スリッパは洗濯できる?洗濯機で洗える?手入れの方法や頻度

白スリッパ

スリッパは、洗濯の盲点だともいえるでしょう。スリッパは、予想以上に汚れていることが多く、知らない間にかなりの汚れが溜まっているかもしれません。スリッパを汚れたまま利用するのはとても不衛生で、さらに来客用のスリッパが汚れてしまっていると失礼になってしまいます。このようなことからも、スリッパをしっかりと綺麗にしておきたいところではないでしょうか。

スリッパは洗濯できるのか

まずスリッパの汚れを落とす前に気になるが、スリッパは洗濯することができるのかというポイントではないでしょうか。スリッパは、意外に汚れやすいアイテムになっていて、足が直接、触れるものになりますので、足の皮脂汚れ、さらに、床の散らばっているホコリなどが付着してしまうこともよくあります。

このようなことから、様々なものが混合した汚れがついているということが考えられます。目には見えないことが多いですが、かなり汚れている場合もありますので、しっかりと掃除しておきたいところです。

そして、スリッパの洗濯なのですが、注意事項さえ守れば、洗濯することはできます。スリッパの洗濯を考えるなら、洗濯表示を確認して、手洗いなのか、洗濯機で洗えるのかを確認しましょう。基本的にスリッパは洗うことができますが、中には洗えない素材で作られたスリッパもあるかもしれません。

洗濯機でスリッパを洗う

スリッパが洗えることを確認したら、今度は洗濯機でスリッパを洗う方法を見ていきましょう。洗濯機で洗えるスリッパならば、おしゃれ着のように必要以上に工夫する必要はありません。洗濯ネットに入れて、そのまま標準コースで洗うことができてしまいますので、簡単に綺麗にすることができます。

また、手洗いが必要なスリッパであっても、手洗いコースなどを利用することによって、洗濯機で洗濯できる場合があります。洗濯機でスリッパを洗う場合は、脱水の後に、形を整えることが重要です。

しっかりと形を整えなければ、型崩れした状態で固定されてしまう可能性がありますので、注意しましょう。スリッパの乾燥は、風通しの良い場所に干しておくと、しっかりと乾いてくれます。洗濯機でスリッパを洗う際に、他のものと一緒に洗えるのか気になるところですが、スリッパは上で説明したように、予想以上に汚れている可能性のあるアイテムになります。

そのため、その他のアイテムと一緒に洗ってしまうと、汚れが移ってしまう可能性があるのです。これを考えると、スリッパを洗濯する際には、スリッパだけで洗うのがよいといえるでしょう。

スリッパを手洗いで洗う

スリッパの素材によっては、洗濯機で洗えないかもしれません。このような場合には、手洗いをすることになりますが、その手順を確認してみましょう。スリッパを洗う場合には、洗面所を利用するとよいでしょう。

洗面台に水を貯めて、洗剤を溶かしていきます。洗剤については、普段使っているもので十分です。スリッパを手洗いする場合は、つけ置き洗いがおすすめで、予想以上に汚れているものなので、つけ置きをして、しっかりと汚れを落としてあげましょう。

つけ置きが終わったら、今度は押し洗いで綺麗にしていきます。型崩れに注意しながら、汚れを押し出すようにして洗っていきます。あまり力を入れて過ぎてしまうと、型崩れしてしまいますので、力加減に注意してください。また、同様の方法ですすぎをして洗剤を落としていきます。

脱水については、洗濯機の脱水を利用し、大体1分程度も脱水すれば十分だといえるでしょう。あまり時間をかけてしまうと、型崩れなどの原因になってしまいますので、こちらも注意したいところです。乾燥は、洗濯機で洗った場合と同様に、風通しの良い場所に干すとよいでしょう。

スリッパを洗濯する頻度

スリッパは予想以上に汚れていることがわかりました。そして、気になるのがスリッパの洗濯頻度です。スリッパを洗濯する頻度は、およそ1か月程度だといわれています。使用頻度としては、毎日使っているものになりますので、それよりも使う頻度が少ない場合には、年に数回程度で十分だといえるでしょう。

短い期間に何度も洗濯するものではありませんが、しっかりと綺麗にしておきたいものではあるので、忘れないようにスリッパを洗濯する癖をつけるとよいです。しかし、洗濯のし過ぎには注意が必要で、一度型崩れを起こしてしまうと、使い物ならなくなってしまうのがスリッパです。そのため、洗濯することも重要なのですが、洗濯のし過ぎにも注意が必要なのです。

このようなものがスリッパを洗濯する方法になりますので、今まで洗濯をしていなかったという人は、ぜひ洗濯してみるとよいでしょう。床に皮脂汚れがつかないためにスリッパを使っている人もいるかと思われますが、スリッパの内部が汚れてしまっている場合には、それも意味がなくなってしまうのです。汗をかきやすい人のスリッパは、想像以上に汚れているはずです。