オキシ漬けって何?!話題のオキシ漬けで部屋の中を大掃除しよう!

オキシ漬け

少し前から話題になっているオキシ漬けという言葉、一度は耳にしたことがある人も多いと思います。そんなオキシ漬け、一度やったらもう止められない!という人が多いんですよ。これからの季節、大掃除にも便利ですよね。

そこで、ここではオキシ漬けの基本的なやり方から注意点まで細かく解説していきたいと思います。興味のある人は必見です!

オキシ漬けってそもそも何?

オキシ漬けとはオキシクリーンという洗剤を使ってつけ置き洗いすることです。一昔前まではコストコでしか売られていなかった洗剤ですが、最近ではネット通販を始め、ホームセンターやドラッグストアでも簡単に手に入るようになりましたよね。

このオキシクリーン、もともとはアメリカで販売されている漂白剤入りの洗剤なんですが、酵素の力を使って汚れを分解していくので環境に優しく人にも優しい洗剤なんです。

本来は洗濯用洗剤として使われていたオキシクリーンですが、汚れ落ちが抜群のため洗濯だけに留まらず、掃除にも活用されるようになり、オキシクリーンを使ったつけ置き洗いのことをオキシ漬けというようになったんです。

水にオキシクリーンを溶かしてつけ置きするだけといういたってシンプルなやり方なんでオキシクリーンさえあればいつでも始めることができますよ。

オキシ漬けでどんな汚れを落とすことができるのか?

では、オキシ漬けでどんな汚れが落ちるのかというと

・油汚れ
・雑菌によるヌルヌルした汚れ
・黄ばみや黒ずみ

などがオキシ漬けで落ちると言われています。オキシクリーンはキッチンのコンロ周りにあるような油汚れにはとっても最適で、ガンコな汚れもキレイに分解して汚れを落としていきますよ。

また、オキシクリーンは除菌効果もあるので排水口周りのヌルヌルした汚れもピカピカにしてくれます。そして、漂白剤の効果があるので茶渋やタイルの黒ずみなんかもしっかり酵素の力で落とすことができるんですよ。

さっそくオキシ漬けをやってみよう!

それでは、オキシ漬けのやり方について解説していきたいと思います。

基本のオキシ漬けのやり方とは?

オキシ漬けとはお湯にオキシクリーンを溶かしてつけ置き洗いするだけです。ただし、ポイントがるので要チェックですよ!

オキシ漬けのやり方

①シンクの排水口に栓をします。栓がない場合は水を入れて口をしばったビニール袋を排水口に入れるだけで栓ができてしまいます。また、それでも水が漏れていくのが不安な場合、上からビニール袋やラップをかけて補強しましょう。

②40~50度のお湯を溜めます。洗いたいものが浸るくらいの深さまで溜めたらOKです。

③お湯が溜まったらオキシクリーンを溶かしていきます。お湯4リットルに対してスプーン1杯が目安なので最初は少なめに入れるようにしましょう。少し時間を置くともこもこ泡立ってきます。

④つけ置きしたいものを入れて放置しましょう。時間は約1~2時間程度です。ひどく汚れているものは長めにつけ置きしましょう。

⑤放置したら栓を抜いて液を流します。軽くスポンジでこすって水ですすいだら完了です。つけ置きしていたものはもちろん、シンクもピカピカになりますよ。

オキシ漬けで家の中をキレイにしよう!

それでは基本的なオキシ漬けの方法が分かったところで今度は目的別にオキシ漬けの方法を紹介していきたいと思います。

①キッチンの汚れを落とそう

キッチンは油汚れや雑菌や生ごみ、シンクに残る食材のカス、蛇口周りにつく汚れなどが気になりますよね。そこでオキシ漬けをやってみましょう。

シンクを使ったオキシ漬けの方法は上記で基本のやり方で説明した方法と全く一緒です。栓をしてお湯を入れ、オキシクリーンを溶かしたら茶渋のついたコップやフライパンなどをまとめて入れましょう。

大きな鍋を使ってオキシ漬けすることもできます。お水を入れて一度沸騰させたお湯の中にオキシクリーンを入れて冷めるまで放置するというのもOKです。鍋の大きさにもよりますが、オキシクリーンの量はスプーン1杯程度で十分ですよ。

