重曹と酢を活用して簡単に掃除!混ぜるとどうなる?注意点は?

キッチン シンク

自宅にあるもので掃除をしようと思ったら、定番になってくるのが、重曹と酢ではないでしょうか。重曹と酢を上手く利用することができれば、スムーズに掃除をすることができますので、ぜひ覚えておくとよいのではないでしょうか。

重曹について

重曹と酢を組み合わせて使おうと思っているのならば、まずはそれぞれの効果を確認してみるとよいでしょう。そして、重曹には、油汚れなどをしっかりと落とせる効果が備わっています。重曹というのは、アルカリ性の性質になっていますので、酸性に対して効果を発揮させることができるのです。

酢について

酢には、酸性の性質があるのですが、酸性の性質があるため、アルカリ性の汚れを分解することができます。そのため、アルカリ性の汚れに対しての効果は高いので、覚えておくとよいでしょう。また、酢には殺菌効果もあり、菌の繁殖を抑制することができますので、雑菌によるぬるぬるや臭いを減らすことができる可能性があります。

重曹と酢を一緒に使う

重曹と酢の効果について理解したかと思われますが、重曹と酢を組み合わせることによって、さらなる洗浄効果を発揮できる可能性があります。重曹と酢を混ぜると、危険だと感じるかもしれませんが、重曹と酢を混ぜ合わせて使う分には問題ありません。

重曹と酢を一緒に利用することによって、すぐに泡立つような効果があります。この泡によって、洗浄効果を発揮してくれますので、重曹と酢を組み合わせることによって、洗浄効果が高まってくれるのです。

重曹と酢を組み合わせて利用することができれば、重曹を使った掃除において、より洗浄効果を高めることができます。さらに、炭酸が発生することになりますので、これによって、汚れを浮かせることができるわけです。

また、重曹と酢を組み合わせて使うことによって、酢特有の臭いを軽減することができますので、これも2つを組み合わせて利用した場合のメリットとして覚えておくとよいでしょう。

重曹と酢を使ってコンロを掃除

重曹と酢を利用した掃除の中には、ガスコンロもあります。ガスコンロの掃除を、これらのアイテムを利用して掃除をすることによって、綺麗に仕上げることができるかもしれません。

ガスコンロは、重曹で掃除できるものでもありますが、重曹で掃除した場合、後処理がなかなか大変になってしまうことがあります。また、重曹の掃除の後に、跡が残ってしまうこともありますので、なかなか掃除に踏み切れないという人もいるかもしれません。

しかし、重曹と酢を組み合わせて利用することによって、素早く重曹が反応することによって、重曹のデメリットを解消することができる可能性があります。その方法ですが、重曹をガスコンロの汚れに振りかけるまでは変わりません。

さらに、重曹を利用して、雑巾でガスコンロをふいていきます。その後に、酢を雑巾に染み込ませた上でふくようにします。こうすることによって、重曹に酢が素早く反応してくれますので、重曹の跡が残りにくいというメリットがあります。

最後に乾拭きをすることによって、綺麗にすることができますので、ガスコンロの汚れが気になっているのならば、重曹と酢を組み合わせて掃除をしてみてはいかがでしょうか。

キッチンの排水口の掃除

重曹と酢を利用した方法は、キッチンの排水口の掃除にも利用することができます。重曹と酢が組み合わさることによって、炭酸が発生しますので、この泡によって、スムーズに排水口を掃除することができるというわけです。

排水口の汚れの中には、ぬるぬるとした嫌な汚れもあるかと思いますが、そのような汚れをしっかりと綺麗にすることができるのが、重曹と酢を組み合わせた方法になりますので、積極的にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

その方法とは、排水口に重曹をかけることから始まります。排水口に重曹をふりかけて、重曹が汚れに浸透するまで放置します。重曹が汚れに浸透して5分程度経ったら、酢をかけて、重曹に反応させるようにします。

重曹に酢を反応させることによって、炭酸が発生して、汚れが浮きますので、この状態で洗い流すことができれば、しっかりと汚れを落とすことができます。この方法は、重曹と酢を上手く利用することになりますので、ごしごしと擦るような方法が必要ないというのが楽です。

そのため、効率的に汚れを落とすことができますので、これならば、労力を使わずに掃除をすることができるのではないでしょうか。重曹と酢を利用することによって、排水口の嫌な臭いについても消すことができますので、メリットは大きいといえるでしょう。

重曹と酢を使う場合の注意点

重曹と酢を使って掃除をする場合には、使い方に注意する必要があります。使い方に注意しなければ、十分に効果が発揮されないこともありますので、十分に注意しましょう。重曹と酢を使う場合の注意点としては、重曹と酢を混ぜることによって、性質が中性に近づくということです。

そのため、酸性とアルカリ性の汚れに対しての、洗浄力は弱まると考えるのが普通です。このようなことから、重曹と酢を混ぜて使う場合には、一方の効果によって、汚れをしっかりと分解した状態を作り上げることが重要になってきます。

汚れを分解した後に、炭酸によって汚れを浮かすというのがポイントになってきますので、これを覚えておく必要があるでしょう。最初から混ぜてしまうと、汚れの分解がされない可能性がありますので、その分だけ洗浄力が落ちてしまうでしょう。

このようなものが、重曹と酢を組み合わせて掃除をする方法になっていますので、これから掃除をするなら上手く利用してみてはいかがでしょうか。特に重曹と酢を利用して、すでに掃除をしているという人にはおすすめだといえるでしょう。

重曹や酢それぞれの効果だけではなく、組み合わせて利用することによって得られる相乗効果を上手く利用することができれば、しっかりと掃除をすることができるはずです。

重曹や酢を利用して掃除をすることができるようになると、ワンランク上の掃除をすることができるはずなので、積極的に利用を検討してみるとよいでしょう。そうすれば、スムーズな掃除を心がけることができるはずです。