帽子はクリーニングに出した方がいい?料金の目安や頻度をチェック

帽子

帽子というのは、洗濯をして失敗してしまうこともあります。せっかく、お気に入りの帽子を手に入れたのに、洗濯の方法を間違ってしまうのは、もったいないです。しかし、帽子というのは、頭につけるものなので、それだけ汚れやすいという性質を持っています。

そのため、帽子の洗濯方法については、しっかりと吟味する必要があるのではないでしょうか。今回は、帽子をクリーニングに出した方がよいかの詳細について確認していきます。

帽子は自宅での洗濯が難しい

まず、帽子は基本的に自宅での洗濯は難しいといえるでしょう。複雑な形になっていて、水洗いをしてしまうと、型崩れしてしまうことも珍しくはありません。また、型崩れした帽子というのは、利用価値がいっきになくなってしまいますので、台無しになります。

さらに、帽子は汚れやすい性質を持っているので、衣類を気遣いながら、中途半端に洗濯をしてしまうと、汚れがしっかりと落ちないということも考えられるのです。

このようなことからも、帽子はクリーニングで洗濯するのが合理的といえるのではないでしょうか。まずは、その帽子が水洗い可能かどうかを調べてみるとよいでしょう。

中には、水洗いが可能なものもありますので、そういったものは比較的、自宅で洗濯しやすいといえるでしょう。また、自宅で洗濯が可能であっても、自宅の洗濯によって、消耗してしまう可能性はあります。

そのため、帽子を洗濯する場合には、お気に入りの帽子か、そうでないかというのも重要になってくるでしょう。なるべく長く使いたいと思っているなら、自宅で洗濯することができても、あえてクリーニングに出すという方法もあるでしょう。

帽子をクリーニングに出す場合

帽子をクリーニングに出す場合には、大体500円から1000円くらいが目安になってくるといえるでしょう。そこまで高いお金ではなく、お気に入りの帽子を安全に綺麗にすることができると考えれば、決して高くはありません。しかし、必ずしも500円から1000円の間ではありません。

帽子は、色々な素材がありますので、素材によっては、高額になることもあるのです。デリケートな素材の場合には、3000円くらいになることもありますので、これは覚えておくとよいでしょう。また、クリーニングによっては、オプションをつけることができる場合があります。撥水加工などをしてもらえる可能性もありますので、気になる方は利用してみるのもよいでしょう。

また、汚れが酷い場合には、オプション料金になることもあるようです。帽子のクリーニングは、プロの技術が活きるものでもあり、プロが汚れや素材を見極めて、丁寧にクリーニングしてくれるので、お気に入りの帽子であっても安心して任せることができるでしょう。

また、帽子はクリーニングに出すタイミングも気になるところではないでしょうか。帽子によっては1回3000円くらいになることもあり、オプション料金を加えると、さらに高額になることもあります。お気に入りの帽子を複数持っているというような場合には、そう何度もクリーニングには出せないでしょう。

そして、クリーニングの目安なのですが、大体ひとシーズンに1回程度が目安になってくるのではないでしょうか。あまりに頻繁にクリーニングに出してしまうと、お金がかかってしまいますし、いくらクリーニングといっても、消耗してしまう可能性があります。そのようなことを考えると、1シーズンに1回というのは丁度よい目安ではないでしょうか。

帽子は普段のメンテナンスも大切

帽子のクリーニングを確認した場合、クリーニングには頻繁に出せるものではないことがわかったのではないでしょうか。そう考えると、重要になってくるのは、普段のお手入れです。メンテナンスをしっかりとすることによって、汚れを最小限に抑えられるので、クリーニングの回数も抑えられるでしょう。

まず、乾燥というのは大きなポイントになってきます。帽子は、頭にかぶるものなので、どうしても湿気を吸ってしまいます。頭に多くの汗をかくようなタイプの人は、余計に乾燥に注意する必要があるでしょう。

かぶった後には、しっかりと干すことが大切で、汗をかいた場合には、しっかりと絞ったタオルで、軽くふいてあげることも重要です。また、帽子は臭いが気になることもあるので、そんな時には消臭スプレーも役立ってくれます。

こういったメンテナンスをすることによっても、帽子の寿命を結果的に長くすることができますので、積極的に取り組んでみてください。

このようなものが帽子のクリーニングになっています。料金の部分もありますので、そう頻繁にクリーニングに出すのは難しいかもしれません。そのため、日頃のメンテナンスも重要になってくることを覚えておきましょう。メンテナンスをしっかりとすることによって、クリーニング料金も、消耗も最小限に抑えることができます。