チェーン店の方が安い?クリーニングのチェーン店と個人店の違い

?マークとシマウマ

実店舗を構えるクリーニング店には「チェーン店」と「個人店」の2種類があります。しかし、これらの違いっていったい何なのでしょうか。今回は気になる料金の違いなども含め、2つの違いを徹底的に解説していきます。気になる方は要チェックですよ。

クリーニングチェーン店と個人店

クリーニング店にはチェーン店と個人店の2種類がありますね。名前からも分かるように、チェーン店は大きな企業が同じ名前のお店を各地に構えているタイプ。ショップ名の後に○○店とついていることが多いです。企業によっては全国展開していることから、知名度は確実にチェーン店の方が高いかと。

対して個人店は基本的にお店を1件だけ構え、少人数で経営していくスタイルのお店。チェーン店と比べると地域密着感が強いかもしれません。昔からのお得意さんが多いのは個人店の方でしょう。ブランド名がないので知名度こそ低いものの、お店によっては小回りのきいたサービスや格安料金など魅力がたくさんあります。

大きな違いはクリーニングを行う場所

チェーン店と個人店の大きな違いは預かった衣類をクリーニングする場所かもしれません。基本的に個人店の場合は、そのお店内でクリーニングをして、終わったら引き渡しというスタイルです。対してチェーン店は膨大な数の衣類を大型の工場に集め、そこでライン作業により一気にクリーニングを進めていきます。

要はチェーン店の方が効率重視なわけです。とはいえ、最近は機械技術も進んでおり、必ずしも個人店の方が仕上がりがきれいとも言えません。また、この効率の差のせいで料金に大きな差が出ることも。このあたりは次の項目で詳しく解説しましょう。

チェーン店の方が安い

チェーン店と個人店ならチェーン店の方が安いことが多いです。理由は先ほど説明した通り。チェーン店は大型の工場で大量の衣類を効率的に処理していくのに対して、個人店は手作業感が強くチェーンに比べれば効率的とは言えません。

そのため、どうしたってチェーン店の方が料金は安くなりがちですね。たとえば、チェーン店はスーツが1000円前後なのに対して、個人店は2000円前後かかることもあります。とはいえ、チェーン店も個人店もかなりの数があるので、絶対にこの法則が当てはまるとも限りません。単に全体的に見ればチェーン店の方が安い傾向にあるだけです。そのため、近場のチェーン店と個人店を比べてみたら個人店の方が安かった、なんてケースもありえるでしょう。

スピードもチェーン店の方が早い

これも確実とは言えませんが、個人店に比べてチェーン店の方が効率的なことから、仕上がりまでのスピードは早め。お店によっては朝に出した洗濯物が夕方に受け取れたりします。当日が無理だとしても数日中にはおおむね完成するでしょう。

個人店の場合はライン作業でないので一着に時間がかかるのは仕方ありませんね。少しでも早い仕上げを望むのならチェーン店の方がよさそうです。ただ、個人店でも仕上がりの早いお店はたくさんあります。気になる方は近場の個人店に仕上がりまでのスピードを聞いてみてください。

個人店の方が融通がきく

チェーン店は一定の時間で一定のクオリティで仕上がる安めのお店と言う感覚が強いです。しかし、個人店の場合はこちらの要望である程度の融通をしてくれますね。たとえば、お気に入りの衣類なら事前に気になる部分を相談しておけば、そこを重点的に綺麗にしてくれることもあるでしょう。

また、手作業なのでこちらの気づかなかった細かい部分に気づいて綺麗にしてくれることも少なくないです。そのため、品質重視の人は個人店を愛用していることもしばしば。もしチェーン店で仕上がりに納得できないなら個人店に切り替えるのもありだと思います。

結局どっちがいいの?

最終的にはこの疑問に当たりますよね。チェーン店と個人店どちらがいいのか。しかし、これは非常に難しいところ。上記で紹介したように、チェーン店なら料金の安さや仕上がりのスピード、個人店なら仕上がりの品質や要望を伝えやすいなどのメリットを持っています。要は一長一短。どちらも良いところと悪いところがあるのです。

料金やスピードをとれば仕上がりが、仕上がりをとれば料金やスピードが。これはクリーニング以外にも多くの物事に当てはまりそうですね。とにかく、どちらが良いという明確な答えは出せないのが現状です。そもそも、チェーン店と個人店にも多くのお店があるため、今回の法則が絶対に当てはまるとも限りませんしね。

特に個人店は1点1点で料金やサービス、技術がまったく違ったりします。このあたりは実際に店舗に訪れたり、利用してみないと分からないでしょう。どちらを使っていくか決めあぐねている人は、まずは両方を使ってみるといいですよ。もしチェーン店の仕上がりで満足ならそちらに、チェーン店の仕上がりに納得いかず細かい要望を伝えたいなら個人店になど。時間をかけて自分に合ったクリーニング店を探していきましょう。