ワイシャツのクリーニングの値段は安い?料金相場や頻度、出し方

ワイシャツ

最もクリーニング頻度が高いと言っても過言でないアイテムといえば、ワイシャツですよね。ワイシャツだけは自宅で洗濯せず、絶対にクリーニングに出すと決めている方も多いでしょう。そのため、きっと需要も高いはずと思い今回はワイシャツクリーニングの相場や頻度、出し方についてまとめてみました。

ワイシャツのクリーニングは安い?

ワイシャツは数ある衣類の中で最もクリーニングが安いともいえるアイテムです。お店によって幅があるものの、おおよそ1枚あたり200円前後で仕上げてくれます。スーツが1000円前後することを考えると5分の1程度。ワイシャツ以上に料金の安い衣類を探す方が面倒ですよ。しかも、200円前後はあくまでも目安のひとつ。

中には1枚あたり100円を切るお店もあるようです。もはやコンビニのおにぎり1個分以下の値段でクリーニングが出来ようとは。他にも超激安店などが存在するようなので探してみるのもいいでしょう。ワイシャツはクリーニング頻度が高いだけに1枚の料金が少し違うだけでも、月額や年額にすれば大きくなりそうですね。

ワイシャツのクリーニングが安い理由

スーツやコートに比べて非常に安価なワイシャツのクリーニング。その理由をみなさんは考えたことがありますか。これは簡単なことで、クリーニング店の多くはワイシャツ専用のプレス機を持っているのです。専用のプレス機を使うことでクリーニングのプロでなくとも綺麗に仕上げることが出来るうえ、1枚にかかる時間は1分以下と言われています。

つまり、新人のアルバイトであろうと一定のクオリティとスピードで仕上げることが可能。クリーニングのプロと比べれば人件費が安いのは目に見えています。しかも、どんどん仕上げることが出来るのですから1枚あたりが安かろうと問題なし。

大量にクリーニングして儲けを出す仕組みなのでしょう。このような理由からワイシャツのクリーニングは安価。おそらく需要が高いことから誕生した仕組みだと思われます。人によってはワイシャツとスーツ以外は衣類をほとんど持っていなかったりしますからね。

手仕上げだとやや高め

ワイシャツを1点ずつハンドアイロンで手仕上げをしてもらう場合は料金が少し高めになります。これは手間がかかるため仕方ないですね。1枚あたり300~400円前後かかると思っておきましょう。後はクリーニング店のこだわりに左右されたりしますね。もちろん、プレス機と手仕上げでは仕上がりに差が出るでしょう。ただ、必ずしも手作業の方が高クオリティとも限りませんし、値段との折り合いで考えるのが良いと思いますよ。

料金だけで決めるのはよくない?

料金が安いからとクリーニング店を決めるのが絶対に悪いとは言いません。ただ、あまりに安いクリーニング店だとクオリティに満足できないこともあります。たとえば、プレス具合がイマイチだったり、汚れが残っていたり。

いくら安くてもそれではクリーニングに出す意味がありませんので、もし仕上がりに満足できないようならお店を変えた方がいいでしょう。まず最安値のお店を使ってみて、自分に合わなそうなら徐々に高い場所に変えていくなんて方法もいいかもしれませんね。いくつかのお店を使ってみてください。

ワイシャツによって使い分けるのもあり

ワイシャツと一口に言っても普段使いのビジネスシャツから、特別な日に着る少し高級なシャツまで様々ですよね。そこで、ワイシャツによってクリーニング店を使い分けてみてはどうでしょうか。たとえば、普段使いのワイシャツならそこまでクオリティを重視しませんよね。そこで、普段使いのものは料金の安いところへ。

対して高級なワイシャツは少しグレードの高いクリーニング店にお願いする。高級なワイシャツの場合、生地にあったクリーニング方法でないと生地を傷めてしまうこともありますからね。一般的なワイシャツと同じ方法だと負荷が大きすぎる恐れもあります。衣類の品質によってクリーニング店を使い分ける。そうやって賢く利用している方は少なくないようですよ。ぜひ皆さんも実践してみてください。

ワイシャツのクリーニング頻度

ワイシャツのクリーニング相場が分かったところで、次はクリーニングの頻度について見ていきましょう。何回着たらクリーニングか迷っている方は参考にしてみてください。

基本は1回着たらクリーニング

ワイシャツのクリーニング頻度は人それぞれのようですが、出来ることなら1回着たらクリーニングに出したいところです。というのも、ワイシャツは肌に直接触れる、いわゆる下着のような存在です。そのため、襟物や腋、首元などが汗で汚れやすいんですよね。実際に着用後のワイシャツとクリーニング後のワイシャツを比較すれば、すぐに分かると思います。

