ノートパソコンの掃除方法は?手入れの仕方や道具をチェック

ノートパソコンは、使っていると、どんどん汚れがついてしまいますが、精密機器になりますので、掃除の際に躊躇してしまうのではないでしょうか。今回は、そんなノートパソコンの掃除方法について紹介していきますので、ぜひご覧になってみてください。

ノートパソコンの掃除は分解が必要か

ノートパソコンの掃除をする際に気になるのが、分解する必要があるのかという部分ではないでしょうか。ノートパソコンを分解するのには、ある程度の知識が必要になってきて、無理やり分解しようとすると、パーツが壊れてしまう可能性があります。

ノートパソコンは、普通にパソコンとは違い、コンパクトに部品がおさめられていますので、手元が狂ってしまうと、簡単に部品が破損してしまうのです。このようなことからも、できることなら分解したくないところではないでしょうか。

ノートパソコンを分解せずに掃除をすることができるのかを確認してみると、どこまで掃除するかによって違ってくるでしょう。内部の汚れやほこりを除去したいのならば、分解する必要がありますし、あくまでも表面の汚れを落としたいだけならば、分解する必要はありません。 

ノートパソコンは、常にキーボードを触っているので、予想以上に表面が汚れています。そのため、表面部分のみを綺麗にするだけでも、かなり清潔だといえるでしょう。

また、ノートパソコンを掃除するのならば、分解するしないにかかわらずに、しっかりと電源を落としておきたいところです。また、万が一という事も考えられますので、大切なデータはしっかりと別の場所に移しておくことも重要になってきます。

ノートパソコンの表面を掃除する

ノートパソコンの表面部分のみを掃除するのならば、それほど専門店なアイテムも必要ありません。ノートパソコンの汚れについて確認してみると、ホコリやゴミが多くなっています。これらについては、掃除機を利用することによって、効率的に除去することができるでしょう。

ノズルタイプの細いものを使うことによって、吸引力を高め、しっかりとノートパソコンについたほこりを除去することができるはずです。掃除機を利用しても、ノートパソコンのキーボードの隙間に溜まっているような汚れは、なかなか落とすことができません。

このような場所については小さめのブラシを利用して、かきだしたところを掃除機で吸っていくとよいでしょう。これによって、キーボードの隙間の汚れもしっかりと落とすことができるはずです。

また、パソコンの表面を掃除する時には、水拭きしないように注意しましょう。ノートパソコンは精密機器になりますので、水分によってダメージを受けてしまうことがあります。水分を使わずに、綺麗にするのが無難だといえます。

排気口を入念に掃除

ノートパソコンを掃除していると、排気口があることがわかります。これは、ノートパソコンの冷却に必要な部分になりますので、とても重要な機能です。

パソコンにあまりにも熱がとどまってしまうと、故障の原因になります。そして、排気口が詰まっているというのも、冷却を妨げる原因になりますので、しっかりと排気口を掃除するようにしましょう。排気口がしっかりと綺麗になっていれば、ノートパソコンにとっては、メリットの大きいことです。

また、排気口の掃除については、エアダスターというアイテムがあれば、よりしっかりと掃除をすることができます。エアダスターは市販されていますので、ノートパソコンの掃除を入念に行うつもりならば、用意しておくとよいでしょう。

どうしても乾拭きで落とせない場合

ノートパソコンを掃除していると、乾拭きでは落とせない汚れがあるかもしれません。しかし、ノートパソコンは精密機械なので、水分は厳禁になっています。このような場合には、かたく絞った布などを利用して、なるべく水分がパソコンに付着しないようなかたちで掃除をしていくとよいでしょう。

パソコンの内部に水が侵入するのだけは避けたいところなので、くれぐれも注意して掃除してください。また、水拭きでも落とせない場合には、中性洗剤なら利用するのは問題ありません。中性洗剤少量ならば、パソコンに悪影響を与えない可能性が高いので、汚れの部分だけピンポイントに利用するとよいでしょう。

液晶画面の掃除

ノートパソコンで一番汚れやすいのは、キーボード付近だといえるでしょう。しかし、液晶画面も汚れている場合がありますので、しっかりと掃除したいところです。液晶画面を掃除する場合には、液晶画面を傷つけないように注意しましょう。

液晶画面は、予想以上に傷つきやすくなっていますので、あまりかたい素材を使うのはおすすめしません。やわらかい素材を利用した布などを利用することによって、優しく掃除することができます。

また、掃除の際にも、あまり力を入れないようにしましょう。いくらやわらかい布を利用しても、強く擦ってしまっては傷の原因になってしまうので、この点には注意してください。

内部の掃除をしたい場合

ノートパソコンの汚れが酷い時には、表面の掃除だけでは足りないこともあります。このような場合には、内部の掃除をすることになるのですが、内部の掃除には専門的な知識が必要になってきます。

まず、分解するためには、それぞれのノートパソコンにあった専用ツールが必要になってきます。また、力の入れ具合などによって、分解途中に壊れてしまうこともありますので、分解清掃が必要ならば、業者に依頼するということも考えてみてはいかがでしょうか。

専門業者ならば、ノートパソコンを破損させずにしっかりと掃除をしてくれるはずです。予想以上に値段がかかってしまうこともありますが、ノートパソコンを壊してしまうことに比べると、安いといえるのではないでしょうか。

このようなものがノートパソコンを掃除する際の詳細になっていますので、注意事項をしっかりと守って掃除をしていくとよいでしょう。ノートパソコンは精密機器かつ高価なものになりますので、トラブルが発生した際の損失は大きくなってしまいます。これらを踏まえた上で、ノートパソコンの掃除をしてみてはいかがでしょうか。