料金は?敷布団や羽毛布団の洗濯・保管なら宅配クリーニングが便利

羽毛布団

毎日お世話になっている敷布団や羽毛布団。これらは意外にも多くの汗を吸っているもので、定期的にクリーニングしないと健康面や臭い面でトラブルになることもありますよ。そこで、今回は布団の宅配クリーニングについて解説。料金はどの程度なのか、何が便利なのかなどを紹介しましょう。

布団は定期的に洗おう

みなさんは敷布団や羽毛布団などのかけ布団をしっかりクリーニングしていますか。布団はクリーニングに手間がかかることから、つい放置してしまいがちですが、あまりに放置がすぎるとアレルギンなどを増やす原因になりますよ。また、ダニアレルゲンが増えることなども判明済みです。寝起きに鼻がむずむずしたり、くしゃみで眠れない時などはアレルゲンが原因かもしれません。

さらに、布団も使っていれば保湿性が下がってきます。クリーニングを行うと保湿性が回復するのも既に判明している事実。他にも汗のせいで臭いがひどくなったり、湿気で復元力を失ったり、汚れの放置が寿命を縮めたり。とにかくクリーニングを定期的にしないとトラブルが発生しやすくなります。ですので、ダニの被害などが出る前に布団をクリーニングしてはいかがでしょうか。

敷布団や羽毛布団も宅配クリーニング

宅配クリーニングはネットを使って依頼したのち、専用のバッグなどを使って洗濯物を業者に送るもの。宅配業者がクリーニング店まで届け、クリーニングが終わったら今度は綺麗になった洗濯物を宅配業者が自宅まで届けてくれます。配送や受け取りの時間を指定できることから時間が無い人でも使いやすいサービスですね。

そんな宅配クリーニングでは敷布団などの布団類も扱っているってご存知でしたか。すべての宅配クリーニングが対応してくれるわけではありませんが、一部の宅配クリーニングでは布団のクリーニングまで請け負ってくれます。専用の機械などで布団を徹底クリーニングし、上記のような効果をもたらすわけです。

既に宅配クリーニングを利用している方なら、送るアイテムが布団になるくらいの変化なので戸惑うこともないでしょう。基本的に専用バッグなどに入れて配送するだけなので初めての方でも楽々。いろいろなメリットがあるので、一度利用すると宅配から抜け出せなくなりますよ。

布団の洗濯や保管は宅配クリーニングが便利

布団を洗濯したいと思うのなら宅配クリーニングが圧倒的に便利です。ここからは他の方法に比べて、いかに宅配クリーニングにメリットがあるかを見ていきましょう。

家から布団をクリーニング

これが最も大きなメリットかもしれませんね。宅配クリーニングなら自宅にいながら大きな布団をクリーニングに出すことができます。そもそも、布団をクリーニングに出すとなったら本来は大きな布団を車に積んだりして店舗まで持っていく必要がありますよね。車を運転できる方ならまだしも、自転車や徒歩しか移動手段がないと布団を運ぶのは一苦労。それを受け取って帰ってくるところまで考えると憂鬱になります。

これに対して宅配クリーニングはどうでしょうか。宅配で布団を送るのが前提なので家から出る必要はありませんし、布団も専用のバッグなどに詰めるだけなので手間はかかりません。受け取りも自宅で行うので自宅まで運ぶ面倒さはなし。つまり、布団のクリーニングが自宅の中で完結するわけです。

クリーニング店が遠くて布団を運ぶのが面倒だったり、小さな子どもがいて布団を運びにくかったり、車が使えない方でも問題なし。今まで家から持ち出せなくて洗濯をさぼっていた方は、これを機に宅配クリーニングを検討してはどうでしょう。

時間を選ばずクリーニング

店舗型のクリーニングの場合、営業時間内に布団を預けたり受け取る必要があります。これは当然のことなんですが、宅配クリーニングならその制限が緩和されます。発送も受け取りも宅配業者の来てくれる時間なら問題ないわけです。

