加湿器の臭い取りのやり方って?原因や対策方法をチェック

加湿器

加湿器はとても便利なアイテムですが、加湿器に臭いがついてしまっては、良い環境をつくれなくなってしまいます。

加湿器は、空気を加湿することによって、少しでも良い住環境をつくろうというものなので、その加湿器から臭いが発せられるようになってしまっては台無しだといえるでしょう。今回は、こんな加湿器についてしまった臭いを除去する方法について紹介します。

加湿器の臭いの原因

まずは、加湿器の臭いの原因について確かめてみましょう。加湿器が臭いを発するようになってしまうのは、内部の状態が悪くなってしまっているからです。内部に雑菌が繁殖してしまったり、カビが繁殖してしまったりすることもあります。このような場合には、臭いと共に拡散されてしまう可能性があり、空気がどんどん悪くなってしまうのです。

また、加湿器の臭いが発生してしまうというのは、加湿器を利用している環境によっても左右されてしまいます。加湿器の臭いが発生しやすい環境というのが、気温が高かったり、湿度が高い場合も発生しやすくなってしまいます。また、汚れが付着した場合にも、雑菌などが繁殖しやすくなってしまいますので、臭いが発生する可能性があります。

加湿器は、湿度を高くするアイテムなので、どうしても加湿器周辺の湿度が高くなってしまうので、カビや雑菌が繁殖しやすい環境にあるといえるでしょう。このようなことからも、加湿器を利用する場合には、臭いや雑菌の繁殖には十分注意する必要があります。

市販の除菌アイテムを利用するのもおすすめ

加湿器は、元々、雑菌が繁殖しやすい環境にありますので、定期的に除菌するのはおすすめです。市販されているものの中には、加湿器を除菌するのに適したアイテムがたくさんありますので、それらを利用して、綺麗にしていくとよいでしょう。

しかし、加湿器の除菌は、臭いの予防という意味合いが強いので、臭いを発するようになってしまってからでは遅い可能性があります。そのため、臭いが発生していなくとも、除菌する癖をつけるようにするべきでしょう。

加湿器を掃除する

臭いが強くなってしまった場合には、除菌アイテムでは追いつかないので、加湿器を綺麗にすることが重要です。加湿器の掃除には、洗剤を利用するのがおすすめで、まずは、加湿器を分解します。その中から、汚れやすい部品のみを外して、つけ置き洗いをするのがおすすめです。

汚れやすい部品の中には、フィルターやトレイ、タンクなどがありますので、これらの部品をつけ置き洗いすることによって、汚れを綺麗にすることができるはずです。つけ置き洗いする場合には、シンクやバケツなどを利用して、水に少量の洗剤を溶かして、つけ置きします。1時間程度、つけ置きすれば綺麗にすることができるので、1時間を目安に設定するとよいでしょう。

つけ置きすることによって、汚れが取れやすくなっていますので、しっかりとすすいでください。その後、乾燥させた後に、加湿器を組みなおして終わります。

重曹を利用する

加湿器を掃除する場合には、洗剤を使う方法もありますが、重曹を利用する方法もあります。その方法は、洗剤を利用する場合と同じで、水に重曹を混ぜたものにつけ置きするかたちで掃除をしていきます。

重曹水を利用する場合には、一度沸騰させるのがポイントになっていて、一度沸騰した重曹水を冷ましてから、つけ置き用として利用します。60分程度つけ置きするのも同じなので、洗剤で加湿器を綺麗にする場合と同じように掃除をするとよいでしょう。

加湿器掃除の頻度

加湿器の汚れは、それほど程度が酷くないうちは、除菌だけでも対応することができます。また、さすがに除菌だけでは、綺麗さを保つことができないので、定期的に掃除する癖をつけることも大切になってきます。1か月に1度くらい掃除する癖をつけることによって、臭いを発する前に対応することができるはずです。

また、加湿器の汚れの中には、水垢汚れもあって、水垢汚れの場合は、洗剤では普段利用している洗剤では落とせない可能性があります。加湿器の内部に、白いものがこびりついているような場合には、水垢の可能性が高いので、この場合には、クエン酸を利用するとよいでしょう。クエン酸を利用して、掃除をすると、水垢を分解して、綺麗にすることができます。

このようなものが加湿器の臭いの取り方になっていますので、加湿器の臭いが気になってしまうというような場合には、洗剤や重曹、そしてクエン酸を利用して掃除をしてみてはいかがでしょうか。また、臭いを発生させないためには、除菌なども効果的なので、市販の除菌アイテムを利用して、臭いが発生しないうちにしっかりと除菌するのもよいです。

さらに、ある程度の掃除は必要になってきますので、定期的に掃除をする癖も重要になってきます。加湿器から汚れた空気が出てしまうと、住環境が悪くなってしまいますので、注意しましょう。