抱き枕の洗濯方法って?抱き心地を保つ洗い方や手入れの仕方

抱き枕

抱き枕は、比較的大きな洗濯物に部類されるので、洗濯方法に迷ってしまうこともあるのではないでしょうか。今回は、そんな抱き枕の洗濯方法について紹介していきますので、ぜひ確認してみるとよいでしょう。

カバーがあると管理しやすい

抱き枕の洗濯を考える場合に、なるべくなら本体を直接洗濯というのは避けたいものです。あまりにも頻繁に洗濯をしてしまうと、それ自体が消耗してしまいますので、カバーがついている方が管理しやすいといえるでしょう。

カバーがついているもの、後からカバーをつけられるもの、などについては、定期的にカバーを外して、洗濯をすることによって、綺麗な状態を保つことができるといえます。しかし、カバーにも色々な素材がありますので、カバーも注意して洗濯する必要があるかもしれません。普通に洗濯をしてしまうと、ダメージを負ってしまう可能性もありますので、その点は注意しましょう。

カバーの洗濯

抱き枕を洗濯するなら、カバーの洗濯方法を確認するとよいでしょう。カバーを洗濯する場合には、中性洗剤を利用するようにしましょう。漂白剤などを利用することによって、プリントなどが落ちてしまう可能性もありますので、汚れが酷い時には、漂白剤の利用に注意しましょう。

また、ぬるま湯を利用して洗濯するのがおすすめで、抱き枕につきやすい汚れが一番落としやすいのがぬるま湯です。ぬるま湯に中性洗剤を溶かして、洗濯をすることができれば、かなりカバーを綺麗にすることができるはずです。

プリントがある場合には、摩擦が弱点になってしまいますので、擦って洗うというのは厳禁です。押し洗いが基本なって、あまり強く押さないようにしましょう。こうすることによって、綺麗にすることができますので、覚えておくとよいでしょう。

また、乾燥はタオルドライを利用するのがおすすめで、乾燥も直射日光に当てるのではなく、陰干しが必要です。このように、デリケートなタイプの衣類を洗うように手洗いでカバーを洗濯すると、保護しながら綺麗にすることができます。

丸洗いできるものもある

抱き枕の中には、カバーがつけられないタイプのものもありますが、中には丸洗いできるものもあります。洗濯表示を見ることで確認できますが、丸洗いが可能ならば、洗濯するのはそれほど難しくはありません。

丸洗いする場合にも手洗いを利用するのがおすすめで、浴槽のような広いスペースが必要になってきます。なかなか、抱き枕を入れられるような容器はありませんので、浴槽が基本になってくるでしょう。

丸洗いする場合にもぬるま湯を利用して、中性洗剤を使って、洗っていきます。丸洗いの場合にも、押し洗いが基本なので、あまり力を入れないように優しく押していきましょう。しっかりと、すすがなければ、内部に洗剤が残ってしまうこともありますので、優しく洗うことを忘れずに、すすぎはしっかりとしましょう。

乾燥方法もタオルドライが基本になってきて、後は陰干しで完全に乾くのを待ちます。丸洗いした場合は、内部の乾燥がポイントになってきますので、しっかりと乾かしてください。濡れたままにしておくと、トラブルの元ですし、不衛生ともいえます。

このように丸洗いできるものならよいのですが、中には洗うことが難しいものもあります。そんな時には、ピンポイントで汚れの部分だけを綺麗にするというのが無難でしょう。汚れが酷い部分だけをピンポイントに洗って、しっかりと乾燥させます。

カバー付はこまめに洗濯しよう

抱き枕をできるだけ長く使いたいなら、カバー付なら、こまめに洗濯することが重要です。カバーをこまめに洗濯する意味は、清潔を保つだけではなく、汚れが抱き枕本体に移ってしまうのを防ぐためです。カバーを洗濯する頻度ですが、週一回程度が望ましいといえるのではないでしょうか。

これなら、本体に汚れが移ってしまうのを防げる可能性は高いので、積極的に洗濯しましょう。また、除菌スプレーなどもおすすめの方法になります。中には、洗濯が難しいタイプのものもありますので、そういったものは除菌スプレーをこまめに利用することによって、清潔を保ちます。また、こまめに干すというのもおすすめの方法です。

太陽の力を利用することによって、殺菌することができますので、清潔を保つためには重要になってくるでしょう。抱き枕というのは、人の汗を吸いやすいので、予想以上に湿っていることが多いのです。そのため、干すという行為は、乾燥させるためにも役立ちます。湿気をしっかりと逃がしてあげることによって、抱き枕の心地よさも維持することができるでしょう。

このようなものが抱き枕の洗濯方法になっていますので、心地よさを保つためにも、積極的に洗濯していくとよいでしょう。こまめにカバーを洗濯することができれば、汚れについてはそれほど気にならなくなるはずです。また、購入時に、しっかりとメンテナンスできるものをチョイスするのもよいです。