洗濯槽クリーナーでおすすめ10選を紹介!定期的にお手入れして洗濯槽をピカピカにしよう!

洗濯槽

洗濯機って、とっても便利ですよね。しかし、洗濯槽が汚れているとせっかく洗った衣類も台無しです。そこで、みなさんは洗濯槽のお手入れをどのようにしていますか?ドラッグストアに行けば、洗濯槽クリーナーがたくさん並んでいてどれを選んだら良いか分からないという人もいるでしょう。

そこで、ここではおすすめの洗濯槽クリーナーはもちろん、洗濯槽クリーナーを選ぶ時のポイントについて解説していきたいと思います。

洗濯槽クリーナーは2種類

洗濯槽クリーナーには塩素系と酸素系の2種類があります。どちらを選ぶかは掃除する頻度によって選ぶと良いですよ。

塩素系洗濯槽クリーナー

洗濯機のお手入れの頻度は個人差があると思いますが、半年に1度のお手入れであれば、塩素系洗濯槽クリーナーをおすすめします。塩素系洗濯槽クリーナーは頻繁に使うと洗濯槽を傷めてしまう可能性もあるので、頻繁に洗濯槽を掃除する時間がないという人にはおすすめですよ。

塩素系洗濯槽クリーナーには次亜塩素酸ナトリウムというものが使われており、強い殺菌力があります。カビ取り剤なんかにも個の成分が使われていて、洗濯槽の目に見えないカビ胞子やばい菌なんかをしっかり除去してくれますよ。ただし、ニオイが少しキツイので塩素のニオイが苦手な人やニオイに敏感な人は避けた方が良いかもしれません。

酸素系洗濯槽クリーナー

一方、1~2カ月置きぐらいに洗濯機のお手入れをするという人におすすめなのが酸素系洗濯槽クリーナーです。塩素系と違って洗濯槽を傷める可能性が低いですよ。パッケージに非塩素系と書かれているのが酸素系洗濯槽クリーナーになりますが、主成分は過炭酸ナトリウムで、水に入れるとシュワシュワするのが特徴です。

その発泡作用でこびりついた汚れを剥いでくれます。ただし、黒カビなどが発生している場合は塩素系洗濯槽クリーナーを使った方が良いでしょう。

洗濯槽クリーナーを選ぶ時のポイントとは

それではポイントを見てみましょう。

自分が使っている洗濯機に使えるかどうかチェック!

洗濯機には二槽式、縦型、ドラム型の3タイプがあります。洗濯槽クリーナーによっては、使える洗濯機のタイプが限られているので使えるかどうかチェックして下さい。また、洗濯槽の材質にはステンレス製やプラスチック製などがあるためその点も要チェックです。

使い切りタイプがおすすめ!

洗濯槽クリーナーは使い切りタイプがおすすめです。なぜなら、一度開封してしまうと湿気を吸って効果が薄れてしまう可能性があるからです。

その他にも貝殻の成分やヤシ油などの石けん成分を使った自然派の洗濯槽クリーナーもあります。環境のことを考えると、自然に優しいものを使いたいですよね。

おすすめの洗濯槽クリーナーを紹介

それでは、おすすめの洗濯槽クリーナーを10選紹介したいと思います。

アリエール 洗たく槽クリーナー

洗濯槽クリーナーの中には浸け置きタイプのものもあり、時間がどうしてもかかってしまうものも多いです。しかし、P&Gから出ているアリエールの洗濯槽クリーナーは浸け置き不要となっているため早く洗濯槽を掃除したい!という人にはおすすめです。

塩素系洗濯槽クリーナーではないので、洗濯槽クリーナーを傷める心配もありませんが、除菌率99.9%と非常に高くカビの発生もしっかり防いでくれます。ファブリーズとの共同開発によってニオイにもこだわっており、しっかり消臭してくれますよ。

パナソニック 洗濯槽クリーナー

パナソニック 洗濯槽クリーナー 【品番】(P)N-W1

パナソニック 洗濯槽クリーナー 【品番】(P)N-W1

1,666円(12/10 07:40時点)
Amazonの情報を掲載しています

洗濯機を使う時にお風呂の残り湯を使う人もいますよね。そういう場合、洗濯槽の中も気になりますがホースも気になったりしませんか。そこでおすすめなのがパナソニックの洗濯槽クリーナー。なんと、ホースの中までしっかり洗浄してくれるので安心ですよ。

パナソニック推奨品ではありますが、どのメーカーも対応しており、プラスチック槽だけでなくステンレス槽にも使えます。初めて洗濯槽クリーナーを使う人にもおすすめですよ。

