おしゃれ着洗いとはどんな洗い方?向いている服や基本のやり方

おしゃれ着

最近は、おしゃれ着が増えてきていて、さらに洗濯環境の変化によって、おしゃれ着でも自宅で洗濯することができるようになってきました。今回は、このおしゃれ着洗いについて紹介しますので、ぜひご覧になってみてください。

どんなおしゃれ着でも洗濯できるわけではない

おしゃれ着洗いをする場合に注意したいのが、どんなおしゃれ着でも自宅で洗濯することができるわけではないというものです。洗濯物の種類によっては、おしゃれ着洗いをすることができないものもありますので、十分に注意しましょう。

このようなアイテムを自宅で洗濯してしまうと、衣類の寿命を縮めてしまう可能性がありますし、場合によっては着れなくなってしまうようなトラブルが発生するかもしれません。そのため、洗濯表示をよく確認して、しっかりと自宅で洗える洗濯物であるということを確認しましょう。

おしゃれ着洗いの事前準備

おしゃれ着洗いは、通常洗濯とは少し違いますので、準備があります。この準備をしっかりとしておくことによって、よりおしゃれ着洗いを有効活用することができるようになりますので、覚えておくとよいでしょう。

まず、おしゃれ着洗いをすることができるアイテムだとしても、しっかりと色落ちチェックをしておいた方がよいです。特に色柄物については、色落ちしてしまう可能性が高くなっていますので、目立たない場所を利用して、色落ちチェックをしましょう。

色落ちチェックの結果、問題ないようならば、次のステップに進むとよいでしょう。おしゃれ着の色落ちチェックは、おしゃれ着用洗剤を原液のまま衣類につけてみるとわかります。

また、おしゃれ着を洗う場合には、汚れが酷いこともあります。おしゃれ着用の洗剤は、それほど洗浄力はありませんので、このような状態でおしゃれ着洗いをしても、しっかりと汚れが落ちてくれない可能性があるのです。

そこで重要になってくるのが、洗濯前の下処理になります。事前に下処理をすることによって、落ちにくい汚れであってもしっかりと落とすことができるはずです。

どうしても酷い場合には、液体の酸素系漂白剤を利用するのがおすすめで、これなら衣類へのダメージを最小限に抑えて漂白することができます。下処理をする場合には、汚れの部分をピンポイントに洗うようにするのがおすすめで、ぬるま湯とおしゃれ着用洗剤を利用して、下処理をするようにしましょう。

おしゃれ着洗いは洗浄力が弱いので工夫が必要

おしゃれ着洗いは、通常洗濯に比べると、洗浄力は弱いといえるでしょう。そのため、弱い洗浄力を工夫で補ってあげる必要があります。例えば、汚れやすい部分を表にすることはとても重要です。

こうすることによって、汚れている部分に、しっかりと洗剤の効果が発揮されるので、その分だけ汚れが落ちやすくなるのです。逆に、汚れやすい部分を表に出さないと、なかなか汚れが落ちてくれないので注意しましょう。

また、洗濯ネットもおしゃれ着洗いをする際には重要なポイントになってきます。おしゃれ着洗いで洗濯ネットを利用するメリットはたくさんあって、洗濯ネットによって、衣類へのダメージを抑えることができます。

伸びや縮みといった状況を抑えることができますので、洗濯後にダメージで着れなくなってしまう可能性を低くすることができるはずです。また、摩擦を防ぐ効果があるのも洗濯ネットの効果になっています。

また、ボタンを閉じることも覚えておきたいところで、ボタンを閉じることによって、型崩れを最小限に抑えることができます。同様に、ファスナーやホックも閉じておきたいところで、こちらは衣類に引っかかって破損してしまうのを防ぐことができます。

衣類によっては、部分的にデリケートな素材がついていることもあります。このようなタイプの衣類をおしゃれ着洗いする場合には、裏返しにしてあげるのがポイントです。裏返しにすることによって、洗濯をすることによって発生する力の影響を最小限に抑えることができるのです。

おしゃれ着洗いの手順

おしゃれ着洗いの効力を最大限に高めるためのポイントを把握したら、今度は実際におしゃれ着洗いをしていきます。最近は、洗濯機でそのまま洗うことができるおしゃれ着もありますので、必ずしも手洗いでなければならないというわけではありません。

洗濯機で洗うことができるものもありますので、まずは、洗濯機で洗うことができるかを確認して、できるようなら洗濯機で洗ってしまった方が手間を省けます。

洗濯機で洗う場合には必ず洗濯ネットを利用したいところで、おしゃれ着洗いの場合は、まとめてネットに入れるのではなく、ひとつひとつの衣類にしっかりと洗濯ネットを割り当てるようにしましょう。

洗濯ネットを使っても、中にたくさん入れてしまっては、結局、洗濯物同士で摩擦してしまう可能性がありますので、あまり意味がなくなってしまいます。また、最近の洗濯機にはおしゃれ着コースというものがありますので、おしゃれ着洗いには最適のコースだといえるでしょう。

次に手洗いの方法について考えてみると、おしゃれ着洗いをする場合には、手洗いかつ押し洗いが効果的になっています。押し洗いというのは、摩擦を最小限に抑えられる方法になりますので、衣類にダメージを与えてしまうのを極力防ぐことができるのです。

押し洗いの方法は、適度な大きさにたたんだおしゃれ着を全体的に押すようにして洗っていきます。擦ったりする必要はなく、あくまでも優しく押し込む感じで洗っていきます。押した後に緩め、それを何回か繰り返すのが押し洗いになっています。また、下着などの立体的な構造のアイテムについては、振り洗いというのがおすすめになっています。

振り洗いというのは、水につけて、左右に振るようにして洗う方法になります。すすぎについても、同様の方法を利用して、何度か水を取り替えながらしていきます。脱水についても注意が必要で、脱水で力が入ってしまうと、せっかく優しく洗った意味がなくなってしまいます。

脱水については、丸めた洗濯物を手のひらで優しく押すという方法もあります。また、タオルドライもおすすめの方法になっていて、タオルドライというのは、厚手のタオルなどに挟み込むことによって脱水をするというものです。

乾燥方法

おしゃれ着洗いの場合には、乾燥方法にも注意をする必要があります。乾燥方法によっては型崩れを招いてしまうこともありますので、しっかりと形状にあわせた干し方をする必要があります。

平干しは、洗濯物の型崩れを防ぐ有効な干し方になりますので、おしゃれ着洗いの際にも利用してみるとよいでしょう。また、ハンガーをいくつか連ねるかたちで干す方法もおすすめです。こういった干し方は、フード付きの衣類などを型崩れさせずに干すために向いている方法になっています。

ブラジャーなどを干す場合には、支える点をたくさん作ることによって、重力を分散することができます。こうすることによって、型崩れを防ぐことができますのでチャレンジしてみるとよいでしょう。

このようなものがおしゃれ着洗いの詳細になっています。おしゃれ着洗いは、おしゃれ着全般に利用することができますので、自宅でおしゃれ着を洗濯することになったという場合には利用してみるとよいでしょう。衣類へのダメージを最小限に抑えられる方法なので、愛用の衣類を長持ちさせることができます。