アイロン台でおすすめはどれ?人気商品を一挙大公開します!

アイロン台

アイロンがけって結構難しいですよね。アイロンがけが好きな人もいれば、苦手だという人もいるでしょう。しかし、アイロン台1つで苦手だったアイロンがけが得意になる人もいるんです。そこで、ここではおすすめのアイロン台とアイロン台の選び方について解説していきたいと思います。

アイロン台を選ぶ時のポイントとは

アイロン台なんてどれも一緒だと思っている人もいるかもしれませんが、実は種類が多くてどれを選んだら良いか分からない人もいると思います。そこで、アイロン台の選び方について解説していきたいと思います。

アイロン台には2種類のタイプがある!

卓上型アイロン台

座った姿勢で使うことができるのが卓上型アイロン台です。床に置いて使ったり、テーブルに置いて使うことができ、好きなところでアイロンがけをすることができます。昔ながらのアイロン台で収納場所にも困りません。脚があるタイプとないタイプがありますが、長時間アイロンがけをすとなると、多少キツイかもしれません。

スタンド型アイロン台

スタンド型アイロン台は高さがあり立ったまま、もしくは椅子に座った状態でアイロンがけをすることができます。高さを調節することができるものもあり、自分の楽な姿勢でアイロンがけをすることができるので長時間のアイロンがけも苦痛じゃありません。ただし、デメリットとしては収納場所に困るという点です。

アイロン台の形で選ぼう!

アイロン台は様々な形状のものがあります。ここでは2種類の代表的なアイロン台の形状を見ていきたいと思います。

舟型

昔ながらのアイロン台の形状は舟型です。先端が丸みを帯びており、長方形のような形になっています。この尖った部分を上手く使えば、シャツやスカートなどのアイロンがけもキレイにできます。どんな衣類でもアイロンがけ可能ですが、ワイシャツなどの服が丸みを帯びているものに関してはシワが寄りやすくなってしまうかもしれません。

人体型

アイロン台そのものが人の形をしている人体型のアイロン台はワイシャツやブラウスのアイロンがけにとっても最適です。襟や袖口もスムーズにアイロンがけすることができ、人に着せるようにしてアイロンがけを行うことができるので便利ですよ。

よくシャツ類にアイロンがけをするという人にはおすすめのアイロン台です。ただし、シーツやスカートなどは多少かけにくいかもしれません。

サイズで選ぼう

アイロン台は広ければ広い方がアイロンがけしやすいですが、面積が広いとそれだけ収納場所にも困ります。何をアイロンがけしたいのか、収納場所などよく考えて大きさを選ぶようにしましょう。また、スタンドタイプのアイロン台を購入する場合は自分の背丈にあったものを選ぶよにしましょう。

素材で選ぼう

アイロン台のカバーは布製とアルミコーティングのものがあり、それぞれにメリットとデメリットがあります。布製カバーは洗濯が可能ですが、熱伝導はあまり良くありません。一方、アルミコーティングのものは熱伝導は良いですが、洗うことができないというデメリットがあります。

仕上げ馬の有無で選ぼう

仕上げ馬とは小さなアイロン台みたいなもので、袖口などのアイロンがけがキレイにできます。最近のアイロン台には仕上げ馬が付いているものが多く、便利です。ワイシャツなどの袖口のアイロンがけが不得意な人はこれが付いているものを選ぶと良いかもしれませんね。

アイロン台でおすすめの商品を紹介!

アイロン台の選び方が分かったところでおすすめのアイロン台について一緒に見ていきましょう。

山崎実業 平型アイロン台ベーシック アルミコート

持ち運びに便利な平型のアイロン台は、収納場所にも困らないし好きなところでアイロンがけをすることができます。アイロンがけする量が少ない場合に向いており、アルミコーティングされているので熱伝導率も高いです。使いたい時にすぐ取り出せて、短時間でアイロンがけすることができるので、作業する場所を選びたくない人なんかにおすすめです。

山崎実業 舟型アイロン台ベーシック アルミコート

卓上型アイロン台で、アルミカバー天板となっています。舟型のアイロン台のためどんな衣類でもキレイに仕上げることができ、とってもコンパクトなので収納場所にも困りません。昔ながらのアイロン台で、この形に使い慣れている人も多く作業がしやすいという利点があります。

山崎実業 軽量人体型アイロン台 フック付き

天板がスチールメッシュ構造となっているため通気性がとても良いアイロン台です。ワイシャツやブラウスなどのアイロンがけにおすすめの人体型アイロン台でフックが付いているのでクローゼットにかけて収納することもできます。

カバーのバリエーションも豊富でレインボーや猫柄、きなりやアルミなど好きな物をチョイスすればアイロンがけのテンションも上がること間違いなしでしょう。

山崎実業 仕上げ馬付き スチームアイロン台

最近よく見かけるのが仕上げ馬付きのアイロン台ですが、このアイロン台の特徴は仕上げ馬が回転式になっているので作業中に邪魔になることがありません。また、天板は無数の通気孔が空いているため熱がこもりにくくなっています。

コンパクトサイズなので収納場所にも困らないし、アイロン台にしては珍しいカワイイ柄となっているのも素敵です。

斎藤アイロン 立体アイロン台

斎藤アイロンの立体アイロン台は人体型でワイシャツやブラウスのアイロンがけに非常に便利です。金額を見て「ちょっと高いな」と思った人もいるかもしれませんが、この商品の特徴は自然と衣服にフィットするカーブ構造となっており、アイロンがけの際シワになりにくく、スムーズに動かすことができる点です。

耐久性も高いので、お値段はそこそこしますが良いものを長く使いたいと思っている人にはおすすめですよ。

【SGマーク付き】アイロン台 アルミコート 小判型 軽量 コンパクト

座ってアイロンがけができる卓上タイプのアイロン台ですが、アイロン台では初めて品質の安全性を保障するSGマークが取得されているため、安全性を求める人にはオススメの商品です。

重さも1.5㎏と軽量で使いたい時にすぐ取り出すことができ、いつでもアイロンがけすることが可能です。

山崎実業 アイロン台 軽量ペアプレス

仕上げ馬が付いているアイロン台と言えば、アイロン台の上の方に付いているパターンばかりでしたが、これはアイロン台と仕上げ馬が一体になっているアイロン台です。仕上げ馬を使えば袖や襟をキレイに仕上げることができ、収納にも困りません。スライドフックが付いているのでクローゼットの中に吊り下げることもできます。

大栄産業 スタンドタイプ 仕上げ馬付きアイロン台

大栄産業のスタンドタイプのアイロン台は高さ調節が可能なので、自分の身長に合わせた高さでアイロンがけをすることができます。又、仕上げ馬も付いているので袖口や襟回りをキレイに仕上げることができ、アイロン台に何とハンガーフックも付いているんですよ。

アルミコーティングカバーでスチールメッシュ構造となっているため仕上がりもパリっとして満足できますよ。

山崎実業 アイロン台 スタンド式解決プレス

山崎実業のスタンド式解決プレスは卓上型としても使えることのでき便利なアイロン台です。15段階の高さ調節ができ、面積も十分にあるのでアイロンがけが上手くできます。卓上型にもスタンド型にもなるのでその時の気分や場所によってアイロンがけを楽しむこともできますよ。

【まとめ】自分の目的に合ったアイロン台を選ぼう!

以上、オススメのアイロン台について紹介してきましたがいかがだったでしょうか。アイロンがけってアイロン台一つで仕上がりが変わってくるなんて目から鱗ですよね。是非、本日紹介したアイロン台を参考にして自分にピッタリなアイロン台を選んで下さいね。