浴衣のクリーニング料金の相場やかかる日数!頻度や出し方のポイント

浴衣の女性

みなさんは浴衣のクリーニングってどうしてますか。ちょっと特殊なアイテムだけに、クリーニングに出していいものか、そして出すとしても料金や頻度はどのくらいなのか分からないことが多いですよね。そこで今回は浴衣のクリーニングについて、相場やかかる日数、頻度など様々なポイントをまとめてみました。

浴衣をクリーニングに出す

浴衣は他の衣類と同様、自宅で洗濯することも可能です。ただ、ご存知の通り少し特殊な形状をした衣類ですので、Tシャツのような単純さはなく、干し方や畳み方などが難しいです。そのため、慣れていない方だと手間がかかりますし、何よりも浴衣を痛めてしまう恐れがあります。ですので、大切な浴衣はクリーニングに出した方がいいかと。料金こそかかるものの、クリーニング店は適切な方法で浴衣を洗濯してくれますからね。

浴衣のクリーニング料金の相場

まずは気になる料金の相場から見ていきましょう。浴衣のクリーニング料金は安いところで900円程度、高いところで2700円程度と言われているので、平均は2000円前後といったところでしょうか。かなり大雑把ではありますが、ひとつの目安になるとは思います。

和装専門のクリーニング店の場合はもう少し高めの4500円前後かかることも多い模様。専門店は浴衣に対する知識量や技術が一般的なお店より高いので仕方ないですね。ちなみに、このような値段の差が出る理由は洗い方などが違うから。たとえば、複数の浴衣を一気に機械で仕上げるお店は比較的低価格になっています。

対して、一点一点を手作業で仕上げるようなお店はどうしても料金が高めになってしまうでしょう。手作業と機械作業ではかかる時間に雲泥の差があります。ただ、必ずしも手作業の方が高クオリティとは限らないので注意してください。安くても高クオリティ、逆に高くてもクオリティの低いお店は残念ながら存在します。

追加料金が発生することもある

上記で紹介した料金はあくまでも基本料金であり、浴衣の形状によっては追加料金が発生することもあります。浴衣は他の衣類とは違ったクリーニング方法がとられることも多いため、お店によっては内金として一定額を受け取り、不足分があれば追加料金を、逆に差額が生じれば返金対応というシステムを採用しています。要は他の衣類に比べて料金の変動がわりと多いわけです。また、子ども用の浴衣だと料金が変わったりもしますので、そのあたりも合わせて確認しておきましょう。

浴衣のクリーニングにかかる日数

浴衣のクリーニングにかかる日数は通常のクリーニング店で一週間前後と言われています。ドライクリーニングであれば3日前後で仕上がることも多いですが、浴衣は水洗いになることからドライよりも時間がかかりがちですね。和装専門のクリーニング店だと通常のクリーニング店よりさらに長く、おおむね2週間以上はかかるよう。お店によっては1か月程度かかることもあるみたいですね。

そのため、専門店などにお願いしようと考えるなら早めに出しておくのが吉ですよ。特に浴衣のシーズンなんかは混み合うことから通常よりも長い期間を要する可能性もあります。彼氏とのデートで着て行く予定の浴衣のクリーニングが間に合わず、結局普段着で行くはめになってしまった、なんてトラブルは考えたくもないですしね。

ここで紹介した日数より少し長めに見積もり、余裕をもってクリーニングをお願いしましょう。ただ、お店によっては早めの仕上げに対応してくれることもあるかもしれません。このあたりは実際に相談してみないと分からないですね。

浴衣のクリーニング頻度

浴衣を必ずしも毎回クリーニングする必要はありません。そもそも、衣類は着た時間に応じて汚れが酷くなるわけでもないです。要は浴衣を1日中着ていても気温が穏やかで汗をかく量が少なく埃っぽい場所に行かなければ汚れは少なめ。逆に暑い日で大量の汗をかいたり埃っぽい場所にいれば汚れは酷くなってきます。

この場合、前者ならクリーニングせずとも平気かもしれません。しかし、後者の場合はクリーニングをした方が無難でしょう。汗を大量に吸い込むと臭いも気になってきますしね。先ほど言ったように仕上がりまでに1週間程度はかかるので、次の予定に間に合うよう早めに出しておきましょう。汗の量が少ないと思えばハンガーにかけて陰干しをしておいてください。

シーズン終了にはクリーニング

いくら汚れがなくとも、シーズン終了時にはクリーニングしておくことをおすすめします。というのも、クリーニングせずに長期保存してしまうと、カビや汗ジミが発生することがあるのです。そうなってしまうと、せっかくの浴衣も台無しになってしまいますので、もう今シーズンは着ないと思えばクリーニングに出したから保管するようにしてください。もしクローゼットの容量が心配なら保管サービスを利用するのもいいと思います。

浴衣を出す際のポイント

浴衣をクリーニングに出す際は、まず水洗いをしてくれるか確認しておきましょう。浴衣の汚れの多くは汗であり、汗の汚れは水溶性なことからドライクリーニングでは上手く落とせません。また、帯のクリーニングについても考えておきましょう。帯にまで汗が染みることは滅多にないため基本的にはクリーニングに出さずとも大丈夫ですが、やはり埃は付着しますし、シーズン終了時はクリーニングをしておかないとトラブルに繋がることもあります。

夜店などで買った食べ物をこぼした時なんかもクリーニングした方がいいですね。浴衣は本体だけでなく帯のことも意識してください。後は汚れの酷い部分があればきちんと伝えたり、色落ちの心配はないか確認しておくのも大切です。浴衣は色落ちしやすいアイテムですので、トラブルにならないよう、どんな洗い方をしているか確認したいところです。

まとめ

浴衣のクリーニングについてはいかがでしたか。ワイシャツやスーツなどと違って浴衣は着る人が限られるうえ、着用頻度が高くない衣類です。そのため、他の衣類に比べて情報のまとめが少なめですね。浴衣を毎年欠かさず着るという方は本記事を参考に頻度やクリーニング店を決めてみてください。そして、シーズンの終わりには必ずクリーニングして大切な浴衣を長持ちさせましょう。