ワイシャツのたたみ方ってどうしてる?基本のたたみ方からシワにならないたたみ方まで

ワイシャツ たたみ方

ワイシャツってキレイにたたむのがなかなか難しいですよね。いざ着ようと思って、収納ケースから出してみたらシワになってしまっていてすぐに着ることができなかった…という経験がある人もいるでしょう。

そこで、ここではワイシャツの基本的なたたみ方はもちろん、ワイシャツをキレイにたたむ方法までしっかりレクチャーしていきたいと思います。是非、普段ワイシャツを着る機会が多いという人は参考にして下さいね。

ワイシャツの基本的なたたみ方

ワイシャツの収納方法として一番理想的な収納の仕方はハンガーにつるしてクローゼットに片づける方法です。しかし、収納スペースの関係上、全てのワイシャツをハンガーでつるして片付けるのが難しいという人もいるでしょう。そこで、ここでは基本的なワイシャツのたたみ方について紹介していきたいと思います。

ワイシャツのたたみ方

①全てのワイシャツのボタンを留めて裏返しにしましょう。どうしても全て野ボタンを留めるのが面倒くさい人は第1ボタンと第3ボタンだけは留めるようにして下さい。

②肩幅の中ほどで折り返し、付け根からワイシャツの中心軸と平行になるように袖を折り曲げましょう。この時、袖がワイシャツのサイドから飛び出てこないようにして下さいね。

③反対側も同じようにします。

④両サイドのラインが中心軸と平行であるかどうか確認し、歪んでいるようならもう一度最初からやり直してください。

⑤裾部分を両袖口と一緒に折り返し、さらに二つ折りにして下さい。全体を二つ折りにする時はバランスを確認して下さいね。

⑥余った裾はたたんだ両肩の中に巻き込むようにしましょう。そうすることで崩れにくくなるし、見た目もキレイです。ただし、無理やり押し込むとシワになってしまうのでキレイに入れ込みましょう。

⑦裾が肩からはみ出さないようにし、シャツを表に返したら完成です。

以上が、ワイシャツの基本的なたたみ方になります。しかし、もっとキレイにたたみたい!と思っている人もいるでしょう。そこで、キレイなワイシャツのたたみ方について次のところで紹介していきたいと思います。

キレイなワイシャツのたたみ方

キレイなワイシャツのたたみ方

①まずは台紙を用意して下さい。収納スペースより少し小さめに厚紙を切り抜きましょう。もし、A4サイズで収納ができるのであればA4サイズの下敷きやクリアファイルを使ってもOKです。できれば、ワイシャツを購入した時についてくる厚紙を取っておくと良いです。

②次に全て野ボタンを留めて、ワイシャツを裏返しにした後台紙を背中の部分の襟下に置くようにしましょう。

③袖の中心部を折り曲げたら、袖口を上方部分に折り返して下さい。

④袖口を上方部分に折る時はシャツの中心軸と平行になるように台紙に合わせて肩の中ほどで折り返すようにして下さい。

⑤反対側も同じようにしましょう。

⑥左右の折り目のラインが均等でないとキレイに仕上がらないので、同じじゃない場合はやり直しましょう。

⑦台紙に合わせて二つ折りにしたら、台紙を抜き取り、余った裾を両肩の中に巻き込みます。

⑧裾が肩からはみ出さないようにし、シャツを表に返したら完成です。

この方法だとワイシャツをたたんだ時、全てのワイシャツが同じ大きさに仕上がります。見た目もキレイだし、収納もしやすいので是非、キレイにたたみたいという人は試してみて下さい。

ワイシャツを収納する時の注意点

ワイシャツを収納する時に気を付けなくてはならないことは

・シワにならないようにすること
・襟がつぶれないようにすること

です。どうしても同じ方向に収納してしまうと、襟側だけどんどん高くなってしまい、バランスが悪くなってしまうので交互になるように積んで、平らになるようにキープしましょう。

ワイシャツをスーツケースに収納する時は?

スーツケースにワイシャツを収納する時、そのまま入れてしまうと確実に襟元がつぶれてしまい、シワになってしまいます。そこで、A4のワイドケースを使うと便利です。たたんだ後のキレイな状態で収納できるし、重い荷物が上に乗っても潰れる心配がありません。

出張が多い人で、ワイシャツの収納に苦労している人は是非試してみて下さい。

【まとめ】ワイシャツをキレイにたたんで収納しよう!

以上、ワイシャツの基本的なたたみ方や収納する時の注意点について解説してきました。今までワイシャツをたたむのに苦労していた人もこれさえ覚えてしまえば、バッチリですよね。是非、参考にして下さい。