つまり、ワイシャツを週5の頻度で着用する場合は、最低でも5着持っておきたいところ。週末に5枚のクリーニングをお願いすれば毎日のワイシャツに困ることはありません。ただ、頻度については自分の価値観に依存する部分も大きいです。ワイシャツのクリーニングはシーズンで1回なんて方もいるくらいですからね。あくまで基本は1回で1クリーニングと覚えておきましょう。

夏場は毎回クリーニングしたいところ

ワイシャツの汚れ具合は夏場と冬場で大きく異なります。これは誰でもイメージできるところですね。夏場は暑さから大量の汗をかきますので、肌への密着率が高いワイシャツは当然ながら汗で汚れます。特に外回りが多いサラリーマンの方なんかは、1日走り回って汗でべとべと。当然ながらワイシャツの汚れは酷いことになります。おそらく汚れだけでなく臭いも気になってくるでしょう。

これに対して冬場は汗をかく量が少なく、夏場に比べればワイシャツの汚れは少なめ。夏場のように酷い臭いになることも少ないでしょう。ただ、冬場でも外回りの多い方だと汚れはそれなりかもしれませんね。要は夏場のように汗を大量にかく時期は毎回のクリーニングがほぼ必須となるでしょう。逆に冬場など汚れの少ないシーズンは2回に1回程度でもいいのかもしれません。

特にデスクワークが中心の方はそうそう大きな汚れはつきませんからね。後は自分の気持ちと業種によるかと。シワがあったり汚れたワイシャツで気持ち悪いと思えば、気持ちよく仕事をするために毎回クリーニングに出した方がいいでしょう。また、営業職の方はワイシャツにシワがあっては相手に失礼となることもあります。

頻繁に出すとワイシャツが痛むことも

当然と言えば当然ですがクリーニングに出す回数が多ければ、それだけワイシャツは痛みやすくなります。そのため、もし長く同じワイシャツを着たいと思うのなら、クリーニングの頻度を少し抑えて自宅でケアするのが理想です。ただ、ワイシャツは1枚あたりの値段がそう高いものではありませんし、消耗品として使っている方も珍しくありません。

自宅でケアするとなると、アイロンがけが面倒であったり、クリーニングほど上手く仕上がらなかったりしますしね。しかも自宅でのアイロンや洗濯は予想以上に時間がかかるもの。仕事の忙しい方などにはおすすめできません。高級なワイシャツなら話は別ですが、普段使いのビジネスシャツに大きな手間をかけることもないでしょう。

ただ、ワイシャツのクリーニング代も毎回だと馬鹿になりませんので、もし時間と料金を天秤にかけて料金の方に傾くようなら、自宅でケアを行いつつクリーニングを利用するのもありでしょう。

ワイシャツの出し方

ワイシャツは他の衣類と同じくクリーニング店に持ち込んでお願いすれば大丈夫ですよ。と、これで終わりでは味気ないので、いくつか出す際にチェックしたいポイントを見ていきましょう。まず、ワイシャツが水洗い可能なものか、そしてアイロンがけ出来るものか確認しておきましょう。

もし水洗い不可などの表記があれば、クリーニング店でそれを伝えてみてください。お店によっては的確な方法で対処してくれます。また、汚れがついた部分も伝えるようにしてくださいね。特に汚れやすい襟やそで口などは放置してしまうと、いつまでも汚れが落ちないこともあります。きちんと伝えておけば汚れに対処してくれるはず。

ただ、場合によっては追加料金が発生するので注意しましょう。後、ポケットに物が入っていないか確認しておいてくださいね。もちろん、クリーニング店でも確認してくれるはずですが、このあたりはマナーの問題。取れかかったボタンなども付け直しておくといいですよ。

ワイシャツがクリーニングから返ってきたら

クリーニングから返ってきたワイシャツはビニール袋に包まれた状態ですよね。これをそのまま放置しておくと、通気性の悪さからカビや臭いが発生することが。酷いときは衣類が変色することもあります。そうならないよう、返ってきたら必ずビニールを外して、通気性を良くしてから保管するようにしてください。

もし長期保管するのなら不織布の袋に入れておくといいですよ。また、返ってきたら早めに仕上がりを確認するのも忘れずに。気になっていた汚れが落ちているか、ボタンはとれていないか、大きな痛みはないかなど。そして気になる部分があるようならクリーニング店に相談してみてください。お店によっては再クリーニングを無料で行ってくれるのでお願いするのもいいでしょう。

まとめ

ワイシャツのクリーニングについては以上のようになります。簡単にまとめると、クリーニング料金は1枚あたり200円前後、頻度は基本的に1回着たらクリーニングといった感じです。ワイシャツはスーツと違って肌へ常に接触している衣類ですからね。汚れやすいのは仕方ありません。

汚れていたり、シワの多いワイシャツは人を不快にさせることもあるので、多くの人と接しながら仕事をする方はクリーニングを怠らないようにしましょう。ワイシャツは単価が安めなので毎回でも月額1万円以下で抑えられると思います。