油の捨て方ってどうしたら良いの?使用した油を保存する方法や油の劣化の目安とは?

油捨て方

天ぷらや唐揚げなど揚げ物をした後、油を処理しますよね。その時、どんな風に油を捨てていますか。油を捨てる方法っていくつもありますよね。そこで、ここでは正しい油の捨て方はもちろん、使用した油の保存方法などについて解説していきたいと思います。油の処理方法に迷ったら是非、チェックして下さいね。

油の正しい捨て方

それでは正しい油の捨て方についてまずは見ていきましょう。

①凝固剤を使って捨てる

固めるテンプルという商品を目にしたことがある人はとても多いと思います。「固めてポン!(とゴミ箱に捨てる)」はテレビCMでもお馴染みですよね。これは、油が冷めた後に凝固剤を入れて使用した油を固めてしまう方法です。

処理の仕方は各自治体によって違うので、しっかり確かめてから捨てるようにしましょう。凝固剤を入れた後に再加熱する必要があるのですが、火事を防ぐために加熱したまま火から目を離すのは止めて下さいね。

②牛乳パックを使って捨てる

牛乳パックを使って油を処理する方法は結構有名ですよね。まず、牛乳パックの中に新聞紙やキッチンペーパーを詰めます。その後、冷めた油をそのまま投入していくだけです。ただし、夏場は自然発火するおそれがあるので油を入れたら水を染み込ませるようにして下さい。

また、油を入れた牛乳パックはパックの口をガムテープで密閉して自治体のルールに従って捨てるようにしましょう。油を捨てる量が多い時はこの方法がおすすめです。

③吸わせるタイプのパッドを使って捨てる

凝固剤を使うほどではないけど、油を捨てたいなっていう時におすすめの方法が油を吸わせるタイプのパッドを使う方法です。天然パルプでできたパッドを油に浸し、染み込ませて燃えるゴミとして出します。

パッドタイプは、冷めた油にもOKで再加熱する必要がありません。ただし、量が多い時はパッド1つじゃ足りないので少量の油を処理したい時におすすめですよ。燃えるゴミとして捨てられるのはとても便利ですよね。

④ビニール袋を使って捨てる

スーパーのレジ袋などを使って油を捨てる子の方法は基本的には牛乳パックで油を捨てる方法とほとんど同じです。ビニール袋の中にキッチンペーパーや新聞紙を入れ、冷ました油を染み込ませていきます。それから自然発火を防ぐために水を染み込ませておきましょう。

終わったら、口を輪ゴムかガムテープで密閉して各自治体の処理方法で処分して下さい。

⑤びんやペットボトルを使って捨てる

資源ごみとして使用した油を捨てたい場合、不要になったペットボトルやびんに油を入れて自治体に回収してもらいましょう。この油は未使用でもそうじゃなくてもOKです。食用油は様々な活用方法があるのでいろんなところでリサイクルされます。

各自治体によって捨て方が違うので必ず確認しておきましょう。また、自治体によっては回収してくれる油の種類が決まっているところもあるので事前確認が必要ですよ。

⑥小麦粉や片栗粉を使って捨てる

もし、ご家庭に賞味期限切れの片栗粉や小麦粉が眠っていたら取っておいて下さい。凝固剤の代わりに小麦粉や片栗粉を使って油を固めて捨てることができますよ。油が冷める前に油と同じ量の小麦粉、もしくは片栗粉を入れると自然と油が固まります。

固まったらビニール袋に入れて捨てるだけです。ただし、大量の小麦粉を使うことになるので、もし大量に賞味期限切れの小麦粉や片栗粉がある場合だけやった方が良いでしょう。

大量の油を処分するには?

揚げ物をする程度の油の量であれば今まで紹介した方法で処理すれば良いですが、もし500㎖以上の油を処分する場合はどうしたら良いでしょうか。

自治体に回収してもらう

大量の油の処分に困ったらまずは自治体に問い合わせてみましょう。油はリサイクルすることができるので、油の回収を無料で行っている地域もあります。ただし、家庭から出る油のみが対象となっているので注意して下さい。

業者に回収してもらう

食用油は、多くの業者がリサイクルするために回収しております。資源として回収することができるので、無料で行っている業者もありますよ。大量に油がある場合は業者にお願いするのも良いでしょう。

油の正しい保存方法とは?

油を大量に使った時、一回で油を捨てるのはもったいないですよね。そこで、何回か油を使う場合、一時的に保存する必要があります。しかし、間違った方法で油を保存してしまうと酸化のスピードを上げてしまうことになるので良くありません。そこで、正しい油の保存方法について解説したいと思います。

準備するもの

・網じゃくし
・油こし器
・キッチンペーパー 1枚
・保存容器

保存方法の手順

保存方法の手順

①油を十分に冷ました後、網じゃくしを使って揚げ物のカスを取り除きましょう。

②次にこし器を使って油をおしていきます。この時、こし器の上にキッチンペーパーを置いてこしていくと網じゃくしで取れなかった揚げ物のカスもしっかり取ることができますよ。この時、あまりにも冷ましすぎていると粘り気が出てしまい、こしにくくなってしまうのである程度冷ましたら行うようにして下さい。

③こし器でこした油を密閉できる保存容器に入れ、冷暗所にて保存します。

以上が、正しい油の保存方法です。

油の劣化の目安の見分け方とは?

同じ油を何度も使う場合、どれだけその油が使えるかどうか気になりますよね。どんな風になったら、酸化しているかというと

・色が濃くなる
・変なニオイがする
・180度前後で煙が出てくる
・揚げ物に使うと泡立ちが消えにくい
・粘りが強くなる

などなどです。これらの特徴が出てくると油が酸化して状態が悪くなっているので、早めに処分しましょう。

油はせっけんやアロマキャンドルにリサイクルできる

油は資源のためリサイクルすることができると言いましたよね。捨て方としては、資源ごみとして回収してもらうことができますが、自作でアロマキャンドルやせっけんを作ることができます。とくに、キャンドル作りはとっても簡単で凝固剤とタコ糸を使って好きなアロマオイルを足してオリジナルのキャンドルを作ることができますよ。

また、キャンドルに比べると少しハードルは上がりますが、せっけんを手作りで作る事も可能です。是非、チャレンジしてみて下さいね。

自然発火を防ぐためにはどうすべき?

揚げ物をした後の油の処理で怖いのは自然発火ですよね。自然発火を防ぐためには、以下の点に気を付けて下さい。

・油はしっかり冷めてから移す
・凝固剤で固めた油は完全に冷めたかどうか、確認してゴミ箱に捨てましょう
・牛乳パックやビニール袋に入れて捨てる時は水と一緒に入れましょう
・油が空気に触れないようにしっかり密閉してから捨てましょう

自然発火は油が空気に触れて酸化することで起こります。油の温度と空気に注意をすれば自然発火を防ぐことは可能です。是非、上記の点に気を付けましょう。

【まとめ】油は正しい方法で捨てよう!

以上、油の正しい捨て方や正しい保存方法について解説してきました。いかがだったでしょうか。一番簡単で安全な方法は凝固剤を使って固める方法ですが、凝固剤もただではないので購入する必要があります。

できるだけお金をかけたくないのであれば、牛乳パックやビニール袋を使った方法がおすすめです。ただし、自然発火しないようにしっかり油を冷ましてから行うことと、封をしっかり密閉することだけは忘れないようにして下さいね。

家事代行比較