しかも、宅配ボックスがあるなら受け取りについては本当に時間を選びません。仕事で遅くなろうと帰ってくれば配達済みだったりします。申し込みについてはネット経由で24時間対応なので本当に自由ですね。深夜3時にふとクリーニングを思いついたら、すぐにでも申し込みを行えます。

自宅では無理な徹底丸洗い

布団をしっかり丸洗いするのは自宅だとなかなか難しいものです。しかし、宅配クリーニングなら洗濯のプロが適切な方法でクリーニングを行ってくれます。たとえば、中の綿まで染み込むようなたっぷりの水を使ってくれたり、洗剤は布団を傷つけない優しいものを用意してくれたり、布団ごとに適切な方法を採用してくれたり。

このようなサービスで徹底的に布団を綺麗にしてアレルゲンなどを除去してくれます。和布団と洋布団では適切なクリーニング方法が違ったりしますからね。

豊富なオプションが便利

これは業者によりますが、羽毛布団などのクリーニングはオプションが用意されていることも珍しくありません。たとえば、返ってきた後の布団を簡単に保管できるよう、圧縮された状態で届けてもらったり、ダニがつきにくいように防ダニ加工をしてもらったり、頑固なシミを抜いてもらったりなどなど。

業者によって豊富なオプションが用意されています。基本的に有料となりますが、布団圧縮などはなかなかに便利なのではないでしょうか。オプションの内容は公式サイトでチェックできたりするので、ぜひ確認してみてください。

保管サービスが便利

宅配クリーニングを既に利用している方は保管サービスのことをご存知でしょう。これは業者が洗濯物をクリーニングした後、一定期間、専用の倉庫などに衣類を保管してくれるサービス。今は着ない衣類を預けておくことで、クローゼットの中をスッキリさせることができます。実はそんな保管サービス、一部の宅配クリーニングでは布団にも採用しています。

たとえば、厚手の布団は夏場にはそう使わないですよね。逆に薄い布団は冬場の出番がないでしょう。その時期には使わない布団を業者に預かってもらえば、押し入れの中がスッキリするのは必然。押し入れに入りきらなかった布団を他の場所において置いたり、無理やり押し入れに詰める必要はなくなります。

ただ、布団の保管をしてくれる業者はそこまで多くないようですね。もし布団の保管サービスを利用したいのなら、事前に公式サイトなどで情報を確認しておきましょう。同時に無料か有料かも確認しておくとよさそうです。

布団のクリーニング料金は?

ここまでで布団の宅配クリーニングがいかに便利か分かりましたね。しかし、ここで気になるのが料金について。ここからは布団の宅配クリーニングがいくらくらいかかるのかを見ていきましょう。

料金はどのくらい?

料金についてですが、これは業者によって大きく異なります。近年は宅配クリーニングの需要が上がっていることから、多くの業者が布団の宅配クリーニングに参戦しています。そのため、1枚あたり○○円と細かい数字を出すことは難しいのです。しかも、パック料金などコースでも料金が変わってきますからね。このあたりは詳しく後述しましょう。

ひとまず、おおまかな値段を出すとするなら1枚当たり5000円前後と考えておくとよさそうです。つまり、家族4人だとすると2万円程度でしょうか。なかなかに高額ではあるものの、布団を丸洗いするタイミングはそこまで頻繁でもありません。それに、店舗より料金が安いことも多いですよ。

パック料金がお得

先ほど1枚当たり5000円程度かかると言いましたが、パックコースを活用すればもっと安くあげることができますよ。簡単に説明しておくと、宅配クリーニングはもともと○○枚パックといって、一定枚数の洗濯物を同時に預けるシステムがあるんです。たとえば「10枚パック」なら10点まで同時に洗濯物をお願いすることが可能。料金はコースごとに決められています。

このシステムが布団の宅配クリーニングにも採用されるケースがあるわけですね。布団だと2枚パックや3枚パックが多いようですね。3枚パックにすると1枚あたりの料金を4000円以下に落とせることもあります。もちろん、業者によってはもっと安いことも。

