ダウンのクリーニング料金相場は?頻度やかかる日数、価格を知ろう

ダウンコートを着た女の子

ダウンコートやダウンジャケットなど、ふわふわで暖かいダウンの衣類は冬場に重宝しますよね。そんなダウンの衣類、みなさんはどのくらいの頻度でクリーニングしていますか。また、1回のクリーニングにかかる料金はどのくらいでしょうか。今回は価格の相場やクリーニングする頻度の平均などをまとめましたので、ぜひチェックしてみてください。

ダウンのクリーニング料金相場は?

ダウンと一口に言ってもコートやジャケットなどで値段が少しずつ変わってくるようです。そこで、ここからはダウンの種類別に料金相場を紹介。自分の持っているダウンの衣類はどれか確認してからチェックしてみてください。

ダウンジャケットの場合

ダウンジャケットのクリーニング料金相場は2500円前後と言われています。高いところだと3000円を超えてしまう一方、2000円を下回る業者もあるため、このような値段に落ち着きました。一般的なスーツのジャケットが1000円程度と考えると、やはり高めの設定ですね。

クリーニング頻度が低めとは言え、1回で2500円は大きいです。とはいえ、ダウンジャケットを自宅で洗濯するとぺしゃんこになってしまうことも多いので、出来るだけクリーニング店にお願いすることをおすすめします。

ダウンコートの場合

ダウンコートのクリーニング相場は2800円前後と言われています。お店によってはジャケットとコートで差をつけないこともあり、そう変わらない価格です。ただ、ダウンコートの方が面積が広い分、高価格に設定されることも多め。ダウンは乾燥に時間がかかることからボリュームで出ると値段が高くなってしまうのです。

ダウンベストの場合

ダウンベストのクリーニング相場は1700円前後と言われています。他の2点に比べて安い理由は先ほども話した通り、乾燥時間が短めだから。ダウンベストは袖がないので他の2点よりも面積が狭いのです。

ダウンのクリーニングの注意点

ダウンをクリーニングに出す際、いくつか注意してほしいことがあります。料金にも関わる話なので、ぜひ覚えておいてください。

ブランド品は高くなることもある

一着の価格が数万円、数十万円を超えるようなブランド品のダウンはクリーニング料金が高くなることもあります。特にブランド物を主に扱うクリーニング店に出した時はけっこうな差がでるかと。場合によっては2倍程度の違いがあるかもしれません。

とはいえ、料金が高い分だけ丁寧に扱ってくれるのは確か。大切なダウンであれば、ちょっと高いクリーニング店にお願いするのもいいでしょう。その方が仕上がりに満足できることが多いですよ。

オプションは別料金の可能性もある

ダウンにつきもののフードやファーといったオプション。これは別料金になることも多いので気を付けてください。特にリアルファーは本体よりもクリーニング料金が高くなることも考えられます。

オプションについては本体ほど汚れが目立ちませんし、クリーニング頻度は低めでも平気でしょう。もちろん、汚れが目立つなら出すべきですが、そうでないなら外しておいた方がいいですよ。

ダウンのクリーニング頻度

ダウンのクリーニング料金が分かったところで、次はクリーニング頻度について見ていきましょう。

基本は1シーズンに1回

ダウンを着るのは汗をかきにくい冬場ですし、基本は1シーズンに1回の頻度で大丈夫だと思われます。要はシーズンオフの際にクリーニングに出して保管すればいいわけです。

クリーニングがは衣類を綺麗にしてくれる反面、衣類を痛めてしまう恐れもありますし、頻度が高ければ高いほどいいとも限りません。適度なクリーニング頻度でダウンへの無駄な負荷をさけることが重要です。

また、先ほど紹介したようにダウンのクリーニング料金は決して安いものではありません。あまり頻度が高いと財布へのダメージもばかにならないでしょう。

着用回数が多ければシーズンに2回もあり

ほぼ毎日のように着用するのなら、シーズンの途中で一度クリーニングに出すのもいいかもしれません。さすがに毎日だと汚れが目立つこともありますしね。気になるようなら2回に増やしてみてください。ただ、ダウンのクリーニングにはそれなりの日数がかかるので注意。これについては下記の項目で詳しく解説します。

汚れたら早めにクリーニング

醤油やケチャップなど色の濃いものをこぼしてしまったり、泥がはねてついてしまったり、汚れがついた時はすぐにクリーニングしてください。というのも、汚れは放置すれば放置するほどに落ちにくくなります。

そのため、早めにクリーニングに出さないと手遅れになることもあるのです。大切なダウンなら必ず早めにクリーニングへ。早ければ早いほどに綺麗になる可能性が高くなりますよ。

シーズンオフにはクリーニングに出そう

今年はあんまりダウンを着なかったし、クリーニングに出さなくてもいいか。なんて考えはやめてください。クリーニングに出さずに長期間放置してしまうと、虫食いや変色が起きることもあります。

久々に出したダウンが目も当てられない状態に。そんな事態にならないよう、衣替えの時には必ずクリーニングに出すようにしましょう。クローゼットで邪魔になるようなら保管サービスを活用するのもありです。

ダウンのクリーニング日数は?

ダウンのクリーニング日数は業者によって変わってきますね。ひとつの目安としては5日前後でしょうか。少し長めに1週間前後とみておくとよさそうです。既に話したようにダウンは乾燥に時間がかかることから、一般的な衣類に比べてクリーニング日数がかかることも多め。

そのため、ワイシャツのような当日仕上げは難しいかもしれません。一応は乾燥機にガンガンかければ短時間での乾燥も可能なようですが、それだとダウンが痛んでしまったり、ぺしゃんこになってしまう可能性があります。

上質な仕上がりのためにも1週間前後は日数を見ておきましょう。ですので、綺麗な状態で着用したい日、たとえば大切なデートなどの予定があるなら早めに出すようにしてください。ギリギリで出してしまうと、せっかくの日に間に合わないこともありえます。