窓サッシの掃除方法!スポンジなどで簡単にキレイにするやり方

窓サッシ

窓サッシの掃除は、少しさぼってしまうと、かなり汚れが重なってしまいます。汚れが溜まれば溜まるほど、大がかりになってしまいますので、定期的に掃除して、綺麗にしておきたいところではないでしょうか。また、窓が汚れていると、不潔なイメージを与えてしまいますので、しっかりと掃除をしておきたいものです。

定期的に掃除すればそれほど大変ではない

窓サッシ掃除は、一見するとなかなか大変なように感じてしまいますが、それほど汚れていないうちならば、大変ではありません。サッと掃除することも可能になっていますので、定期的に掃除をする癖をつけることが、まず第一段階だともいえるでしょう。

窓の汚れは、溜まってくると、真っ黒なほこりのようなものが溜まってくる傾向がありますが、このような見た目ほど、大変ではありません。窓掃除をする際には、歯ブラシを有効活用するのがおすすめです。

歯ブラシやスポンジ、そして水があれば、簡単に掃除ができてしまいます。歯ブラシは、サッシなどの狭い隙間を掃除するのには最適で、汚れをかき出すようにして、掃除をしていけば、狭い隙間のほこりもしっかりと取ることができます。

仕上げに水を少量流してあげるだけで、汚れを落とせます。サッシの水は、そのまま外に流れていくような構造になっていますので、ベランダなどに水を流しても問題ない環境ならば、水を流すだけで終えられます。

しかし、場合によっては水を流せない環境である場合もありますので、そのような時には、雑巾などを利用して、水をふき取るとよいでしょう。歯ブラシを上手く利用すれば、少量の水で汚れは十分に落とせますので、覚えておくとよいでしょう。

窓サッシにはカビが発生してしまうこともある

窓サッシの汚れをいつまでも放置しておくと、カビが発生してしまうことがあります。窓サッシの汚れは、それほど溜まっていない状態ならば、それほど苦労することなく掃除をできますが、カビが発生してしまった場合は大変になってしまいます。

窓表面には、結露によって水分が溜まってしまいますので、温度によってはカビが発生しやすい環境であるといえます。窓サッシのカビ対策には、アルコールがおすすめです。アルコール除菌スプレーが売っていますので、それを購入し、掃除に利用します。アルコールスプレーをして、サッとふき取るだけでも、カビを除去することができますので、試してみるとよいでしょう。

しかし、カビも頑固になってしまった場合には、アルコールスプレーでは対処しきれないこともあります。そんな時は、塩素系の漂白剤を利用するのがよいでしょう。強力な塩素系漂白剤ならば、頑固なカビであっても対処できる可能性が高まります。

塩素系漂白剤を利用した窓サッシ掃除

黒カビが発生してしまった場合には、塩素系漂白剤がおすすめになっていますが、塩素系漂白剤を利用する場合には、水拭きをして、一通り汚れを落としてから使います。そして、キッチンペーパーなどを利用して、漂白剤をかけ、その状態を保持するようにします。ある程度、時間を置くことによって、効果をより発揮させやすくなりますので、覚えておいてください。

ある程度、放置することによって、黒カビが落としやすくなっていますので、そのままキッチンペーパーなどを利用してふき取ります。黒カビはかなり頑固なので、このような方法を使っても、簡単には落ちません。そのため、なかなか落ちない場合には、その都度繰り返すようにしてください。

繰り返し掃除することによって、黒カビであっても、少しずつ綺麗にすることができます。カビを落とすことができたら、最後に水拭きをして終わります。一度の掃除で黒カビを完全に落とすことは難しくなっていますので、一度の掃除で終わらせようと思わせないことも大切になってきます。

掃除のたびに、仕上げとして漂白剤を使った掃除をするという方法なら、少しずつ黒カビを薄くすることができるはずです。

漂白剤をペースト状にする方法もある

頑固な黒カビ掃除をする場合には、なるべく漂白剤の効果をしっかりと発揮させるために、ペースト状にするという方法もあります。漂白剤をペースト状にするためには、片栗粉を利用するのがおすすめです。漂白剤に片栗粉を混ぜることによって、簡単にペースト状にすることができますので、試してみるとよいでしょう。

片栗粉と漂白剤を混ぜて、ペースト状にしたものを黒カビの場所に塗ります。そして、漂白剤がカビに浸透するのを待ち、その後にふき取るというものです。ラップなどを使ってペーストを密着した状態にすれば、しっかりと漂白剤がカビに浸透してくれるので、こちらも試してみるとよいでしょう。

ほこりを溜めないことも大切

頑固な黒カビになってしまうような状態を防ぐためには、ほこりを溜めないことも大切になってきます。ほこりが積み重なってしまうと、それだけ掃除が大変になってしまいますので、日頃からサッシについたほこりを取り除くような癖をつけておけば、かなり掃除は楽になるはずです。

サッシ専用のブラシなども販売されていますので、そのようなアイテムがあれば、日頃からサッシを掃除する癖をつけられるのではないでしょうか。普段の室内掃除の時に、ついでに窓サッシも掃除するようにすればよいです。

このようなものが窓サッシの掃除方法になっていますので、あまり窓サッシを掃除する癖がなかったという人は、ぜひ取り入れてみるとよいでしょう。窓サッシもその他の場所と同じように、汚れが溜まれば溜まるほど掃除が大変になってしまいます。専用のブラシなどを利用すれば、簡単に掃除をすることができてしまいますので、この機会に購入するのもよいでしょう。

黒カビが発生するような状態になってしまうと、かなり掃除は大変なので、そうなる前に対処したいところではないでしょうか。

万が一、黒カビが発生してしまった場合は、一度に綺麗にするのではなく、何度も繰り返して、少しずつ綺麗にしていくという工夫も必要になってきます。窓が綺麗な状態であれば、住まいに清潔感を演出することができますので、積極的に掃除をしていきましょう。