ベランダやバルコニーの掃除方法!水を使えるかや天気、頻度は?

ベランダ

ベランダやバルコニーの掃除は、少し勇気が必要なのではないでしょうか。外なので、汚れてしまいますし、ベランダやバルコニーをどうやって掃除してよいかわからないという人もいるはずです。今回は、ベランダとバルコニーの上手な掃除の仕方について紹介していきますので、確認してみるとよいでしょう。

水の有無によって掃除の仕方はかなり違う

ベランダやバルコニーを掃除する際に、水を利用することができるかによって、掃除の仕方は全然違ってきます。そのため、まず自宅にあるベランダやバルコニーで水を使えるのかを確認してみましょう。水を使えるかどうかは、構造によっても異なってきますし、周囲への影響という意味でも違ってくるでしょう。

よくベランダやバルコニーで水を使った掃除をして、隣の住宅から苦情がきてしまうということがあります。このような点も踏まえて、ベランダやバルコニー掃除に水を使うことができるのかを考えてみるとよいでしょう。隣の人達に迷惑をかけないかの目安になってくるのが排水の構造です。

ベランダやバルコニーによっては、排水溝が隣と繋がっていることがあります。隣の人達がベランダやバルコニーを利用している際に、汚い水が流れてくるとよい気分はしないものなので、このような部分をしっかりと考える必要があるのではないでしょうか。

水を使わない方法

ベランダやバルコニーを掃除する際には、水が使えないこともあります。そんな時には、水を使わないでベランダやバルコニーを掃除する方法を覚えておくとよいでしょう。まず、水を使わないで掃除するなら、そのためのアイテムを用意しておきたいところです。

水を使わないので、ほうきやちりとりを使って、床面を掃除していきます。さらに、バケツや布、デッキブラシなどを用意しておきましょう。排水溝に水を流せないとしても、バケツなどを使って水拭きすることはできますので、バケツなども用意しておきたいところです。

さらに、重曹を用意しておけば、よりベランダやバルコニーを綺麗にできる可能性があります。水を使えるなら洗剤を利用する方法もあるのですが、水が使えない場合は、洗剤を流すのが難しくなってきますので、なるべくなら洗剤を使いたくないところです。

水を使わない掃除の方法

ここからは具体的に掃除の手順を確認していきます。まず、ベランダやバルコニーに設置されていることが多い、エアコンの室外機の掃除をしていきましょう。室外機は、ほうきとちりとりだけでもかなり汚れを落とすことができ、仕上げとして水拭きをしてあげるとよいです。

室外機をサッと掃除したら、今度は手すりや壁などを掃除しましょう。先に床面から掃除してしまうと、室外機や壁などを掃除した時に、また汚れてしまう可能性があります。そして、ほこりの汚れなどを一通り落とすことができたら、今度は床面に集まったほこりをちりとりで回収していきます。

ほこり汚れを落とし終えたら、今度は、床の汚れを落としていきます。そのために役立つのが重曹になっていて、重曹をかけて、デッキブラシで擦るだけでも、かなり汚れを落とすことができるはずです。重曹なら、床についてしまった黒ずみなどを綺麗にすることもできますので、積極的に綺麗にしていきたいところです。

重曹を使う場合、少量の水を流すことになりますが、少量程度ならば、問題ないというベランダやバルコニーも多いはずです。汚れをある程度落とすことができたら、重曹を水でサッと洗い流すと完了します。

また、排水溝に汚れが溜まっているかと思われますので、これらの汚れは流すのではなく、布や新聞紙などを利用して、取り除くのがポイントです。そのまま流してしまうと、排水が詰まってしまう可能性もありますので、しっかりと取り除いていきたいものです。

水を使える場合

ベランダやバルコニーの掃除で水を使えるなら、洗剤を使うことができます。これらの掃除に効果的な洗剤も販売されていますので、より効率的に汚れを落とすことができるでしょう。また、周囲を気にする必要がない場合には、高圧洗浄機などを利用する方法もあって、高圧洗浄機があれば、かなり綺麗にすることができます。

高圧洗浄機は、それほど高価というわけではないので、ベランダやバルコニーの汚れがかなり酷いという場合には、思い切って購入してみるのもよいかもしれません。

ベランダやバルコニー掃除の豆知識

ベランダやバルコニーを掃除する際の豆知識としては、晴れの日よりも雨の日の方が汚れが落ちやすいという特徴があります。特に室外機などを掃除する際には、雨の日に濡れていると、かなり汚れが落ちやすくなってくれます。

あまり強い雨が降っている時には、掃除をすることは難しいですが、霧雨程度の天気ならば、掃除日和といえそうです。逆に、風が強い日はあまりおすすめしません。

掃除をすることによって、ほこりが舞い上がってしまいますので、周囲の住民に迷惑をかけてしまう可能性があります。ほこりは、晴れた日に掃除するのがおすすめで、雨の日に掃除をすると、なかなか上手く掃除をすることができません。

ベランダやバルコニーの掃除の頻度

ベランダやバルコニーの掃除は、どのくらいの頻度で行うか気になっている人もいるのではないでしょうか。ベランダやバルコニーの掃除は、定期的に行うのが望ましいです。

定期的に行うことによって、汚れが溜まってしまうのを防ぐことができますので、定期的にサッと掃除する癖をつけることによって、汚れが溜まってしまうのを防ぐことができるでしょう。

定期的に掃除をすればするほど、時間をかけずに綺麗にすることができますので、ベランダやバルコニーを掃除する癖をつけてみてはいかがでしょうか。掃除の仕方をわからない時には、あまり乗り気になりませんが、掃除の仕方さえわかってしまえば、それほど難しいということはありません。

このようなものがベランダやバルコニー掃除のポイントになってきますので、これからベランダやバルコニーを掃除する際に確認してみるとよいでしょう。ガーデニングなどで綺麗にしてあっても、ほこりが残っていると、せっかくの植物も台無しです。