水垢におすすめな洗剤は?水垢掃除に役立つアイテムの種類と使い方

水垢 洗剤

水垢は、水回りなどを掃除する時に、よく見受けられるタイプの汚れです。そのため、毎日の掃除をするのならば、この水垢汚れをしっかりと落とすことが重要になってくるのではないでしょうか。

水垢汚れというのは、どんどん蓄積されていく傾向がありますので、しっかりと落としておかなければ、さらに頑固な汚れとなってしまいます。定期的な掃除がされているかどうかが、モロに出てくる場所になりますので、水垢の効果的な落とし方について把握しておくとよいでしょう。

水垢について

水垢を落とすためには、水垢の性質が重要になってきます。水垢には、落としやすい洗剤とそうでない洗剤がありますので、しっかりと把握しておくとよいでしょう。

まず、水垢というのはアルカリ性になりますので、酸性の洗剤を利用することによって、しっかりと落とせるようになります。また、固まってしまった水垢については、削ることが重要になってきます。そのため、多少の研磨成分が含まれているような洗剤を利用することによって、効果的に掃除をすることができるでしょう。

ティンクルは酸性洗剤で除菌もできる水回り用衛生クリーナーです。排水口まわりのヌメリ汚れもスッキリおとしてくれます。

暮らしのクエン酸  330g

暮らしのクエン酸 330g

251円(12/09 09:28時点)
Amazonの情報を掲載しています

暮らしのクエン酸は酸性の働きでガンコな汚れを分解・中和しよく落としてくれます。

水垢に効果的な洗剤

水垢に効果的な洗剤なのですが、酸性洗剤の中から、自宅にあったものを選ぶとよいでしょう。また、水垢汚れに特化した洗剤なども売られていますので、これらを上手く使って水垢の対策をしたいところではないでしょうか。

それほど、強固な汚れになっていない場合には、水回り全般に利用することができるような洗剤でも問題ありませんし、少し頑固になってしまったものに対しては、専用の研磨成分などが含まれたものにするとよいでしょう。また、トイレ掃除に特化したもので、お風呂掃除に特化したものというアイテムもありますので、それぞれの場所によって使い分けるのもよいでしょう。

水垢汚れといっても、お風呂の水垢と、キッチンの水垢では、少し性質が異なってきます。専用の洗剤は、それぞれの汚れの性質をしっかりと考えて、落としやすいように改良されたものなので、何かと役立ってくれるはずです。また、中にはプロ仕様の潜在などもありますので、この手の洗剤を厳選してみるのもよいかもしれません。

茂木和哉 バスタブ用 水アカ洗剤 150ml

茂木和哉 バスタブ用 水アカ洗剤 150ml

1,655円(12/09 09:28時点)
Amazonの情報を掲載しています

排水口まわりのヌメリ汚れもスッキリ。シンクの汚れにも効果的です。

頑固な水アカ汚れは、乾燥後白膜が現れて取り除けない場合があります。これは水道水などに含まれるケイ酸が蓄積したもので、本品では落としきれません。液体タイプのクレンザー等で擦り取って下さい。

水垢落としのコツ

水垢を落とすためには、洗剤を選ぶことが重要だとわかりました。しかし、洗剤を選んだだけでは、落とせないことがあるのも水垢の特徴です。そこで重要になってくるのは、水垢を落とすためのコツになってきます。これらのコツを知っていることによって、しっかりと水垢を落すことができるはずです。

水垢で重要になってくるのは、洗剤をつけてから、しっかりと浸透させるというものです。水垢に洗剤が浸透するまでには、ある程度の時間が必要になってきますので、洗剤をつけてから、水垢の頑固さに応じて、放置する時間を設定するとよいでしょう。ある程度放置することによって、しっかりと洗剤が浸透しますので、それだけ落としやすくなります。また、水垢を落とす洗剤には、研磨成分が含まれているものもありますので、あまりにも力を入れすぎないというのは重要です。

研磨成分は、水垢を研磨する力を持っていますが、その他の素材に対しても、研磨成分が力を発揮してしまう可能性がありますので、力を入れすぎてしまうと、どうしても傷になってしまうのです。素材を傷めてしまう原因なので、力加減に注意するようにしましょう。また、研磨成分によって素材が傷ついてしまうと、さらに厄介なカビが傷に発生してしまうので注意してください。

細かい傷にカビが発生してしまうと、なかなか落とすのが難しくなってしまいます。さらに、利用の際の注意点として、酸性洗剤は他の洗剤と混ぜないようにすることが重要になってきます。酸性洗剤を他の洗剤と混ぜてしまうと、有毒ガスが発生してしまうことがありますので、注意する必要があります。カビを除去するような強力な洗剤と混ぜると、有毒ガスが発生してしまう可能性が高いので、特に注意する必要があるでしょう。

酢を使う

水垢汚れは、酸性の洗剤で効果的に落とせることがわかりました。そのため、酢を利用することによっても落とすことができます。汚れが軽度の場合になりますが、それでも酢を使うことで、簡単に水垢汚れを落とせます。

酢を使う場合にはキッチンペーパーなどに染み込ませることによって利用することになります。キッチンペーパーを水垢に付着させたら、今度は、ある程度時間を置きます。こうすることによって、汚れに酢が染み込んで、落としやすくなります。後は、キッチンペーパーでそのままこすることによって、汚れを落とすことができます。

水垢の落とし方を学んでピカピカのお家を目指そう

このようなものが水垢汚れに効果的な洗剤になっています。水垢汚れは、洗剤を選ぶことも重要になってきますが、何より定期的な掃除が重要になってきますので、これから水垢汚れを掃除するというのならば、まずは掃除をどのくらいの間隔でするかを考えてみるのもよいでしょう。そうすれば、落としやすいはずです。