洗濯槽クリーナーのおすすめな選び方は?特徴や種類を知っておこう

洗濯を定期的にすることはよいことなのですが、洗濯槽が汚れているという状態は防ぎたいところです。どんなに定期的に洗濯をしたとしても、洗濯槽が汚れたままで洗濯をしてしまうと、衣類の汚れがしっかりと落ちてくれません。

逆に、洗濯をすることで汚れてしまうという状況も考えられますので、しっかりと洗濯槽は掃除したいところです。今回は、洗濯槽を綺麗に保つための、洗濯槽クリーナーの選び方を紹介していきますので、ぜひご覧になってみてください。

洗濯機のタイプによって選ぶのは基本

洗濯槽クリーナーは、洗濯機のタイプによって使えるものと、使えないものがあります。そのため、基本として、利用している洗濯機に対応しているクリーナーなのかというのが重要になってくるでしょう。

洗濯機のタイプを確認してみると、縦型とドラム型、さらに二槽式というようなものがあります。二槽式は、かなり少なくなっているといえるでしょう。

さらに、洗濯槽クリーナーを選ぶ場合には、どのくらいの頻度で掃除をしているのかというのもポイントになってきます。掃除までのスパンが長い場合は、かなり洗濯槽が汚れていることが考えられますので、洗浄力の弱いタイプでは不十分だといえるでしょう。逆に、定期的に洗濯槽の掃除をするなら、それほど洗浄力の強いタイプのクリーナーは必要ないということになります。

数か月に一度なら塩素系をチョイス

洗濯槽の掃除が数か月に一度というのならば、それなりの汚れが溜まっているので、塩素系のクリーナーを選ぶのが無難だといえるでしょう。塩素系クリーナーの特徴は、殺菌力が強いという点で、洗濯槽に溜まっている細菌を根こそぎ除去することができるはずです。

また、それよりもスパンが長くなるなら酸素系のクリーナーがおすすめになっています。酸素系のクリーナーは、こびりついた汚れを浮かせるのに向いたタイプで、殺菌力は控えめながら、汚れを落として見た目をよくするのには向いています。

また、酸素系クリーナーは、塩素系に比べると、使用上の注意が少ないというメリットもあります。酸素系クリーナーは、取り扱いを間違えると危険な特徴を持っていますので、十分に注意して利用するようにしましょう。

このように洗濯槽クリーナーを利用するのならば、掃除する期間に応じて、酸素系と塩素系を上手く使い分けていきたいところです。上手く使い分けることで、色々な意味で清潔な洗濯槽を維持できます。