スーツのクリーニング料金の相場は?タイプ別の値段と違いの理由

考える女性

スーツのクリーニングは1回2回ならそう負担にならないものの、5回も10回もお願いするとけっこうな値段に。スーツのクリーニングだけで年間に数万円の出費をしている方も少なくないでしょう。そこで今回はスーツのクリーニング料金の相場についてまとめてみました。今まで自分の使っているクリーニング以外の値段を知らなかった方は、これを参考にクリーニング店を見直してみてください。

タイプ別のスーツのクリーニング料金

スーツのクリーニング料金は上下で1000円前後と言われますが、これはかなりアバウトな数字。正直な話、クリーニングのタイプによって値段が変わってくるため1000円前後という数字は当てにならないこともあります。ですので、まずはタイプ別の相場を見ていきましょう。

チェーン店のクリーニングの相場

全国展開するようなチェーン店でスーツをクリーニングすると800~1500円程度かかるようですね。おそらく個人経営などよりは安めに設定されています。ただ、セール時やオプション料金が発生する場合はこの限りではありません。

たとえば、シミ抜きなどのオプションが発生すれば上下で2000円を超えてしまう可能性もあるでしょう。逆にセール時なら600円程度まで下がることもありますね。チェーン店によっては頻繁にセールを行っているようなので、それを狙ってみるのもありだと思います。チェーン店の料金が比較的安価なのはマニュアル化や自動化などが理由ですね。このあたりは後で詳しく説明しましょう。

個人クリーニングの相場

チェーン店とは違い、個人で全てを行うクリーニング屋は料金が割高なことが多く、おおむね2000~数万円程度と言われています。とはいえ、数万円になることは滅多にありませんね。よほどの高級クリーニングかオプションをがんがんつけた場合くらいでしょう。おそらく、3000円程度には収まると考えてよさそうです。

自動化が進むチェーン店と比べると値段は高めなものの、品質では勝っていることも珍しくありません。クリーニング屋によってはスーツごとのカルテまで作成してくれるそうですからね。大切なスーツは個人クリーニングに預けるのもいいでしょう。

宅配クリーニングの相場

宅配クリーニングとはネットと運送業者を介して衣類のクリーニングを行うサービスのこと。簡単に言ってしまえば店舗まで衣類を運ぶ手間を除いたサービスのことです。ネットや宅配業者を介することから料金が高めと思われがちですが、実はスーツ上下で1000円程度と割安。

もちろん、非常に多くの業者があるので値段はまちまちですが、最近はリアル店舗とそう変わらない値段でスーツをクリーニングしてくれることも多いです。むしろ上手く利用すれば宅配クリーニングの方が安かったりしますね。ただ、業者によっては送料が必要になってくるため、チェーン店より高くなってしまうことも。送料が気になる方は条件付きで送料無料になる業者などを選ぶといいでしょう。

値段の違いの理由

さて、スーツのクリーニングはタイプによって値段が少しずつ変わってくるわけですが、この違いの理由は一体なんなのでしょうか。これは言ってしまえば手間ですね。個人クリーニングでは職人が手作業でアイロンをかけたり、しみ抜きを行ったり。1着にかける時間が長くなってしまいます。そのため、料金はチェーン店などと比べて高めなのです。

対してチェーン店はプレス機の使用や完全マニュアル化など、いろいろな部分を自動化していることが多く、基本は効率的にクリーニングを行っています。同じパーツを延々と作っている工場のラインに近い感覚でしょうか。要は1着にかける時間が個人のものと比較にならないくらい短かったりするのです。

では、クオリティ的には個人の方がいいのかと言われれば微妙なところ。最近は機械の精度も良くなっていますし、確実に手作業の方がよいともいえないでしょう。チェーン店の方がコスパがよい可能性も十分にあります。宅配クリーニングは手作業でクリーニングしてくれる業者から、工場で行う業者までまちまちのようですね。ホームページにクリーニングの方法が書かれていたりするのでチェックしてみてください。

地域で値段の差がある

スーツのクリーニング料金は全国統一なわけではなく、同じチェーン店でも地域によって差が出たりするようです。これは家賃や競争相手などの問題があるので仕方ないですね。カラオケだってライバル店の多い駅前では安くなる一方、ライバル店の少ない道路沿いなどでは高くなるものです。

もし、住んでいる地域のクリーニング料金が相場よりも高いと思えば宅配クリーニングを利用するといいかもしれません。業者によってはエリアが限定されますが、多くの宅配クリーニングは全国対応。そのため、価格競争の激しい地域と同じくらいの値段で利用できたりします。

深夜でも衣類を発送できたり、宅配ボックスがあれば受け取りの手間さえなかったり、メリットもいろいろと多いですからね。特に忙しくてスーツをクリーニングするタイミングなかなか無いサラリーマンの方にはいいと思います。

結局どのタイプがいいの?

ちょっと多めに料金を支払って個人クリーニングにするか、出費を避けるためにチェーン店を利用するか、利便性を考慮して宅配クリーニングにするか。これについては個人の自由だと思いますよ。個人クリーニングにお願いしてもクオリティに満足できなければ、もっと高級なクリーニングに出す手もありますし。要は値段とクオリティの妥協点を探すことが大切でしょう。

夏場に外回りの多い方なんかはクリーニングの頻度も多いはずです。そうなると、値段の安いチェーン店の方がよかったりもしますね。逆に今後を左右する場面で使うようなスーツは少し高級なクリーニング店に出してもいいでしょう。また、値段が高いから良い、安いから悪いと言い切れない点にも注目。いろいろな業者を使ってみれば、安くてクオリティの高いクリーニングも見つかるかもしれません。

たかがスーツ、されどスーツ。スーツの印象ひとつで仕事の成功失敗が変わることだってありえます。ぜひ今回の記事を踏まえて自分の納得できるクリーニング業者を見つけてみてください。