トイレの黄ばみの落とし方は?キレイにできる取り方のコツや注意点

トイレ 掃除

トイレの黄ばみは、簡単に落ちそうで、意外に落とすのが難しくなっていますので、しっかりと洗浄方法を考える必要があるのではないでしょうか。今回は、そんなトイレの黄ばみを綺麗にする方法について紹介しますので、ぜひ確認してみてください。

トイレの黄ばみの原因

まずは、トイレの黄ばみの原因から確認してみると、トイレの黄ばみは、尿石と呼ばれるものである可能性が高いです。これは尿に含まれるものになっていて、尿の水分だけが蒸発してしまったものになります。

普段の掃除で、しっかりと落としていれば問題ないのですが、普段の掃除で落としきれなかったり、掃除をする間隔が長かったりすると、どうしても尿石によって、黄ばんでしまう可能性があります。

また、尿石というものは、どんどん重なってしまう傾向がありますので、尿石を溜まったままにしてしまうと、かなり頑固な汚れになってしまう可能性があります。また、尿石は尿が固まってしまったものなので、臭いを発生することが多く、アンモニアの特有の臭いを発してしまいます。

このような状況になってしまうと、単純に黄ばんでいるというだけではなく、臭いまで強くなってしまいますので、かなり生活環境が悪くなってしまうといえるでしょう。

トイレの黄ばみの落とし方

トイレの黄ばみを落とす場合には、専用の洗剤を利用するのがおすすめです。安価で手に入る洗剤も多く、尿石に対して強力な効果を発揮してくれるものになりますので、あるとかなり心強いといえるでしょう。

また、トイレの黄ばみというのは、目に見える部分にだけあるわけではなく、トイレのふちの部分にもたくさんこびりついている可能性があります。ふちについている場合見えにくいので、知らず知らずのうちに、かなり溜まっていることがあります。

トイレの尿石を綺麗にするためには、まずは水位を下げることから始めます。完全に水をなくする必要はありませんが、水位を下げておくことによって、洗剤が水に薄まってしまうのを防ぐことができます。洗剤が水に薄まってしまうと、しっかりと効果を発揮してくれない可能性がありますので、十分に注意しましょう。

また、トイレのふちを掃除する場合には、洗剤をかけても、下にたれてしまいますので、十分に効果が発揮されない可能性があります。ある程度、汚れてしまっている場合には、しっかりと洗剤を保持する必要がありますので、トイレットペーパーなどを利用して、洗剤が保持されるような状態を作ります。

トイレットペーパーで洗剤を保持できる状態を作ったら、早速、洗剤をかけていきます。尿石落としをする際のこつは、洗剤を多めに使うということです。もったいないということで、半端に使ってしまうと、十分に効果が発揮されない可能性がありますので、多すぎるくらいでも問題ありません。

また、尿石は頑固なので、すぐには落とすことができません。そのため、ある程度、洗剤を浸透させる必要があり、そうすることによって、しっかりと洗剤の効果を発揮させることができます。洗剤がある程度、浸透したら、ブラシを使って擦るだけで、綺麗にすることができるでしょう。

かなり頑固な尿石であっても、洗剤をしっかりと浸透させさえすれば、意外に簡単に落ちてしまうのです。逆に、洗剤を利用しない場合には、なかなか落とせない可能性が高いので注意しましょう。また、洗剤を間違ってしまっている場合には、尿石を落とすのは難しくなってしまいます。

尿石を落とす際に洗剤を使う場合の注意点

尿石を落とす場合には洗剤を利用することによって、スムーズに掃除ができます。そして、そのタイプの洗剤は、酸性洗剤であることが多いです。

しかし、酸性洗剤を利用する場合には、注意することもあります。酸性洗剤は、漂白剤などと一緒に利用してしまうと、有毒ガスを発生させてしまう可能性があります。

直接混ぜないとしても、同時に利用することによって、ガスが発生してしまう可能性がありますので、十分に注意する必要があるでしょう。ガスが発生する量によっては、かなり危険になっていますので、しっかりと覚えておきたいところです。

漂白剤は、カビ落としなどに利用することが多いので、まとめて掃除をしようと思って、漂白剤と酸性の洗剤を一緒に利用してしまうことは珍しくはないのです。

尿石を削り落とす場合

尿石を落とす場合には、酸性洗剤を利用することによって、効果的に落とせますが、それ以外にも削るという方法もあります。しかし、尿石は陶器である便座についていることが多いので、陶器をやすりなどで削ってしまうと、傷ついてしまいます。

また、見た目は傷ついていないと感じても、コーティングを落としてしまうことがありますので、便座にやすりを使うのは十分に注意しましょう。細かいサンドペーパーなどを利用して、傷がついてしまう可能性が高いので、酸性洗剤を利用する方が無難です。また、コーティングを落としてしまうと、汚れがつきやすくなってしまいますので、逆効果ともいえるでしょう。

クエン酸を利用する方法もある

尿石を落とす場合に、クエン酸を使う方法もあります。酸性の洗剤ほど強力ではありませんが、クエン酸も酸性になっていますので、軽い程度の尿石ならば落とせる可能性があります。

クエン酸の場合には、人体への影響が少ないので、なるべく安全な方法で掃除をしたいというような人は、クエン酸を利用してみるのもよいかもしれません。クエン酸を利用する場合には、クエン酸を水に溶かしたクエン酸水を作って、それをスプレーボトルなどで黄ばみに直接吹きかける方法になります。

黄ばみに吹きかけた後に、ある程度放置して、その後に擦ることができれば、綺麗にすることができるはずです。クエン酸を使う方法は、とても手軽な方法になりますので、少し黄ばんでしまっているというような状況で利用してみると、効果を発揮してくれるでしょう。

また、黄ばみを予防するためには、置くタイプの洗浄剤もおすすめといえます。置くタイプの洗浄剤は、トイレの水流を上手く利用して、掃除することができますので、黄ばみがついてしまう可能性を減らすことができます。

定期的な掃除も大切

黄ばみをつけないようにするためには、定期的な掃除が何よりも大切だといえるでしょう。黄ばみというのは、尿石が重なることによって発生するものになります。

そこから、さらに頑固になっていく性質を持っていますので、定期的な掃除を心がけるようにして、尿が飛び散ってしまった場合でも、黄ばみを抑えることができます。固まる前に掃除をすることができれば、全く手間なく、落とすことができてしまいますので、毎日の掃除の中にトイレ掃除も加えることが重要になってくるでしょう。

このようなものがトイレの黄ばみを綺麗にする方法になります。トイレの黄ばみをキレイにするためには、市販の専用洗剤を利用するのがおすすめです。強力なタイプのものが揃っていますので、使い方さえ間違わなければ、かなり綺麗にすることができるでしょう。

また、定期的に掃除をする癖をつけるのも大切になってきますので、今ある黄ばみをしっかりと綺麗にした後は、再び黄ばみになってしまわないように、毎日のトイレ掃除を日課にしてみてはいかがでしょう。普段から綺麗にする癖をつけていると、強い臭いを発生する頑固な尿石に悩まされることもないのではないでしょうか。