頑固な水垢落としの方法まとめ!様々な落とし方で汚れを掃除しよう

水垢というのは、予想以上に頑固な汚れなので、掃除の際に苦労することがあるかもしれません。そんな水垢落としに苦労しているのならば、効果的な方法を知って、賢く水垢落としをしてみてはいかがでしょうか。

水垢汚れについて

水垢を落とすためには、まず水垢の性質について知っておく必要があるでしょう。水垢というのは、水道水に含まれている成分が凝固してしまったものになります。水道水を使っている場所には、水道水が付着してしまいます。

水道水が付着した状態が続くと、水道水の水分のみが蒸発して、成分だけが残ってしまいます。その成分こそが水垢になっていて、カルシウムやマグネシウムなどが凝固したものだといえるでしょう。そのため、水垢の成分は、水道水の成分によっても多少違ってくることがわかります。

さらに、水垢というのは、水垢の上に、水垢が重なって、どんどん固まっていく性質があります。また、水赤の中に、別の汚れが含まれることによって、さらに頑固な汚れになることもありますので、水垢汚れと一言でいっても、色々な状態の汚れがあることが考えられるのです。次に、水垢汚れの落とし方についても覚えておきたいところです。

水垢は、普通に擦るだけでは、なかなか落ちてくれませんが、酸性に対しては、弱くなっています。酸性の液体などをかけることによって、水垢を落としやすくすることができます。普通に擦った場合と比べると、かなり落としやすくなっていますので、この性質は水垢掃除をする上で、必ず覚えておきたいところでしょう。

また、水垢を落とす場合には、硬いもので削るのもおすすめです。軟いもので擦っている場合には、かなり力を入れて擦っても、落とすことはできませんが、硬いもので削ることができれば、意外に簡単に落とせてしまいます。

しかし、硬いものを利用する場合には、材質を傷めてしまう可能性がありますので、材質をしっかりと見極めた上で、掃除する必要があるでしょう。水垢がついている場所の材質には、一度傷ついてしまうと、補修が難しいものも多いので、この点はしっかりと覚えておく必要があります。

クエン酸を利用する方法

水垢は酸に弱いので、クエン酸を利用する方法は良い方法です。クエン酸を利用することによって、簡単に溶かすことができますので、かなり掃除をスムーズにすることができるでしょう。クエン酸を利用して、水垢落としをする場合には、クエン酸水を利用するのがおすすめです。

クエン酸と水を混ぜ合わせることによって、簡単に作れますが、それをスプレーボトルなどを利用して、吹きかけるのがおすすめです。

また、クエン酸が水垢に反応するまでには、少し時間が必要になってきますので、キッチンペーパーなどを利用して保持するのもおすすめです。キッチンペーパーなどを利用して保持することによって、しっかりとクエン酸を水垢に反応させることができるのです。

キッチンペーパーなどを使ったら、それをそのまま利用して、軽くこすってあげることで、水垢を綺麗にすることができます。また、クエン酸を吹きかけて放置しておく時間帯は、数十分から1時間程度が目安といえるでしょう。

酢を利用する方法

水垢は、酢を利用することによっても掃除することができます。酢ならば、どこの家庭にでもあるかと思われますので、思い立った時にすぐ掃除をすることができるでしょう。

その方法は、クエン酸を利用する場合とほとんど同じで、数十分から数時間程度、キッチンペーパーなどを利用して、水垢に反応させます。後は、そのキッチンペーパーを利用して、擦るだけで綺麗にすることができるでしょう。

また、酢と同じようにレモンの汁などでも綺麗にすることができますので、どちらか自宅にある方を利用するとよいです。また、酢やレモン汁を利用する場合には、クエン酸のように水で薄める必要はなく、そのまま原液を使って、掃除をしてください。

クレンザーを利用する方法

水垢に対しては、硬いもので擦るという方法が有効なので、クレンザーを利用するのもおすすめだといえます。クレンザーは、研磨成分が含まれていますので、頑固な水垢汚れであっても、削って落とすことができるのです。また、粒子も細かくなっていますので、材質に傷をつけたりする可能性を低くして掃除をすることができます。

