洗濯物の色移りの落とし方!すぐに対処するポイントと予防のコツ

洗濯日和

洗濯物に色移りしてしまうという状況は、たまにあります。こんな時は、やってしまったという気分になるかもしれませんが、あわてずにしっかりと対処することによって、色移りしても落とすことができるはずです。逆に、対処を間違ってしまうと、落ちるものも、落ちなくなってしまいますので、十分に注意してください。

色移りしてしまった場合

洗濯物に色移りしてしまった場合は、その人の知識が試される時だといえるでしょう。まず、色移りしてしまった洗濯物は、できるだけ早く対処する必要があります。時間が経てば経つほど、落とすのが難しくなってしまいますので、できるだけ早く対応するようにしましょう。

重曹による対処法

色移りしてしまった場合の対処法は、いくつかありますが、その中には重曹を使ったものもあります。重曹は、人体への影響も少ないですし、自宅にある場合も多いので、おすすめの方法です。重曹を使って、色移りしたものを落とすためには、酸素系の漂白剤を組み合わせて利用するのが一般的です。

まずは、色移りしてしまった部分に、重曹を塗ります。歯ブラシなどを使って、軽く擦ることによって、少しずつ汚れが落ちてくるでしょう。さらに、少し温度の高いお湯を使って、重曹と酸素系の漂白剤を利用して、つけ置き洗いをしていきます。時間は、大体30分くらいが目安になっています。

また、重曹と漂白剤を混ぜて、つけ置き洗いをする場合には、長時間のつけ置きには注意しましょう。目安の30分を過ぎて、1時間や2時間つけ置きしてしまうと、色が落ちてしまう可能性があります。

せっかく、色移りした汚れを落とすことができても、衣類自体の色が落ちてしまったのでは、意味がなくなってしまいます。それどころかダメージが大きくなってしまいますので、つけ置き洗いを長時間してしまうのには注意する必要があるでしょう。目安の時間つけ置きをした後は、普通にすすいでいきます。

お湯を使って対処

それほど洗浄力のある方法ではありませんが、お湯を使って対処することもできます。色移りに気づくのが早ければ、こちらの方法でも十分に対処できる可能性があります。

お湯を使う場合には、ある程度温度を高くすることによって、洗浄効果を高めることができます。しかし、衣類によっては、温度の高いお湯に弱い場合もありますので、衣類と相談しつつ、温度を設定するようにしましょう。

具体的な方法としては、いつもの洗濯を少し高いお湯でするというものです。いつもの温度がぬるま湯程度なら、40度から50度くらいのお湯を使って洗濯をすることによって、洗剤の効果を高めることができます。

この方法で落とすことができれば、衣類へのダメージを最小限に抑えた上で、色落ちの対処をすることができますので、試してみる価値はあるといえるでしょう。また、お湯を使った洗濯なので、自宅で色移りに気づいた後、すぐに実践できるというのも大きなポイントになってきます。

時間が経過してしまった場合

色移りに気づくのが遅くなってしまったという場合もあるでしょう。こんな時には、塩素系漂白剤を使う方法があります。

しかし、塩素系漂白剤は、強烈な洗浄効果を持っている代わりに、衣類に与えるダメージも大きくなってしまいます。そのため、最終手段という考え方もできます。また、時間が経過してしまった色移りは、塩素系漂白剤などを利用しても落とせない場合があります。このような場合は、色が薄まれば運が良いという程度に考えておくのがよいかもしれません。

色移りの予防

色移りしてしまうと対処が大変になってしまいますので、できることならば、色移りを予防したいところです。色移りの予防をするためには、色々な方法がありますが、例えば、色移り防止シートを利用するのもよいのではないでしょうか。こちらは市販されているシートになっていて、洗濯の際に、シートを入れるだけで色移りを防いでくれるという優れものになっています。

また、洗濯ネットを効果的に利用する方法もあります。洗濯ネットには、衣類同士の摩擦を防ぐ役割もあって、摩擦が少なくなれば、色が移ってしまう可能性を低くすることができます。

また、衣類同士を濡れたまま密着させておくのも色移りしやすくなる原因になっています。洗濯の後に、洗濯槽の中に、衣類を入れっぱなしにしてしまう癖がある人は、かなり注意する必要があるでしょう。この癖を解消するだけでも、ずいぶん色移りの可能性を防ぐことができるのではないでしょうか。

このようなものが洗濯物の色移りを落とす方法と、色移りを防ぐ方法になっています。洗濯物に色が移ってしまうと、なかなか厄介なので、できることならば、普段の洗濯の際に注意して、洗濯物に色が移ってしまうのを予防したいところではないでしょうか。また、色移りしてしまった際には、すぐに行動することが重要であるということを覚えておくのも大切になっています。