コートのクリーニング料金はどれくらい?種類別の値段の相場や頻度

コートと手袋

みなさんはコートをどのくらいの頻度でクリーニングに出していますか?そして、1回にかかるクリーニング料金はいくらくらいですか?他の方と比較をしたことのない人は、もしかするとコートを洗いすぎていたり、クリーニング代金が高すぎるかもしれません。そこで今回はコートクリーニングの相場や適切な頻度について紹介していきます。

種類別コートのクリーニング料金

コートと一口に言ってもロングやハーフ、ダウンなどいろいろな種類がありますね。この種類によってクリーニング料金は変わってきますので、ここからは種類別の相場について見ていきましょう。

ロングコート

ロングコートはアウターの中でクリーニング料金が高めと言われるアイテムです。その相場は1000から3000円程度と言われています。間をとって2000円前後と考えるといいかもしれません。スーツのクリーニング料金が1000円前後だったりするので単純に2倍程度。クリーニングの料金としては高額な部類なことが分かります。ちなみに、ロングコートとはひざ下からくるぶしあたりに裾がくるコートのことを指します。

ハーフコート

ハーフコートはロングコートに対して裾が高めのコート。概ね腰から膝の上あたりに裾がきますね。ロングコートに比べれば当然ながら料金は安めで、おおよそ800から2500円程度と言われていますね。間をとるなら1800円くらいでしょうか。ハーフコートよりも裾が短い場合はジャケット扱いになることも多いようです。ジャケットだともう少し料金が安くなると思われます。

ダウンコート

ダウンコートは上記2つよりも少し高めの2600から3200円が相場と言われています。こちらは幅が少ないので3000円程度と思っておいてよさそうです。1回で3000円だと3回で9000円程度。数回もクリーニングに出せば本体価格よりも高くなってしまいそうですね。

高級素材や装飾品のあるコートは高めなことも

アンゴラやカシミアなどの高級素材が使われていたり、特殊な形状のボタンなどの装飾があるコートは一般的なコートに比べて料金が高くなることも多いです。装飾のせいで乾燥機が使えなかったり、普段のラインにのせられなかったりするため、料金が上がるようですね。

留め具の形状が特殊なダッフルコートなどもこちらに分類されるため、料金が高めになることがあります。高級素材については料金を変えないお店もあるようなので、事前に確認しておくといいかもしれません。

また、フードやファーなどの付属品があると追加料金が発生することもあります。毛皮のファーだと2000円前後とられることもあるので注意しておきましょう。取り外し可能な付属品で特に汚れが目立たないなら、本体だけをクリーニングに出せば大丈夫です。付属品は自分で軽く手入れをしておいてください。

コートのクリーニング頻度

コートのクリーニング頻度は着用する頻度に比例しますね。たとえば、毎日のように着用するコートであれば、月に1回程度はクリーニングに出したいところです。一見、汚れが目立たなくても意外と埃が付着したいたり、外で着ていれば排気ガスを吸い込んでいたりするものです。天候によっては水分を含んでいることもありますし、暖房のきいた部屋で過ごしていれば汗を吸うこともあるでしょう。

とにかく、目には見えない汚れが意外と多いので頻度が多い方は月1を目安にクリーニングしてあげてください。そこまで頻度が高くなければシーズンが終わるタイミングで出せば大丈夫でしょう。要は年に1回くらいですね。やはり夏物に比べると頻度は低めです。ただし、目立つ汚れがあるなら月1と言わず早めにクリーニングに出した方がいいと思います。汚れは放置期間が長ければ長いほど落ちにくくなるのです。

シーズンオフにはクリーニングするように

今年は1回程度しか着なかったしクリーニングはいいかと放置してしまうと、コートが虫にくわれてしまったり、カビがはえたりなどのトラブルが発生することもあります。ですので、着用回数が少なくともシーズンオフにはクリーニングに出すことをおすすめします。年に1回程度のクリーニングなら少し料金が高くても大打撃にはならないでしょう。

むしろ、クリーニングをさぼって高いコートが台無しになってしまっては、そちらの方が大ダメージです。安くあげたいならパック料金になっている宅配クリーニングを使う手もあります。シーズンオフにまとめて出す場合はかなりお得だったりするので、ぜひ利用してみてください。

コートのクリーニングにかかる日数

最後に、コートのクリーニングのどの程度の日数がかかるかも確認しておきましょう。これはおおよそ5から7日程度。少し余裕をもって1週間程度見ておくとよさそうです。大切な日に利用するコートは早めにクリーニングに出しておきましょう。また、早いところなら2日程度で仕上げてくれるので、急ぎの時には相談してみるのもいいかもしれません。