②お風呂の汚れを落とそう

よくインスタで見かけるのがオキシ漬けでお風呂掃除をしている写真でははいでしょうか。浴槽って洗剤や皮脂汚れが付いていたり、雑菌が繁殖してヌルヌルしていたりしますよね。また、シャワーヘッドが黒ずんでいたり、イスがヌルヌルしていたり、子供のおもちゃが汚れていたり、浴室って結構汚いです。

そこで、まずは浴槽を使ってオキシ漬けをしましょう。使う水は残り湯を使って下さい。残り湯を半分まで減らしたところでオキシクリーンを5~10杯入れましょう。泡立ってきたところでオキシ液の完成です。

その中に椅子や洗面器、お風呂の蓋やシャワーヘッド、子供おもちゃ、なんでも入れてしまいましょう。数時間放置して取り出したら、軽くこすって洗えばピカピカになるはずです。残り湯を使う場合、一晩放置して翌朝取り出しても良いでしょう。

次に、黒ずみの気になる床を掃除する場合はキッチンのシンク同様ビニール袋を使って栓をしたらお湯を出し、オキシクリーンを入れてオキシ液を作りましょう。床がまんべんなく液に浸ったら放置して、すすいで下さい。その後、ブラシを使って軽くこするだけでキレイな床が蘇りますよ。

③シミのある服の汚れを落とそう

食べこぼしや泥汚れ、けがした時に血が付いてしまった…などなど衣服にガンコなシミを作ってしまった場合、オキシ漬けが有効です。洗面器にオキシ液を作って1時間ほどオキシ漬けをしましょう。

その後、普通に洗濯機で洗濯すればキレイにシミが取れます。食べこぼしの油性のシミや水溶性のシミ、皮脂汚れや体液の汚れなど全てキレイにしてくれますよ。

④靴の汚れを落とそう

子供が持ち帰る上靴って結構汚いですよね。また、普段履いているスニーカーもかなり泥が付いていると思います。そんな時におすすめなのがオキシ漬けです。バケツ1杯にオキシ液を作って靴を浸し、数時間放置しましょう。

その後、オキシ液から取り出し、軽くすすいだ後普通通り洗うだけで汚れがキレイに取れます。ゴシゴシこすらなくてもキレイに汚れが落ちるので繊維も傷めず、上靴なんか真っ白になりますよ。

オキシ漬けのポイントとは?

上記では目的別のオキシ漬けの方法について紹介してきましたが、オキシ漬けを失敗させないためにはコツがあります!そのコツは以下の通りです。

必ずお湯を使おう

オキシクリーンは水にはなかなか溶けません。お湯を使うのが鉄則です。温度は40~60度くらいが良いと言われています。なぜなら、酵素の効果が効果的に出るからです。ちょっと熱いと思うくらいのお湯を使うようにしましょう。

また浴槽などオキシ液の量が多い場合、あらかじめバケツにお湯を入れてオキシクリーンを溶かしておき、それを浴槽に入れてお水で溶かすというパターンもあります。残り湯が冷めてしまってなかなかオキシクリーンが溶けそうにない時は是非、この方法を試して下さい。

栓をしっかりしよう!

オキシ漬けをする際に栓をしっかりしていなかったら、気が付いたらオキシ液が無くなっていた…ってことになってしまいます。これではオキシ漬けはできません。そこで、必ず栓をしてオキシ液が漏れ出てないかチェックするようにしましょう。

手が荒れないようにゴム手袋をしよう

オキシクリーンはアルカリ性質があり、ガンコな汚れを落としてくれるため素手で扱ってしまうと手の油分も一緒に分解されていきます。そこで、掃除をする時は必ずゴム手袋をするようにして下さい。

つけ置き時間を守ろう

オキシクリーンはどんなガンコな汚れもだいたい1~2時間、つけ置きしておけばキレイになると言われています。長くつけ置きすればするほど良いと思うかもしれませんが、その分素材への負担も大きくなってきてしまいます。

そこで、初めてオキシ漬けをする時は短時間でチャレンジしてみましょう。だいたい6時間で酵素の泡が出てしまうとも言われており、最大でも一晩と考えて時間を置くようにして下さいね。

【まとめ】オキシ漬けで年末の大掃除をやっつけてしまおう!

以上、オキシ漬けの方法やオキシ漬けをする時のポイントについて解説してきました。オキシ漬けってつけ置きしている間は何もしなくて良いし、いつの間にか掃除が終わっててとっても便利ですよね。しかも環境に優しいなんて最高ですよね。是非、おお掃除をする際にチャレンジしてみて下さいね。