水洗い不可の表示マークの服は洗濯できない?自宅で洗える洗い方は?

手洗い 洗剤

自宅で衣類を洗濯しようと思い、マークを確認してみると、水洗い不可表示がついていることがあります。このような衣類については、自宅で洗濯できないと思ってしまうのではないでしょうか。しかし、水洗い不可マークがついていたからといって、確実に洗濯できないというわけではないので、クリーニング屋を利用する前に、確認しておきたいところです。

水洗い不可マークについて

衣類につけられている水洗い不可マークなのですが、必ずしも洗濯ができないというわけではありません。中には、水洗いが向かない程度の意味合いでマークがつけられている可能性もあります。このような衣類については、細心の注意を払うことによって、洗濯できる場合がありますので、覚えておくとよいでしょう。

しかし、水洗い不可マークがついているということは、少なからず、家庭で洗濯する際の何らかの要素に弱い可能性は高いので、ダメージを受けてしまう可能性があります。水洗い不可マークを洗濯する際には、この点については、しっかりと確認しておきたいところではないでしょうか。

水洗い不可マークで注意する点

水洗い不可マークの衣類は、何を注意する必要があるのかを把握しておくとよいでしょう。素材によって、注意することは異なってくるのですが、それぞれの素材ごとに、水洗いするとどのような状況になってしまう可能性があるのかを把握しておくとよいでしょう。

まず、水洗い不可マークは、ウールやカシミヤ、レーヨンなどにつけられていることも多いです。このようなアイテムを水洗いしてしまうと、繊維が縮んでしまうので、衣類全体が縮んでしまいます。サイズダウンしてしまうこともありますし、繊維が縮むことによって、独特の風合いがなくなってしまうこともあります。

次に、革などでも水洗い不可のマークがついていることが多いです。皮の場合は、色落ちしてしまう可能性があります。また、色落ちに伴って、風合いも損なってしまう可能性が高いので、この点も注意する必要があるでしょう。革製の製品というのは、風合いを楽しむものでもありますので、洗濯によって色落ちしてしまうと、せっかくの特徴が台無しになってしまう可能性があります。

また、革製品の場合は、洗濯がきっかけになって、カビが生えてしまうこともあるので注意が必要です。革製品にカビが生えてしまうと、いっきに風合いを損なってしまう可能性があります。決して、安いアイテムではないため、水洗いには十分に注意する必要があるでしょう。

また、レーヨンなどの場合は、表面が毛羽立つ可能性がありますし、シワが発生することもあります。このように素材によって、水洗いすることによって発生する注意点は異なってきます。

クリーニング屋が無難

水洗い不可マークの衣類を自宅で洗濯しようと思っているなら、やはりクリーニング屋が無難ということも頭に入れておきたいところです。

クリーニング屋ならプロの技術で、クリーニングしてくれますので、衣類に対してのダメージを最小限に抑えてくれるでしょう。クリーニング屋の場合、ドライクリーニングで綺麗にすることができますので、水洗い不可マークの洗濯物のための、選択肢ともいえるでしょう。

クリーニング屋に出すことによって、費用は発生してしまいますが、高価なアイテムを自分で洗濯して、台無しにしてしまうよりは、ずいぶん安いといえるのではないでしょうか。このようなことも、しっかりと考えながら、自宅で洗濯するかどうかを決めていきたいものです。

部分洗いをする

水洗い不可のマークの洗濯をするのならば、部分洗いをするという方法があります。部分洗いならば、汚れの部分だけピンポイントに綺麗にすることができますし、全体に対しての影響を最小限に抑えることができるでしょう。

このような洗濯物に対して利用する洗剤は、オシャレ着用の洗剤を利用します。オシャレ着用の洗剤を使って、タオルなどで部分洗いすることによって、汚れを落とせるかもしれません。まずは、色落ちしないかのチェックをする必要がありますので、目立たない部分で、色落ちしないかを確認してみましょう。

そして、洗面器の中にお湯を張ります。40度くらいのお湯にして、オシャレ着用洗剤を利用して、洗剤を作っていきます。そして、そのお湯を使って、タオルに染み込ませ、汚れをたたくようにして、落としていきます。こすってしまうと、ダメージになってしまうことがありますので、あくまでも優しくたたく程度に留めておくことが重要になってきます。

汚れを落とすことができたら、今度は、新しいお湯に変えて、洗剤を落としていきます。新しいタオルを使って、お湯を染み込ませて、拭き取るようにしていきます。これを繰り返すことによって、汚れを落としていきます。その後は、しっかりと乾燥させることによって、部分洗いを終えることができます。

手洗い

全体を洗いたい場合には、手洗いを利用することになります。部分洗いよりも色落ちしてしまう可能性は高いので、しっかりと色落ちチェックをする必要があるでしょう。こちらの場合も、洗面器を利用して、オシャレ着用洗剤を入れていきます。

そして、洗面器の中で、素早く優しく手洗いしていきます。汚れを落としたら、今後は、水を入れ替えて、泡が出なくなるまですすいでいきます。乾燥については、タオルを使って、挟み込むようにして水分を吸収していきます。タオルで挟むことによって、水分を除去することができますので、こうすれば乾燥させられます。

また、直射日光によってダメージを受けてしまう可能性がありますので、干す場合には、風通しの良い場所を利用して、陰干しをします。もちろん、乾燥機に入れてしまうと、こちらもダメージになってしまいますので、十分に注意するようにしましょう。

このようなものが水洗い不可マークがついている衣類を洗う方法になっています。通常の衣類に比べると、圧倒的に手間がかかるアイテムになりますので、クリーニング屋に依頼する選択肢も考えておきましょう。また、どんなに注意深く洗っても、多少のダメージになってしまうのは、覚悟する必要があります。