セーターのクリーニング料金の相場は?ニットを出す頻度やコツ

ニットのセーター

冬場に大活躍のセーター。皆さんはどの程度の頻度でクリーニングに出していますか。また、1回のクリーニング料金はいくら程度でしょうか。今回はニットのセーターのクリーニング料金相場や出す頻度を紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

セーターのクリーニング料金の相場

ニットのセーターのクリーニング相場は600円前後です。ちょっと高いところだと1000円を超えてしまうこともありますが、基本は1000円以下で収まると思って大丈夫でしょう。クリーニング全体で見れば中くらいより少しだけ安め。

さすがにワイシャツほどは安くないものの、十分に安価な部類だと思います。そのため、クリーニング料金がセーターのせいで高くなることはそうないはず。わりと気軽に出せるタイプの衣類と言えるでしょう。

追加料金が発生することもある

先ほどセーターのクリーニング料金が600円前後と紹介しましたが、セーターの種類によっては追加料金が発生することもあります。特に上質素材が使われているとクリーニング代が高くなりがちですね。

たとえば、カシミヤやシルク、アンゴラ、アルパカなどなど。このあたりの素材がニットのセーターに使われていると、追加料金が発生しやすいです。基準としてはこれら素材が30%以上使われていると追加料金になるようです。

ただ、お店によっては基準が違ったりもするので、30%以下だからと言って油断はできません。個人店の場合はお店ごとに基準がまったく違ったりもしますし、きちんと確認しておきましょう。ちなみに、上級素材が使われていると料金が1.5~2倍程度に膨れ上がります。ただ、中には料金を変えない業者もあるようです。

セーターをクリーニングに出す頻度

セーターのクリーニング頻度については、よく着る季節でも1週間か2週間に一度で大丈夫だと思います。そもそもセーターを着るのは冬場なので夏場ほど汚れません。そのため、汚れが気になり始めたらでも平気かもしれません。

ただし、あまりにも横着だと汚れや臭いが人に不快感を与えてしまうこともあるので注意。鏡でチェックして汚れがあると思えばクリーニングに出しておきましょう。また、シーズンオフには必ずクリーニングに出すようにしてください。

たまに、着用回数が少ないという理由からそのまま仕舞ってしまう方がいますが、これをやってしまうと虫食いの原因になります。皮脂汚れをしっかり落としておかないと、次のシーズンに出した時には虫食いでボロボロ、なんて事態もありえます。大切なセーターなら確実にシーズンオフにはクリーニング。そして、次に使うタイミングまできちんと保管しましょう。保管場所がなければ保管サービスを使うのもいいですよ。

セーターのクリーニングにかかる日数

セーターのクリーニングには2日~1週間程度かかると言われています。随分と幅が広いのはお店によって日数がバラけるためですね。そのため、少し余裕をもってクリーニングに出すことをおすすめします。もし、早めに仕上げてほしいなどの要望があれば、クリーニング店に相談してみるのもいいでしょう。

セーターのクリーニングのコツ

まず、セーターをクリーニングに出し過ぎるのは禁止です。1回着ただけでクリーニングに出していては、クリーニングのしすぎでセーターが痛んでしまうこともあります。また、上質素材が使われているのなら料金に注意。出来ることなら通常料金と変わらないクリーニング店にお願いしたいところです。

ちなみに、セーターのクリーニングはウェット加工などのオプションを付けるのがおすすめ。これによってドライクリーニングでは落とし切れない汗などの汚れを綺麗にすることが可能です。