コンビニのクリーニングサービスを比較!宅配との違いや内容

笑顔の女性

みなさんはコンビニでクリーニングサービスを行っていることをご存知でしょうか。これは宅配クリーニングをコンビニから出すのではなく、あくまでもコンビニのクリーニングのこと。今回はその内容や宅配との違いを紹介するので、ぜひ見ていってください。

コンビニのクリーニングサービスを比較

クリーニングサービスを行っているコンビニは「セブンイレブン」「MINI STOP」「ファミリーマート」あたりですね。これらのコンビニにクリーニング品を持ち込むことで、衣類を綺麗にしてくれます。

これら3つの比較としては、対象地域や価格などが変わってきますね。特に対象地域はどれも全国ではありません。東京23区に限られるサービスもあるので注意しましょう。今後、需要があれば徐々に対象地域は増えていくと思われます。

他にもファミリーマートだと最短仕上がりが早かったり、ミニストップだと長期預かりを実施していたり、各サービスで付与されるポイントが違ったり。いくつかの違いがあります。後は店舗数などの違いですね。クリーニングは当然ながら受け取りが必要なわけですから、単純に家からの近さで決めてもよさそうです。

コンビニクリーニングの内容

コンビニクリーニングは基本的なクリーニングとそう変わりません。汚れた衣類を預けて2日程度で綺麗な状態になって返ってきます。要はクリーニング店の代わりにコンビニで衣類を預かってもらえると想像すると分かりやすいです。

ユーザー的には一般的なクリーニング店と遜色なく利用できますね。しかも、コンビニなら24時間対応しているので、受け取りや預けるタイミングを調整する必要もありません。このあたりはコンビニの強みでしょうか。一般的なクリーニング屋で24時間対応は滅多にありません。

コンビニと宅配の違い

ここで気になるのがコンビニのクリーニングとネット経由などでお願いする宅配クリーニングに違いがあるかです。確かに、宅配クリーニングもコンビニから出せたりするので、明確な違いが分かりにくいですね。まず、大きな違いは対象地域にあるかもしれません。先ほど言ったようにコンビニのクリーニングはまだ発展途上なのか全国対応ではなく地方が限られています。

対して宅配クリーニングは全国対応になっていることが多め。ただし、地域が限られる宅配クリーニングも存在はします。受け取りについては宅配クリーニングが自宅、コンビニが店舗なので仕事で遅くなる方はコンビニの方がよさそうですね。とはいえ、宅配クリーニングも基本は配送業者を介しての返却となるので、コンビニ受け取りも可能なはずです。

送料についてはコンビニに軍配が上がりますね。コンビニは送料がかからないのに対して宅配クリーニングは送料がかかることもあります。条件次第で送料無料になることもあるので、上手く使えばコンビニと同じ感覚で使えるでしょう。また、コンビニは近くに店舗がなくてはお手上げ。

しかし、宅配クリーニングならネット経由なので店舗の位置は関係ありません。要は対象地域ならどこに住んでても大丈夫。配送業者がしっかり荷物を取りに来てくれます。品質やサービスなどは会社によって大きく異なるので今回は割愛しておきましょう。

まとめ

コンビニのクリーニングサービスについてはいかがでしたか。今回の内容を簡単にまとめると「一部のコンビニではクリーニングを行っている」「コンビニなら24時間受け取れたり送料無料のメリットがあるが、対象地域の狭さなどネックがある」「宅配クリーニングは対象地域の心配は少ないものの、送料がかかったり受け取りタイミング限られることもある」といった感じでしょうか。

後はコンビニに対して宅配の方が日数を要するかもしれませんね。どちらにしようか決めあぐねるときは、どちらも利用してみるのが早いでしょう。