日立 洗濯槽クリーナー

日立 洗濯槽クリーナー SK-1

日立 洗濯槽クリーナー SK-1

1,580円(12/10 07:40時点)
Amazonの情報を掲載しています

こちらは日立から販売されている洗濯槽クリーナーです。縦型もドラム型もOKで、見えない部分の汚れやカビもしっかり落としてくれます。洗濯槽洗浄コースのある洗濯機であれば、これを入れてボタンを押すだけでOKですが、専用コースがなくても水を溜めて浸け置きすることでしっかり洗浄してくれるので安心です。

エステー 洗浄力 洗たく槽クリーナー

エステーから出ている洗浄力洗濯槽クリーナーは、カビの胞子を99.9%除菌し、新たに発生するカビを抑止してくれます。また、一度汚れを落とした時に浮かんできたカビを再付着するのを防ぐので、とってもキレイな仕上がりになりますよ。

清水産業 洗濯槽快

洗濯槽快 2個+ネット入り

洗濯槽快 2個+ネット入り

748円(12/10 07:40時点)
Amazonの情報を掲載しています

洗濯槽クリーナーをわざわざ使うのが面倒くさいという人におすすめなのが。洗濯槽快です。この洗濯槽快は普段のお洗濯と一緒に洗浄することが可能です。使い方も簡単でパックを洗濯機の中に入れておくだけ。しかも1か月程度繰り返して使うことができるので、お金もかからないんです。

洗濯物を脱臭する効果もあるし、ドラム型タイプのものも売っているのでお使いの洗濯機に合わせて選ぶと良いですよ。また、ホタテの貝殻に含まれる成分で洗浄してくれるので環境にも優しいです。洗濯物の生乾きのニオイも抑え、排水管の悪臭も軽減しますよ。

シャボン玉 洗たく槽クリーナー

無添加せっけんでお馴染みのシャボン玉石けんから出ている洗濯槽クリーナーは、酸素系のクリーナーで塩素を含んでいません。赤ちゃんの衣類も安心して洗濯することができるので、小さいお子さんがいる家庭にはとくにおすすめですよ。

3~4時間浸け置きするタイプとなっており、1回で使い切るタイプとなっています。カビ除去率は99.9%でドラム式には使えません。

日本ガーリック 酸素系漂白剤

日本ガーリックから出ている酸素系漂白剤は、成分が過炭酸ナトリウムのみとなっており、香料や合成界面活性剤などが含まれていません。また、洗濯槽の掃除だけでなく衣類のしみ抜きはもちろん、食器やキッチン用品の浸け置きなんかもできてしまいます。これさえ持っておけば幅広く掃除することができるので、とっても便利ですよ。

カビキラー 洗たく槽クリーナー

カビキラー 洗たく槽クリーナー 550g

カビキラー 洗たく槽クリーナー 550g

276円(12/10 07:40時点)
Amazonの情報を掲載しています

お風呂のカビ取り洗剤でも有名なカビキラーの洗濯槽クリーナー。水に溶けやすい液体タイプとなっており、初回のみ浸け置きする必要がありますが、2回目からは浸け置きしなくてOKです。液体を注いで、標準コースで回すだけ。塩素系洗濯槽クリーナーですが、防サビ剤が使われているのでステンレス槽でも安心して使うことができますよ。

すっきり洗濯槽クリーナー

すっきり洗濯槽クリーナー 500g×2袋入

すっきり洗濯槽クリーナー 500g×2袋入

851円(12/10 07:40時点)
Amazonの情報を掲載しています

エスケーの洗濯槽クリーナーは、環境に優しく手肌も守ってくれます。老舗のメーカーでとっても安心して使えますよ。小さいお子さんがいる家庭や塩素系のニオイが苦手な人におすすめです。また、環境に優しいのに洗浄力も高いんですよ。30~40度のお湯で浸け置きすることで汚れがしっかり浮かび上がってきます。

アラウ洗濯槽クリーナー

arau.(アラウ) 洗濯槽クリーナー 300g×3個セット

arau.(アラウ) 洗濯槽クリーナー 300g×3個セット

1,188円(12/10 07:40時点)
Amazonの情報を掲載しています

テレビCMでお馴染みのアラウシリーズの洗濯槽クリーナーはナチュラル派にとってもおすすめです。1回使い切りタイプでヤシ油とパーム油から精製された植物性の石けん成分が使われており、洗濯槽の汚れをしっかり落としてくれます。スペアミントの精油が使われているのでスッキリした香りになっていますよ。

【まとめ】洗濯槽クリーナーを定期的に使ってしっかり洗濯槽のお手入れをしよう!

以上、洗濯槽クリーナーの選び方やおすすめの洗濯槽クリーナーについて紹介してきました。今まであまり洗濯槽のお手入れに興味がなかったという人もいるとは思いますが、結構洗濯槽って汚れているんですよ。せっかく洗剤や柔軟剤にこだわっていても洗濯槽が汚いままだと仕上がりもカビだらけ…なんてことになってしまうかもしれません。

是非、本日紹介した洗濯槽クリーナーを定期的に使って洗濯槽をキレイにして下さいね。