毛布を出すなら宅配!クリーニング代の料金相場や値段を安くするコツ

毛布

人間は眠っている間に約200ccの汗をかくと言われています。そのため、パジャマなどの衣類はもちろんのこと、布団や毛布にもけっこうな量の水分が吸収されます。そんな汚れを放置してしまうとダニが発生したり、臭いがきつくなったり。様々な悪影響が出てくることもあるのです。これを防ぐために定期的に毛布をクリーニングに出すようにしましょう。

毛布を出すなら宅配クリーニング

毛布は自宅でも洗濯することが可能です。しかし、洗濯機が大きくないと毛布が入らないことがありますし、休みの日にタイミングよく晴れてくれるとも限りません。そのため、休みがなかなか取れない方だと毛布を自宅で洗濯するのは難しいかもしれません。

とはいえ、クリーニング店に運ぶのも大変ですよね。車でも無いと運ぶだけで一苦労ですし、やはり忙しいと上手く時間がとれないものです。そこで、おすすめしたいのが宅配クリーニングです。最近はSNSなどで話題に上がることも多いので、みなさんも一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

宅配クリーニングとはインターネットを通じて衣類のクリーニングをお願いするサービスのこと。クリーニングする衣類は業者が家まで取りに来てくれるうえ、クリーニング後は家まで運んできてくれます。つまり、家から出ることなく衣類のクリーニングが可能。

業者によっては衣類だけでなく布団や毛布にもしっかり対応してくれます。車が無くて運ぶのが大変だったり、クリーニング店が家から遠くて面倒という方は、宅配クリーニングを利用することで負担を一気に軽くすることが出来るでしょう。

毛布のクリーニング相場は?

宅配クリーニングの場合、数点まとめて出すことで安くなるシステムを採用していたり、そもそもセット料金しか用意していなかったりするので、一概に1点いくらと言うのは難しいです。

それでも、目安として1点の値段を出すのなら3000円前後でしょうか。これはセットなどを使わずに毛布を単品で出した際の料金だと考えておいてください。ちなみに、店舗型のクリーニング店だと毛布の相場は1点あたり1500~2000円程度と言われています。つまり、単品でのクリーニングの場合は宅配の方が高いことも多いです。

宅配クリーニングは毛布を運ぶ手間がなかったり、手続きの時間が店舗より短かったりするので仕方ないと言えば仕方ないのかもしれません。ただ、条件次第では宅配クリーニングの方がクリーニング料金が安いこともあります。これについては次の項目で詳しく解説しましょう。

毛布の宅配クリーニングを安くする方法

まず、先ほど相場料金として紹介した1枚あたり3000円前後ですが、これは布団丸洗いで有名なリナビスの料金を参考にしました。こちらは1枚あたりだと6200円なのですが、毛布は2枚で1枚にカウントされるシステムですので、実質3000円くらいになります。

では、この料金を安くするにはどうするかといえば、これは簡単なことでクリーニングに出す枚数を増やせばいいのです。リナビスの場合、6枚出すと19900円、1枚当たり3300円程度まで値段を落とすことができます。そして、毛布は2枚で1枚扱いなので、1枚当たり1650円ほど。これなら店舗型のクリーニングより少し安いくらいでしょう。

せんたく便なども同じで毛布は2枚で1枚扱い。2点パックがリピートで8100円となっているので、1枚あたり2000円程度で出すことができます。ふとんLenetの場合は布団を3枚以上出した時、毛布が1枚1200円となる少し特殊なシステムのようです。

とにかく、このように枚数を出すことで宅配クリーニングの料金は安くなります。店舗型の場合は何枚出しても同じ料金なことが多いので、枚数を多く出すなら断然宅配クリーニングがお得。運ぶ手間が無いので大量の毛布や布団を簡単にクリーニングに出すことができます。

家族4人で暮らしていれば毛布の数も普通は4枚。これにプラスして布団やシーズンオフで使わなくなったコタツ布団などを一気に出せばすぐに5枚6枚と枚数が増えていくはず。季節の変わり目などは毛布を布団などと一緒に出してお得な料金でクリーニングしてもらいましょう。

毛布のクリーニング頻度は?

毛布は衣類ほど汚れるわけでもありませんし、クリーニング頻度はシーズンオフに1度程度で平気でしょう。そもそも、毛布のクリーニングにはそれなりの日数がかかるので、シーズン中に出してしまうと数日間、寒い思いをしなければなりません。

もう次の冬場まで使わないかな、と思ったタイミングで家族分をまとめて宅配クリーニングに出すといいですよ。この時、出来るなら布団も一緒にクリーニングに出したいところ。先ほど言ったように枚数が増えれば増えるほどに料金は安くなることが多いのです。

シーズンオフにはクリーニングに出そう

今年はあまり毛布を使わなかったという暖かい年でもシーズンオフにはクリーニングに出した方がいいですよ。汚れたままの状態で毛布をしまっておくと、ダニが繁殖したり、臭いが強くなったりすることがあります。

ダニはアレルギーの原因となる存在で、小児の喘息の8割はダニのアレルゲン物質が原因と言われるほどです。そのため、子供がいるなら特にシーズンオフにはクリーニングをしてください。

毛布のクリーニング日数

毛布のクリーニングは衣類よりも長めで、10日前後はかかると思っておきましょう。また、中には20日程度の時間を要する業者もあるので注意です。とはいえ、シーズンオフに出す分にはまったく問題ありませんね。

もし押し入れの邪魔になるようなら保管サービスを利用するのもいいと思います。ただ、早めに発送してもらわないと冬場に寒い思いをすることもあるので気を付けてください。

まとめ

毛布がいかに宅配クリーニング向けのアイテムか、お分かりいただけましたか。宅配クリーニングならかさばる毛布を運ぶ必要がありませんし、使い方によっては料金を格安にすることも可能です。まだ毛布のクリーニングをしたことのない方は、ダニの温床になっている可能性もありますので、早め早めにクリーニングを。綺麗でふかふかの毛布なら寝心地もグッと良くなりますよ。