調味料を収納するコツとは?キレイに収納して家事を楽しくしちゃおう♪

調味料収納

お料理をしている時に「あれ?かつお節ってどこに閉まっていたっけ?」なんていう経験がある人はいませんか。料理が好きでたくさん調味料があるのは良いけど、どこに何があるか把握できてなくて気が付いたら同じ物をいっぱい買っていた…ということもあるかもしれません。

そこで、ここでは料理が楽しくなる調味料を収納するコツについて解説していきたいと思います。是非、キッチンが物で溢れ返っているという人は参考にして下さいね。

調味料は調味料ケースに移し替えよう

調味料って瓶の大きさもバラバラだし、袋に入っているタイプのものはいちいち取り出すのが面倒くさかったりもしますよね。そこで、まずは砂糖や塩などの粉物の調味料は一度に全て移し替えてしまいましょう。

例えば1㎏単位で売っている砂糖や塩、小麦粉などは同じサイズの容器にすべて移すようにして下さい。また、かつお節や青のり、ゴマといった容量が少ないものも100均で売っている調味料ケースに移し替えて下さい。そうすることで見た目に統一感も出てくるし、いちいち輪ゴムで閉じる必要がないので出し入れもしやすいです。

また、何がどの調味料か分かりやすくするためにラベルを必ず貼るようにして下さい。そのラベルですが、例えば引き出しに全て収納する場合は蓋の部分に貼っておけば、分かりやすいですよね。また、並べて収納する場合は、見えやすい部分にラベルを貼るようにして下さい。同じ容器を使う場合でも、置く場所によって見やすい位置にラベルは貼りましょう。

調味料ラックを使って収納しよう

調味料ラックは見せる収納になります。ラックに収納する調味料の容器はデザインを統一するようにしましょう。調味料ラックを購入するのも良いですが調味料ラックは意外と簡単にDIYすることができます。しかも100円ショップで売っている木材を使って作ることもできるので費用も抑えることができますよ。

また、収納する調味料ケースのサイズに合わせてピッタリとラックを作ることもできるので見た目にも美しくなります。

壁に調味料を収納しよう

見せる収納をしたいという人は壁に調味料を収納できる棚を取り付けると良いです。しかし、賃貸の場合は壁に釘を打つことができないですよね。そんな時に便利なのがディアウォール。ディアウォールを使えば、壁を傷つけることなく収納棚を作ることが可能です。

また、DIYなので調味料の大きさに合わせて棚を作ることもできてしまいます。さらに、大きめの収納棚を作ってしまえば、収納力も高くなるし、いろんなものを収納することができますよ。見た目もオシャレだし、デッドスペースを生かして収納できるのって最高ですよね。

引き出しに収納しよう

キッチン回りをスッキリさせたい人におすすめなのが引き出しに調味料を収納してしまうパターンです。キッチンの引き出しに調味料を収納しちえくのですが、引き出しごとに調味料ケースを統一していくと何がどこにあるのか一目瞭然ですよ。

砂糖や小麦粉など容量が多い粉物、醤油やみりんなどの液体、ゴマや胡椒などの粉物、パスタやうどんなどの麺、などなどそれぞれ分類して同じ調味料ケースに保存すると良いです。この時、ラベルを貼って何が入っているかすぐに分かるようにしておくと良いでしょう。

全てホワイトで統一したり、ラベルを英語表記にしてオシャレにしてみたり、自分なりのアイディアで統一感を出して調味料を引き出しに上手く整理していきましょう。

【まとめ】調味料は種類別に分けてキレイに収納しよう!

いかがでしたか。調味料の収納方法についていくつか紹介してきました。この方法を使えば何がどこにあるのか一目瞭然なので、間違えて大量にストックを買ってきてしまう心配もないし、足りないものをすぐに補充することもできますよね。

是非、自分の家のキッチンを見てどの収納方法が自分に合っているか確認して実践してみて下さいね。