着物のクリーニング価格は?袴や振袖など和服の料金相場について

着物の女性

日本人の心を感じることの出来る袴や振袖といって着物。これってクリーニングに出すといくらくらいになるんでしょうか。気になる方も多いと思うので、今回は着物のクリーニング料金についてまとめてみました。着物をよく着用する方はぜひ見ていってください。

着物のクリーニング価格は?

着物や和服と一口に言っても袴や振袖、浴衣に留袖、長襦袢など実にいろいろな種類がありますね。この種類によって料金は変わってくるため、着物のクリーニング料金は〇円と正確な数字を出すのは難しいです。

たとえば、留袖や振袖はクリーニング料金が高めで10000~15000円程度はかかると考えておいてください。喪服や訪問着あたりだと少し安くなって8000円くらいでしょうか。袴だと平均して6000円程度。羽織や長襦袢だと5000円程度。浴衣は少し安めで3000円前後などなど。

種類によってかなりの違いがあることが分かります。そのため、料金相場を把握するためには、まずクリーニングに出す予定の着物や和服が何なのかを把握しておきましょう。

同じ種類でも料金に違いがある

たとえば、袴と一口に言っても七五三用から武道用のものまで幅広く存在します。おそらく、武道用の袴は少し安めで1500円前後ですが、これが七五三用となると3000円を超えてしまうことも珍しくありません。振袖や留袖などにも同じことが言えますね。

装飾や素材などで料金が変わってくるため、同じ種類でも2倍程度の差がつくこともあります。ですので、先ほど紹介した料金はあくまでも目安と受け取っておいてください。着物や和服の場合、ワイシャツやジャケットほど価格が統一されていないのです。

シミがあると値段が上がる?

着物や和服に酷いシミがあると、シミ抜きに2000~8000円程度とられることもあります。つまり、振袖なら合計して20000円程度の料金がかかることもあるわけです。もし、醤油をこぼしたなどのシミがあるなら料金は高めになると思っておいてください。また、シミがついた際はなるべく早めにクリーニングに出すように。シミは放置すればするほどに抜けにくくなってしまいます。

オプションでも料金アップ

着物や和服のクリーニング専門店だと様々なオプションを用意していることがあります。たとえば、紋入れをしてくれたり、防水加工をしてくれたり、専門の職人が仕立て直しをしてくれたり。これによって見栄えや着心地が大きく変わることもあるようです。ただ、当然ながら料金はアップするので注意。特に仕立て直しは数万円単位の追加料金が発生することもあります。

専門店は高いことも多い

着物には専門のクリーニング店が存在しますが、やはり一般的なクリーニング店に比べて価格が高くつくことも多いです。これは知識や技術の差ですね。一般的なクリーニング店は需要の高い衣類を中心に請け負っているため、ワイシャツやジャケットなどのクリーニングには詳しいものの、着物や和服については知識や技術がやや薄かったりします。そもそも、物が物だけに着物は断られてしまうこともあるようです。

対して、専門店は着物や和服をクリーニングするプロ集団。専門の知識と技術で的確にクリーニングをしてくれるため、どうしても料金は高めになってしまいます。ただ、一般的なクリーニング店にお願いすると生地が傷んでしまったり、装飾が剥がれてしまったりと事故が発生することもあります。

そう考えると、大切な着物なら専門店にお願いする方がいいのかもしれません。専門店の方ではトラブルが起きることも少ないようですしね。後は予算次第でしょうか。専門店と一口に言っても料金は様々だと思うので、気になるなら一度持ち込んでみるといいですよ。

専門店は時間もかかる

専門店は着物の汚れやシミを細かくチェックするため、一般的なクリーニング店より日数がかかることも多いです。具体的な日数は業者によって違いますが、おおむね1か月程度は見ておいた方がいいでしょう。

そのため、使う予定があるのなら少しでも早めに出しておくことをおすすめします。もし、いつまでに仕上げてほしいという具体的な日にちがあるのなら相談してみるのもいいでしょう。場合によっては早めに仕上げてくれると思います。

値段だけで選ばない

安価なクリーニング店が悪いとは言いませんが、着物や和服は見栄えが重要な衣類ですので、出来ることなら値段だけで選ばず慎重になってほしいです。値段だけで選んでしまうと、袖口や裾の汚れが落ちていなかったり、シミが完全に抜けていなかったりなどのトラブルが発生することもあります。

それだけで済めばまだいい方で、下手をすると生地が縮んでしまったり、装飾が剥がれてしまったり。せっかくの着物が台無しになってしまう恐れもあります。

滅多にない事例だとは思いますが、出来ることなら専門店など安心して任せられるところにお願いしましょう。先ほども言ったように料金は高めになりますが、その分だけ仕上がりは満足できるもののはずですよ。

着物のクリーニング頻度は?

さて、料金から少し離れてクリーニングの頻度について見ていきましょう。着物は着る頻度がそう高くないと思うので、年に1回のクリーニングでも大丈夫だと思われます。ただ、仕事の問題などで着る回数が多くなる方はもう少し増やした方がいいかもしれません。

要は着る回数に応じて頻度は変わるわけです。ちなみに、クリーニングの回数が多ければ多いほど良いわけでもありません。あまりに頻度が高いと生地を傷めてしまうこともあるので注意しましょう。

ただ、正絹の着物については着るたびにクリーニングに出すのが理想と言われています。また、長期間着ないときはクリーニングに出してから保管したほうがいいですよ。

まとめ

さて、着物や和服のクリーニング料金相場についてはいかがでしたか。結局のところ、着物や和服のクリーニング相場と言っても幅が広すぎるため、実際に専門店などで見てもらわないと分からないというのが実情です。

それでも相場を出せと言われれば、5000円~15000円程度でしょうか。他の衣類に比べて割高なのだけは確かでしょう。着物自体の価格も高いのでクリーニング料金も高いと考えておけば納得しやすいかもしれませんね。