翌日にできる?クリーニングの仕上がり日数の目安や最短期間

カレンダー

ネットを見ていると、クリーニングをお願いして仕上がるまでの日数ってどの程度なのか、という質問が非常に多いようです。そこで今回はクリーニングの仕上がり日数の目安や最短期間についてまとめてみました。翌日に仕上がるかなどの疑問を持った方はぜひ参考にしてみてください。

クリーニングの仕上がり日数の目安

クリーニングの仕上がりと言っても、実は店舗ごとに大きく違ったりします。たとえば、ある店舗は衣類を預けた後、一週間ほどしてもクリーニングが終わらないんだとか。とはいえ、これは少し極端な例ですね。一般的なクリーニング屋であれば3日前後でおおよそ仕上がると思われます。

ただ、衣類の種類によっては日数が長くなることもありえます。このあたりも店舗次第な部分があるので、詳しくは近場の店舗に尋ねてみるのが一番でしょう。そのため、翌日に仕上がるかについてはクリーニング屋次第かと。1日でクリーニングを終えてくれる店舗もあるので、あまりにも仕上がりが遅いようなら他に乗り換えるのもありですね。

また、その場でクリーニングを行っているお店と、取次だけをしているお店では当然ながら速度が変わってきますね。やはり取次だけのお店は仕上がりが遅かったりもします。

汚れ具合でも日数は変わる

先ほどクリーニングの仕上がりは3日前後が目安と言いましたが、衣類の汚れ具合によっては日数が長くなることもある点には注意しておいてください。

たとえば、カビが生えていたり、埃やシミなどの汚れが酷いと最洗いやシミ抜きなどが必要になることもあります。カビなどの汚れを落とすには時間をかけて丁寧にクリーニングする必要がありますからね。場合によっては1週間前後かかることもあるでしょう。クリーニングの仕上がりの日数が早いということは、それだけクリーニングにかけられる時間が短いことになります。

つまり、汚れがひどい衣類を本当に綺麗にしてもらうにはどうしたって時間がかかるもの。いくら仕上がりの日数が早くとも汚れが付着したままの衣類を渡されてはショックですよね。ですので、パッと見で汚れが多いスーツなどは時間がかかると思っておいてください。

最短期間は即日

クリーニングの仕上がりの目安は3日前後でも、実は最短期間は即日だったりします。要はクリーニングに出した日に、洗濯された衣類が返ってくるわけですね。店舗にもよりますが即日仕上げ対応などをウリにしているところなら、既定の時間までにお願いすれば夕方ごろには仕上げてくれます。

既定の時間については朝の10時や11時だったり、午後の1時だったり、お店によってバラバラですね。よく使うクリーニング屋については即日仕上げに対応しているか、対応しているなら何時までに持ち込めばいいのかをチェックしておくといいでしょう。

とはいえ、すべての衣類が即日に仕上がるとは限りません。おそらく店舗によって即日仕上げの対象となる衣類は変わってくるでしょう。ワイシャツやスーツなどは即日に仕上げてくれることも多いようですね。急な結婚式や大切な会議の前などに役立つのではないでしょうか。

意見をすることで仕上がりが早くなることも?

これはレアケースかもしれませんがクリーニングに出す際に急いでいる旨を伝えることで仕上がりが早くなることもあります。特によく使っているクリーニング屋だと対応してくれたりもしますね。聞いてみれば意外と融通がきいたりするものなのです。クリーニングをお願いする際に、自分の思っていた日数よりも大幅にかかるようなら店員さんに聞いてみてください。ただし、無理を言ってお店の方を困らせてはいけませんよ。それはもうクレーマーでしかありませんからね。