ベッド下の収納って便利?収納グッズを選ぶ時のポイントやメリット・デメリットについて紹介!

ベッド下

収納場所って物が多い人にとってはとても困りますよね。そんな時にすごく活用できる場所がベッド下収納。ベッドに備え付けの収納ケースがある場合もあれば、収納ケースを購入してベッド下に入れている人も多いと思います。

ただ、ベッド下収納って本当に便利なの?物を取り出すのが面倒くさくない?って思っている人も多いでしょう。そこで、ベッド下収納のメリットやデメリット、収納グッズを選ぶ時のポイントについて解説していきたいと思います。

ベッド下の収納の通気性ってどうなってるの?

ベッドの下に物が詰まっていると通気性はどうしても悪くなってしまいます。小さい子供と一緒に寝ている人なら分かると思いますが、寝ている時にすごく汗をかいて寝ていますよね。一般的に、人間は寝ている間にコップ1杯の汗をかいていると言われており、その湿気が溜まらないようにするためにベッド下に空間ができています。

そのため、収納グッズを使ってベッド下収納をする場合は除湿しーとを使ったり、通気性の良い構造の収納ケースを使う必要があります。収納グッズの選び方については後程詳しく解説していきたいと思います。

ベッド下収納のメリットとは

ベッド下収納のメリットは、無駄なスペースを有効活用できる点ですよね。しかも、ベッド下って結構広くないですか。そのまま残しておくのはとっても勿体ないですよね。そこでベッド下を使って季節のものを収納したりしておけばクローゼットも片付くのではないでしょうか。

また、ベッド下に使う収納ケースを上手く選べば普段遣いにも最適で必要なものをすぐに見つけやすくなるというメリットもあります。

ベッド下収納のデメリットとは

ベッド下収納のデメリットと言えば、湿気はもちろんですが、ホコリが溜まりやすいですよね。ホコリはそのままにしておくとカビの原因にもなってしまいます。ですので、掃除は必須です。また、跳ね上げ式のベッドの場合、いちいち掛け布団や枕が邪魔になってしまい、使い勝手が悪くなってしまうこともあります。

ベッド下収納グッズの選び方とは

では、これからベッド下収納にチャレンジしようと思っている人のためにベッド下収納を選ぶ時のポイントについて紹介していきたいと思います。

湿気やホコリ対策ができるものを選ぼう

ベッド下は湿気やホコリが溜まりやすいと上記で話しましたよね。そこで、ホコリ対策としてはこまめに掃除をすることが重要になってきますが、移動させるのが面倒くさいものになってしまうと掃除が苦痛になってしまいます。

ですので移動がしやすいものを選ぶと良いです。例えば、布の袋やボックスなんかが良いでしょう。またはクリアケースなどでホコリの侵入を防ぐと良いです。

布団類やシーズン用品には収納袋がおすすめ

ベッド下収納を使って布団や毛布を収納しようと思っている人は必ず通気性の良いものを選ぶようにして下さい。布団や毛布はどうしても湿気を取り込みやすくなっています。カビが発生してしまう原因になってしまうので湿気がこもりにくいものを選ぶようにしましょう。

クリアケースを使って衣類を整理しよう

クリアケースを使えば、いちいち中を開けなくても外から何が入っているかすぐに分かりますよね。季節ものの衣類をしまうのはもちろん、趣味で集めているものや工具などを収納するのにも便利です。

また、ベッド下収納を使って小物類を整理しようと思っている人は仕切り版を使うと良いでしょう。下着やネクタイ、シャツなんかをコンパクトにたたんで収納するだけでどこに何があるか分かりやすくなるし、見た目もキレイです。

たっぷり収納ケース74M 【サイズ:幅39×奥行74×高さ23cm】

たっぷり収納ケース74M 【サイズ:幅39×奥行74×高さ23cm】

1,865円(12/10 07:03時点)
Amazonの情報を掲載しています

重いものを収納する場合は取っ手が付いているものを選ぼう

ベッド下に重いものを収納する場合、取っ手がついている収納ケースを選ぶと便利です。また、持ち運びに便利な上に安全性も高いので布団や毛布などの軽いものを収納する時にも取っ手付きはおすすめです。

その他にもキャスター付きの収納ケースを選んでも良いです。ただし、本や厚みのあるものなど重い物ををキャスター付きの収納ケースに収納してしまうと、フローリングや畳を傷つけてしますので下にじゅうたんを敷くなど対策をしておきましょう。

ベッド下を上手く使ってベッド収納にチャレンジしよう!

以上。ベッド下収納のメリットやデメリット、収納グッズを選ぶ時の注意点について解説してきました。デッドスペースを有効に使いたい、収納場所が無くて困っているという人はベッド下収納がおすすめですよ。

これからベッド下収納を試してみようと思っている人は、是非参考にして下さいね。