雑巾の洗濯方法は手洗い?洗濯機?汚れや臭いをキレイにする洗い方

酸素系漂白剤

雑巾は、かなり汚いものを掃除するために使うので、洗濯をする際には迷ってしまうのではないでしょうか。今回は、雑巾の洗濯方法について紹介しますので、ぜひ考えてみるとよいでしょう。

雑巾の洗濯

まず、雑巾の洗濯なのですが、雑巾自体が、破れたりしても問題ないいらないものかと思われますので、雑巾自体へのダメージは気にする必要がありません。しかし、雑巾は、汚れを掃除するために使うので、雑菌が雑巾の内部に繁殖している可能性もあります。

そうなってくると、その雑菌や汚れがその他の衣類に移ってしまうのが気になるのではないでしょうか。この部分を中心に考えることによって、雑巾の洗濯について見えてくるはずです。

雑巾を洗濯機で洗う

まず、気になるのが雑巾を洗濯機で洗うことができるかというポイントではないでしょうか。雑巾を洗濯機で洗うかどうかのポイントになってくるのが、その雑巾をどれくらい使っているかというものです。あまりにも長く使っている場合には、洗濯機で洗うのは避けた方がよいかもしれません。

しかし、おろしたばかりの雑巾ならば、洗濯機で洗っても問題ないでしょう。さらに、雑巾を洗濯機で洗えるかどうかについては、汚れがどのくらいついているかというものです。汚れがたくさんついて、黒ずんでいるような状態ならば、洗濯機ではなく、手洗いに切り替えた方がよいかもしれません。

このような状態で洗濯機を使ってしまうと、どうしても汚れが他の洗濯物に移ってしまう可能性があります。また、雑巾を洗濯機で洗うなら、洗うまでの時間についても注意してください。雑巾を使ってから放置しておけばおくほど、内部に雑菌が繁殖してしまう可能性は高いです。

逆に、使った後にすぐに洗濯をするのならば、それほど雑菌が繁殖していないといえるでしょう。しかし、雑巾ひとつやふたつを洗濯機で洗うのは、光熱費の観点から考えても、かなり無駄な行為だといえます。そのため、都合よく、洗濯物が溜まっているなどの場合でなければ、手洗いで洗うのがおすすめだといえるのではないでしょうか。

さらに、できることならば雑巾は単独で洗うのが好ましいです。どんなに注意しても、多少は汚れが洗濯物に移ってしまう可能性がありますので、単独で洗うのがベストだといえるでしょう。

また、雑巾を洗濯機で洗う場合に、一緒に洗ってもよいものを考えるのもよいです。例えば、バスマットなどについては、一緒に洗っても大丈夫だといえるでしょう。また、漂白剤についても一緒に利用したいところです。

漂白剤には、雑菌を消毒する効果がありますので、臭いも含め、しっかりと洗濯をすることができるはずです。このように、雑巾を洗濯機で洗う場合には、色々な制限がありますので、手洗いについても同時に考えておきたいところです。

雑巾を手洗いで洗う

雑巾は、なるべくなら単独で洗いたいので、手洗いで洗う方法を覚えておくと役立ちます。まずは、酸素系漂白剤を溶かしたお湯をつくります。雑巾は、しっかりと殺菌したいところなので、酸素系漂白剤を使うようにするとよいでしょう。

さらに、酸素系漂白剤を溶かしたお湯に、数十分程度、浸け置きすることによって、殺菌します。しっかりと殺菌したら、今度は揉み洗いをしていきます。そして、一通り洗い終えたら、今度は、すすぎをして綺麗にしていきます。

水がある程度、綺麗になるまですすぎを繰り返して、洗剤をしっかりと落としていきます。最後は、風通しの良い場所に干して、乾燥させたら綺麗になるでしょう。素早く乾燥させて、いつまでも濡れた状態を続かせないのがポイントになってきます。

酸素系漂白剤を利用する方法は、それほど汚れが酷くない雑巾を洗う場合におすすめです。しかし、汚れが酷い雑巾の場合には、酸素系漂白剤だけでは足りない可能性があります。酸素系漂白剤だけでカバーできない場合には、塩素系漂白剤を利用します。

塩素系漂白剤は、強力な洗浄作用を備えていますので、上手く利用することができれば、しっかりと殺菌することができるでしょう。基本的には、酸素系漂白剤で掃除をする場合と同様の手順で進めていきます。また、塩素系漂白剤は洗浄力が強いものになっていますので、洗う際には皮膚へのダメージなど十分に注意する必要があるのではないでしょうか。

このようなものが雑巾の洗濯方法になりますので、覚えておくとよいでしょう。雑巾をしっかりと掃除をすることがでなければ、汚れを汚れで拭いてしまうことになりますので本末転倒です。それを防ぐためにも、しっかりと掃除をする方法を覚えておくとよいでしょう。

雑巾は、洗濯機で洗うよりも、手洗いで洗った方が合理的だといえますので、手洗いでの洗い方も覚えておくとよいでしょう。衣類に雑巾の汚れがついてしまうと、快適な生活が損なわれてしまうかもしれません。しっかりと、雑巾と衣類はわけていきたいところではないでしょうか。