ゴキブリの死骸はどうする?

実はゴキブリの雌は死ぬ間際に卵を産むことがあり、これを見逃してしまうと1か月以内に20~30匹のゴキブリを発生させてしまうことになります。そこで、ゴキブリが死んだ後はその周辺を必ずチェックして下さい。

また、ゴキブリの卵はとっても固く、燻煙剤などで除去しようとしても卵は死にません。そこで、卵は必ず取りこぼすことなく捨てる必要があります。ゴキブリのお尻の方に卵が付いているのでゴミ袋に入れた後、しっかり口を縛って捨てるようにしましょう。また、卵だけでなく、ゴキブリの糞もエサになるのでしっかり除去しておきましょう。

ゴキブリの卵を見つけたらどうする?

ゴキブリの卵は卵鞘(らんしょう)と呼ばれるカプセルみたいなものの中に10個以上入っています。卵を産む場所としては温かくて暗くて湿度のある所でエサが豊富にあるところです。今、挙げた条件の場所を徹底的に掃除しておくと良いでしょう。

ゴキブリは危険を察知すると卵を切り離して逃げる習性があるので、ゴキブリを退治した後に卵を産み付けていることがあるかもしれません。ですので、ゴキブリを撃退した後は卵がないかどうか必ずチェックするようにして下さい。

また、卵にも効果がある毒エサを使用することでゴキブリを撃退する方法があります。フィプロニルを有効成分とするタイプの毒エサはゴキブリだけでなく卵も死滅させることができるので覚えておくと良いでしょう。

この毒エサを卵を持っている成虫に食べさせることが大事になってくるのですが、他のエサに食いつかないようにするためにしっかり掃除をして、毒エサのみを食べるようにして下さい。

ゴキブリの対処法を知ればもう安心!見つけた時はビビらず対処しよう!

以上、ゴキブリの対処法について紹介してきました。もしもの時は今日、紹介した対処法を是非試してみて下さい。ただ、一番いいのはゴキブリが寄り付かないように予防することです。エサになるようなものはしっかり密封し、ゴキブリが好む環境を作らないように徹底的に掃除しましょう。