電子レンジの周波数って何?!引っ越す場合は周波数の確認必須!

電子レンジ

電子レンジってとっても便利ですよね。料理をするのに欠かせないアイテムで、火を使わずに全てを電子レンジで終わらせてしまう…なんて人も多いのではないでしょうか。

また、ガスコンロやオーブンは食べ物の外側から熱を加えていくのに対し、電子レンジは食べ物の内側から温まっていく仕組みになっています。どうして中から温められるのか気になりますよね。そこで、ここでは電子レンジの仕組や引っ越しする場合の注意点について解説していきたいと思います。

電子レンジの仕組ってどうなっているの?

電子レンジに食べ物や飲み物を入れると温まりますよね。これは、摩擦熱が発生しているからなんです。寒い時に、手をすり合わせますよね。その時、摩擦熱が発生して手が温かくなります。この摩擦熱を電子レンジでは食べ物の分子レベルで発生させて物を温めてしまうのです。

マイクロ波という言葉を聞いたことがあると思いますが、電子レンジにはマイクロ波という高い周波数の電磁波を出すマグネトロンが搭載されています。

食べ物には水分が含まれていますよね。水を化学式で表すとH2Oになりますが、原子記号で表すとOを中心にくの字に折れ曲がった構造をしています。このため水分自然体の電荷分布はプラスとマイナスが対になっている電気双極子になります。

この水分子にマイクロ波を照射すると電界が発生し、電界が反転することで電気双極子の水分子も回転し、摩擦しあって熱を発生させます。これを誘電加熱と呼び、マイクロ波のエネルギーが水分子に吸収されるというわけです。

なぜお茶碗の中に入っている食べ物や飲み物だけ温められるのか?

お茶碗は水分が含まれていませんよね。ですので、食器が温まることはありません。たまに、食べ物や飲み物を温めるとお茶碗まで温かくなってしまったという場合もありますが、これは食べ物の熱が外に伝わったから起こってしまいます。

電子レンジの周波数は2450MHzって決まっているのか?

電子レンジのマイクロ波の周波数は2450MHz(=2.45GHz)です。これは1秒間に24億5000万回プラスとマイナスの極性が入れ替わっているということで、電子レンジで使う電磁波の電波は用途に応じて使える周波数が国際的に決まっています。

また、全世界で使うことができる産業科学医療用に用意されているISM周波数は2450MHz(=2.45GHz)以上ですが、これは免許が必要になってきます。ただし、2.4GHz帯(2.4GHz-2.5GHz)のテレビやレーダーなどで低出力の電波であれば免許は取得する必要がありません。

そのため電子レンジは2450MHz(=2.45GHz)が使われるようになったんです。しかし最近は無線LANが同じ2.4GHz帯の周波数を使っているため電子レンジを使っている時に無線LANの通信が遅くなったり、途中で切れてしまうということが起こってしまいます。

電子レンジってどのくらい持つの?

家電量販店で電子レンジの寿命を尋ねるとたいていの店員さんが10年と答えます。今の電子レンジは機能が多く昔より複雑になっており、寿命が短くなっているとも言われていますが、家電はだいたい10年持つと言われているので納得ですよね。

電子レンジは多くの部品から構成されているのですが、マグネトロンで寿命が決まると言われており、マグネトロンの総作動時間は約2000時間です。マグネトロンの寿命が近づいてくると出力が落ちるので温めるのに時間がかかるようになります。

電子レンジの中に何も入っていない状態で空焚きしてしまうとマグネトロンに負荷をかけてしまうのでやらないようにして下さい。

ターンテーブルが付いているものと付いていないものの違いとは?

電子レンジは庫内にターンテーブルのあるものと回らずに加熱されるフラットテーブルのものがあります。昔の電子レンジは主にターンテーブル方式が主流でしたが、最近は大型のものはフラットテーブル方式、小さなものにはターンテーブル方式が使われていることが多いです。

ターンテーブル方式とは

ターンテーブル方式の場合、電磁波を発生するマグネトロンは天井部または側面部にあるので、食べ物が固定されていると同じところにしかマイクロ波を当てることができず、均一に温まりにくくなってしまうため回転するようにできています。

しかし、ターンテーブルには欠点があり、掃除がしにくく、庫内が不衛生になってしまいがちです。庫内が汚れてしまうと、その部分が加熱されてしまい火災の恐れも出てきてしまいます。

また、ターンテーブルの上では大きな食材が調理しにくく、庫内に食材が入っていても回転の邪魔をして引っかかってしまうなんてこともあります。ターンテーブル方式の電子レンジは温められる食材の大きさは決まってしまうので少々使いにくいかもしれません。

フットテーブル方式

フットテーブル方式の場合、マイクロ波を照射するマグネトロンに工夫がされており、例えばマグネトロンの出力を底面に設置したアンテナを回転させることで均一に食べ物を温めることができます。

安価な電子レンジはヘルツフリーではないものもある!

電子レンジはオーブン機能が付いていたり、水蒸気で温める機能が付いていたり、高機能の電子レンジになるとお値段もそれなりに高いですよね。単純に温めるだけの機能が欲しい人は安価なモデルを選びがちですが、安価なモデルの場合ヘルツフリーでないモデルがあります。

日本は電源周波数が西日本と東日本で異なっています。東日本が50Hzで西日本は60Hzです。50Hzと60Hzが混在している地区もありますが、東日本から西日本、またはその逆で西日本から東日本に引っ越しをする際は購入した電子レンジが利用できるか確認しておく必要があります。

また、これは電子レンジに限らず他の家電も同様です。ただし多くの家電がヘルツフリーであることが多いです。安価なモデルに関してはヘルツフリーでない可能性があるのでチェックしておきましょう。

電子レンジの電磁波対策はどうなっているの?

数十年前から電磁波の影響が問題になっていますよね。電子レンジの電磁波も問題になっていますが、電子レンジの場合扉以外の5面は全て電磁波が外部に漏れないような仕組みになっています。

そしてドア部分はガラスになっていますよね。ガラス部分は電磁波を通してしまうので、内側に金属のメッシュを入れて電磁波を遮断し、外側に電磁波が漏れないようにしているんですよ。また、ドアが開いている間はマイクロ波を発生させないための保護装置も取り付けられています。

ですので、きちんとドア冴え閉まっていれば動いている電子レンジの前にいても電磁波の影響を受けることはありません。

【まとめ】電子レンジの周波数をチェックしてみよう!

以上、電子レンジの周波数について解説してきましたがいかがだったでしょうか。今まで全く周波数について気にならなかったという人も多いと思いますが、電子レンジでどうやって食べ物が温まるのか、また電子レンジ作動中の電磁波の影響についての理解ができたことで安心してこれから使うことができるのではないかと思います。

また東日本から西日本、またはその逆で引っ越しをする場合、電子レンジのヘルツをチェックして下さいね。多くの場合、ヘルツフリーですが、一部は固定されています。気を付けましょう。