ハンディモップのおすすめは使い捨て?特徴や選び方、手入れの方法

ハンディモップ

ハンディモップは、使ってみるとわかりますが掃除を手軽にするために重宝します。手軽な掃除を心がけることによって、定期的に掃除する癖がつけられますので、ハンディモップを利用して、掃除をする習慣をつけるのもよいのではないでしょうか。

掃除をする習慣がつくと、自然と汚れに目がいくようになり、掃除をしなければ落ち着かないようになってきます。このような習慣をつけることから始めるのも、掃除を上手にするためには大切なのです。

ハンディモップの種類

ハンディモップを利用して、掃除をするのならば、まずはハンディモップの種類から把握してみてはいかがでしょうか。

ハンディモップといっても色々な種類のものがあって、ひとつはフラットタイプと呼ばれるものです。フラットタイプという名前のとおり、平らになっているハンディモップで、平らな場所を掃除するのに向いています。

平らな場所が向いているので、掃除をする場所を選んでしまいますが、その分だけ、ほこりをまき散らさずに、綺麗に掃除できる特徴を持っていますので、しっかりと用途を見極めて使いたいところではないでしょうか。

円柱タイプ

ハンディモップには、円柱タイプと呼ばれるものもあります。円柱タイプというのは、立体的な場所の掃除に向いていて、棒にくるくる回るモップがつけられたものになります。凹凸のある場所にも対応してくれますし、平らな場所の掃除をすることもできます。

色々な場所に利用することができますので、汎用性の富んだハンディモップといえるでしょう。しかし、その分だけ汚れを保持しておく能力が低く、せっかくとったほこりをまき散らしてしまうこともあります。そのため、定期的にモップについた汚れを落としてやる必要があるでしょう。

使い捨てタイプ

ハンディモップには、使い捨てタイプと何度も使えるタイプの2つに分けられます。それぞれにメリットがありますので、それを踏まえた上で利用していきたいところです。使い捨てタイプは、汚れをわざわざ取る手間がありませんので、効率的です。

しかし、その分だけ経済的な負担が大きくなる傾向があり、何度も購入しなければなりません。逆に、何度も使えるタイプは、ある程度掃除したら、ハンディモップ自体を掃除しなければなりません。

これが手間になってしまいますので、使い捨てタイプなのか、何度も使えるタイプなのかは、人によって意見がわかれるところではないでしょうか。それぞれの家庭や掃除する場所にあわせて使い分けたいものです。