一人暮らしは別として、家族で暮らしていれば1枚だけをクリーニングするよりも家族分の布団を一気にクリーニングに出すことの方が多いでしょう。まさに、そのためのパック料金。少しでも宅配クリーニングの料金を安くしたいと思えばパック料金を採用している業者をおすすめします。後はその中で比較しつつ決めてみるといいですよ。

店舗より安いこともある

これも店舗によるので一概には言えませんが、パック料金を使うと店舗よりもクリーニング代や安くなることも珍しくないですよ。おそらく、店舗でも布団のクリーニングは1枚当たり5000円前後かかるはず。そうなれば、3枚パックなどを活用したほうがお得。

店舗の中にもパック料金を採用している業者があるかもしれませんが、近くの店舗が対応しているとは限りませんしね。宅配クリーニングなら基本的に全国対応なので自分の好きな業者を選ぶことができます。

料金だけで決めない方がいい

ここまで料金について触れておいて何ですが、布団の宅配クリーニングを料金だけで決めてしまうのもどうかとは思います。そもそも、どうして布団をクリーニングに出すかと言えば、綺麗でふわふわになって返ってくるのを期待してですよね。もちろん、どの業者も適切な方法でクリーニングをしてくれるはずです。

しかし、時には自分の思っていた仕上がりと違ってしまうこともあるでしょう。いくら安いからと言っても、そういった業者を使い続けるのはあまりおすすめしません。どうせなら自分の納得できる仕上がりの布団で気持ちよく眠りたいですからね。もし仕上がりに納得いかなければ他の業者も利用するといいですよ。そこまで頻繁に出すわけでもないので、少しの料金の差なら問題ないでしょう。

布団のクリーニングは時間がかかる

布団のクリーニングは通常の衣類に比べて時間がかかります。これも業者によるんですが、おおむね10日前後でしょうか。場合によっては20日以上かかることもあるようです。特に宅配クリーニングの場合は配送業者による配達時間などもプラスされます。そのため、布団を宅配クリーニングに出すときは、その布団を当分使わないタイミングにしておきましょうね。

普通のクリーニングのように数日で仕上がると思うと痛い目をみることもありますよ。一応は1週間程度で仕上げてくれる業者もあるようですが、そこまで多くはないでしょう。

利用前には比較してみよう

実際に布団の宅配クリーニングを利用するのなら、いくつかの業者を比較することをおすすめします。先ほど紹介した料金はもちろんのこと、仕上がりまでの日数や保管サービスの有無、毛布への対応やクリーニング方法など。

比較する部分は多いので、比較表などを有効活用してしっかり見比べていきましょう。また、比較の際は口コミも参考にするといいですよ。実際に利用経験のある方の声はきっと役に立つはず。公式サイトでは分からないデメリットの部分も紹介していることが多いです。

クリーニングできない布団もある

布団と一口に言っても実は多くの種類があるもので、すべての業者がすべての布団に対応しているとは限りません。たとえば、毛布のクリーニングはしていなかったり、あまりにも汚れや臭いが酷いと対応してくれなかったり、穴があいているものはアウトだったり。このあたりは業者によって異なるのできちんと確認しておきましょう。送ってから洗濯不可品だったと気づくとショックが大きいですからね。

まとめ

敷布団や羽毛布団も洗濯できる宅配クリーニング。その詳細はいかがでしたか。今回は少し長くなってしまいましたね。しかし、それだけ布団の宅配クリーニングは利便性が高いということ。今まで布団のクリーニングを半ば諦めていた方も、ぜひこれからは宅配クリーニングを利用してほしいところです。

特に子どもにいる家庭は布団のクリーニングがほぼ必須。ずっとクリーニングしていない布団には大量のダニアレルゲンが発生している恐れがあるわけですからね。そんな布団で子どもを寝かせていると思うとゾッとします。少しでも鼻をぐずらせていたり、くしゃみがひどいのを発見したら布団を疑ってみましょう。