部屋干しにエアコンを活用!おすすめのコースや時間を短くするコツ

部屋干し 扇風機

部屋干しをするなら、エアコンを有効活用してみてはいかがでしょうか。部屋干しは、天候に左右されないというメリットがある反面、デメリットもありますので、そのデメリットを踏まえた上で、乾燥させる必要があります。そして、デメリット解消のために役立ってくれるのがエアコンというわけです。

部屋干しのデメリット

部屋干しをする前に、部屋干しのデメリットはしっかりと確認しておいた方がよいです。部屋干しのデメリットをしらなければ、思わぬトラブルに見舞われてしまうこともありますので、しっかりと確認するようにしましょう。

部屋干しのデメリットの中には、ダニやカビが部屋には多いというものがあります。これは、外で干す場合には気にならないポイントになってきますので、しっかりと確認しておくとよいでしょう。

また、洗濯物には、室内のダニやカビを増やす効果もあります。なぜなら、洗濯物は乾燥する過程において、大量の水分を放出することになりますので、その水分がダニやカビを呼び寄せてしまう可能性があるのです。

こうすることによって、洗濯物が乾燥する時には、よりダニやカビが漂った状態になってしまうということです。洗濯物を干す部屋と洗濯物を干さない部屋を比べてみると、2倍以上もダニの発生率が違うという研究もありますので、この部分はしっかりと確認しておく必要があります。

部屋干しをするならエアコンのドライ機能

そして、部屋干しをするのならば、エアコンのドライ機能を有効活用したいものです。エアコンの部屋干し機能を有効活用することができれば、それだけダニやカビの発生をおさえられるということでもありますので、非常に重要なポイントになってきます。

エアコンには、ドライ機能と呼ばれている除湿機能が備わっていますので、この機能を利用すれば、部屋の中の水分を減らすことができるのです。雨の日でも室内で快適に過ごすことができる機能でもありますので、除湿効果については、語るまでもないといえるでしょう。

また、ドライ機能を使って洗濯物の乾燥をすることによって、ダニやカビが発生しにくくなるというだけではなく、スピーディーに洗濯物を乾燥させることができます。スピーディーに洗濯物を乾燥させることができれば、それだけ効率的な洗濯ができますので、覚えておくとよいでしょう。

除湿をすると寒くなる

エアコンのドライ機能を利用すると、室内が寒くなってしまうという人もいるのではないでしょうか。しかし、エアコンにはいくつかの除湿運転があって、上手くタイプを使い分けることができれば、室内の気温を下げることなく除湿運転をすることができます。

エアコンの除湿運転には、再熱除湿というものがありますが、この再熱除湿というのが、室内の空気を冷やさずに空気の入れ替えをすることができる機能になっています。室内に空気を入れる際に、上手く熱交換する仕組みになっていますので、これによって、除湿運転をしても室内を冷やさないことが可能になってくるのです。

浴室乾燥機

エアコンのドライ機能によって洗濯物を乾かすという方法を知ったのならば、浴室暖房乾燥機を活用してみてはいかがでしょうか。浴室はその構造上、湿気が発生しやすい場所になっていますので、その分だけ除湿機能も高いことが多いです。

そのため、この風呂場の除湿機能を上手く利用することができれば、洗濯物の乾燥を促すことができるのです。これを知っていると、大量の洗濯物を乾燥させる時などには役立ってくれるといえるでしょう。

また、浴室乾燥機がつけられている場合には、衣類乾燥という機能を持っている可能性がありますので、衣類乾燥ならば、より衣類を乾燥させるのに適した機能だといえるでしょう。衣類乾燥を利用することができれば、室内に洗濯物を干した時に発生する嫌な匂いについても、回避することができますので、その分だけ快適な洗濯になる可能性があります。

扇風機

エアコンのドライ機能を使う方法に扇風機やサーキュレーターを組み合わせて乾燥させる方法もおすすめです。この方法は、よりスピーディーに部屋の空気を入れ替えることができますので、乾燥を促すことができるのです。

もし、大量の洗濯物を洗濯するようなことがあれば、エアコンのドライ機能だけではなく、扇風機やサーキュレーターなど、家にあるものを上手く組み合わせて利用するとよいでしょう。あまりにも洗濯物が多い場合には、エアコンの能力だけでは追いつかないこともあります。

このようなものがエアコンのドライ機能を上手く利用して、洗濯物をスピーディーに乾燥させる方法です。部屋のダニやカビを少なくすることができるなど、色々なメリットがありますので、部屋干しのデメリットを踏まえた上で、上手く利用してみてはいかがでしょうか。せっかく洗濯で衣類を綺麗にしても、部屋が汚れてしまうのでは、まったく意味がないのではないでしょうか。