クレンザーを利用する場合には、あまり泡立ててしまうと、効果が薄まってしまいます。そのため、あまり泡立てないようにゆっくりと掃除することがポイントになってくるでしょう。ゆっくりと丁寧に掃除をすることによって、かなり頑固な水垢であっても落とすことができるはずです。

また、クレンザーを利用する方法と同じように、ダイヤモンドパッドを利用する方法もあります。ダイヤモンドパッドというのは、ダイヤモンド入りの研磨剤の入ったパッドになっていますので、これを利用することで、水垢を削り落とすことができるのです。

ダイヤモンドパッドは、かなり強力なアイテムになっていますので、頑固な水垢汚れであっても、しっかりと綺麗にすることができるでしょう。材質などと相談した上で、こちらを購入して利用してみるのもおすすめです。

より頑固な水垢汚れの場合は

水垢汚れは、研磨したり、酸の力で綺麗にする方法が有効であるとわかりました。しかし、それぞれの方法を試しても、綺麗にならないこともあるでしょう。こんな時には、いくつかの方法を組み合わせてみるのもおすすめだといえるでしょう。

例えば、削る方法と酸の力で溶かす方法を組み合わせることによって、より綺麗にできる可能性が高まります。また、クエン酸を利用するような場合には、キッチンペーパーなどを利用して、ある程度放置する工程があります。この工程の時間を調整するというのもおすすめの方法になっていて、放置する時間を長くすれば、よりしっかりと反応させることができます。

さらに、何度か繰り返すというのもポイントになってきて、一度の掃除では綺麗にならなくとも、何度かやっていれば、綺麗になってくる可能性があります。繰り返しすることによって、少しずつ水垢の汚れが弱まっていくこともありますので、こちらも覚えておくとよいでしょう。

また、水垢というのは、だんだんと固まっていく性質があります。水垢に水垢が重なれば重なるほど厄介になってしまいますので、そうならないように積極的に掃除するようにしましょう。

水垢の予防

水垢は、重なってしまうと大変ですが、重なる前に落とすと、それほど苦労することなく綺麗にすることができます。さらに、覚えておきたいのが水垢を発生させないということも重要になってきます。水垢というのは、水道水が付着しなければ、発生することはありません。

また、水道水が付着してしまっても、しっかりとふき取ることができれば、水垢の発生はかなりコントロールすることができるでしょう。

この乾いた布で水分をふき取るという作業は、意外に侮れない対応策になっていますので、日頃から水垢が発生しないように、ふき取る癖をつけてみてはいかがでしょうか。そうすることによって、水垢の発生しにくい環境を作り上げることができます。

水垢はキッチンが注意

水垢ができやすい場所について確認してみると、キッチンなどは特に注意する必要があるでしょう。キッチンのシンクはもちろん、蛇口の継ぎ目などに水垢が溜まってしまう場合もあります。平面に水垢が発生した場合は、そこまで掃除に苦労するということはありませんが、狭い継ぎ目などに水垢がこびりついてしまった場合には、落とすのはかなり大変になっています。

また、キッチンには、こうした狭い隙間がたくさんありますので、このことからも水分をしっかりとふき取るということも大切になってくるでしょう。また、キッチンで洗いものをする場合にあまり水を飛散させないようにすることも大切です。あまり派手な動きで洗いものをすると、水が広範囲に飛散してしまいますので、あまり飛散させないように意識することが重要です。

このようなものが頑固な水垢汚れの落とし方になっていますので、水垢汚れに苦労しているのならば、試してみる価値はあるのではないでしょうか。水垢というのは、賢く落とすことが重要で、ただ擦るだけでは、なかなか落とすことができません。研磨成分が含まれているクレンザーを使ってみたり、身近にある酸性のものを利用して、賢く落とすのもよいでしょう。

クエン酸や酢などの身近にあるアイテムを利用するだけでも、かなり綺麗にすることができますので、頭を使った掃除で、労力を極力抑えて、水垢掃除をしてみるとよいです。