吸盤がくっつかない!なんでくっつかないの?吸盤を復活させる方法とは?

吸盤フック

キッチンや浴室で吸盤を使っている人は多いと思います。とっても便利だし、吊って収納することができるので空きスペースの活用にもなりますよね。ただ、最初はしっかりくっついていた吸盤も日が経つにつれてだんだんとくっつかなくなってしまいますよね。

しかし、くっつかなくなったからと言って捨てるのはちょっと待って下さい!実は吸盤を復活させる方法がいくつかあるんですよ。そこで、ここではくっつかなくなった吸盤を復活させる方法について解説していきたいと思います。

なぜ吸盤がくっつくのか?

吸盤がくっつく理由ですが、吸盤の外部の大気と内部の圧力との差によるものです。壁に吸盤を押し付けると、吸盤の内部の空気が押し出されます。その後、吸盤が元の形に戻ろうとすることで、吸盤内の圧力が外の大気よりもかなり低くなります。そうすることで、壁から吸盤が落ちなくなるのです。

吸盤がくっつかなくなる原因とは?

今まで吸盤がくっついていたのに最近、なぜかくっつかなくなってしまった…という経験がある人も多いと思います。しかし、なぜ吸盤がくっつかなくなるのかというと

・壁やガラスの表面が汚れている
・吸盤が古くなって劣化した
・吸盤に吊るすモノが重すぎる
・吸盤に油やホコリが付いている
・温度で吸盤が変形した

などなどの理由があります。では、くっつかなくなった吸盤はどのようにすれば復活するのでしょうか。

吸盤がくっつかない時はどうする?

①ホコリや油分を取り除こう

もし、吸盤がくっつかなくなったらまず最初にやって欲しいのが吸盤の内部の汚れを取り除くことです。とくにキッチンなどで使っている吸盤は油やホコリが内部にくっついてしまうことが多いです。これが原因で吸盤が落ちてしまうことも多いので、吸盤がくっつかなくなったらまずは吸盤の内部のホコリや油汚れを取り除きましょう。

また、吸盤の内部の汚れを取り除くことはもちろんですが、吸盤を貼り付ける壁やタイルに汚れがくっついていては意味がありません。そこで、タイルや壁もしっかり汚れやほこりを拭き取って下さい。

②ハンドクリームを使って復活させよう

「吸盤にハンドクリームを塗って吸着力が元に戻るの?」と思う人もいるでしょうが、実はテレビでもこのやり方は紹介されており、吸着力がアップするんですよ。吸盤の表面には細かい傷やひび割れがあったりして、真空状態を作りにくくなってしまうことがあります。

そこで、吸盤の裏側に米粒大のハンドクリームを塗ることで吸盤のひび割れや傷の中に入り込み、凸凹を埋めることによって表面を平らにすることができるんです。そうすることで、吸盤内部に真空状態を作りやすくなり、吸着力を復活させることができます。

③熱湯で復活させよう

長年使っている吸盤は劣化して変形していることが多いです。そのため真空状態を作りにくく、くっつかなくなってしまいます。そこで試してほしい方法が70~80度のお湯に吸盤を入れることです。

お湯に入れることで吸盤が温まり、平たく変形したカサの部分がふくらみ復活します。そうすることで真空状態を作りやすくなり、衰えていた吸着力も復活するのです。ただし、お湯に入れる時は吸盤を入れた後に加熱しないで下さい。吸盤を入れた後で加熱してしまうとそれ自体が変形してしまう恐れがあります。

少し温めるだけでも復活しやすいので、汚れを拭いても復活しない場合は試してみて下さい。

④吸盤接着用シールを使う

100円ショップにも売っているのですが、吸盤接着用シールは吸盤の吸着力を強力にし、落ちないようにしてくれます。これを使うことで落ちやすかった吸盤の吸着力は復活しますよ。また、吸盤接着用シールは表面が少し凸凹しているところに吸盤を取り付ける時にも便利です。わざわざお湯を沸かしたり、ハンドクリームを塗ったりなどなど手間をかけることなく強力な吸着力を復活させることができるので便利ですよね。

⑤吊り下げる重さを確認しよう

吸盤には耐荷重量があります。これは、この吸盤が耐えられる玄海の重さはこれくらいというもので、それを超えてしまうと吸盤はどうしても落ちやすくなってしまいます。ですので、吊るしたいものがある時は耐荷重量を必ず確認しておいて下さい。どうしても重たいものを吊るしたい時は強力な吸盤を使うと良いでしょう。

⑥透明テープを貼ろう

吸盤がくっつきにくくなった場合、荷造り用の透明テープを壁に貼ることで吸着力を復活させることができます。荷造り用の透明テープは表面がつるつるしているのでその上から吸盤を貼り付けることで外れにくくなるのです。

ただし、これは一時的な方法になるのでどうしてもしっかり吸着力を復活させたい場合は他の方法を選んだ方が良いでしょう。

⑦専用の接着剤を使おう

実は吸盤には吸盤専用の接着剤があります。接着剤と聞くと一度付けたら外せないイメージがありますが、これは外すことができるので安心ですよ。使い方も簡単で吸盤の裏側に接着剤を塗るだけです。

また、取り外す時は吸盤の端からゆっくりと剥がすことで取り外すことができます。水にも強く、キッチンはもちろんお風呂場でも使うことができますよ。少しはみ出しても透明なので目立たないのも良いですね。

【まとめ】くっつかなくなった吸盤を復活させよう!

以上、くっつかなくなった吸盤を復活させる方法について解説してきました。いかがだったでしょうか。ハンドクリームを塗るなんていう方法は目から鱗だったのではないでしょうか。くっつかなくなったからと言ってすぐに捨てるのではなく、上記で紹介した方法を試してみて下さいね。