スーツにカビが生えてしまった!自宅でできる応急処置とカビを発生させない対策を紹介!

スーツ

クローゼットにしばらく閉まっておいたお気に入りのスーツ。久しぶりに出してみてびっくり!「あれ?なんだかポツポツと白いものが…」そう、カビが発生してしまった!という経験がある人も多いのではないでしょうか。

大切にしていたスーツであればあるほど、カビを見つけた時のショックは大きいですよね。そこで、ここではスーツにカビが発生した時の対処法と今後スーツにカビが発生しないための予防法について解説していきたいと思います。

なぜ、スーツにカビが発生するの?

カビが発生する原因は湿気が主です。ですので、定期的に換気をしたり除湿をしている家庭も多いと思いますが、それでもどうしてもカビが発生してしまう…ってことがありますよね。実は、カビの原因は湿気だけではないんですよ。

カビというものは、カビ菌という菌類が繁殖していくことでカビが発生していきます。その繁殖に必要なものが高湿度、高気温、栄養分、空気です。栄養分とはホコリや人間の汗や皮脂のため、汗をかいたままのスーツをそのままクローゼットにしまってしまうと…カビが発生しやすくなってしまいます。

自宅でできる応急処置とは?

では、実際にカビ対策をしていてもカビが発生してしまった場合、みなさんならどうしますか。そのまま捨ててしまうという人もいるかもしれないし、一度洗濯してみるという人もいるかもしれません。

しかし、明日着ていこうと思っていたスーツにカビが発生してしまっていた場合、クリーニングに持って行くこともできないです。そこで、自宅でできる簡単な応急処置について見ていきたいと思います。

お湯を使った対処法

【用意するもの】
・30~40度のぬるま湯
・タオル
・アイロン

①ぬるま湯にタオルをつけてしっかり絞りましょう。

②カビが生えた部分をタオルで叩きましょう。拭いてしまうと、カビが繊維の中に染み込んでしまうので必ず叩くようにして下さい。

③終わったら、アイロンがけをしてしっかり乾かしましょう。

できれば、この作業をする前にカビが生えた部分をブラッシングしておくと良いです。カビ菌が飛び散ってしまうので、できれば外で作業するようにして下さい。

エタノールを使った対処法

消毒用のエタノールが自宅にある人はそれを使ってカビを取る方法があります。ただし、スーツによってはエタノールで色落ちしてしまうものもありますので、袖の裏など見えない部分で試してから使うようにして下さい。

【用意するもの】

・エタノール
・歯ブラシ
・アイロン

消毒用エタノールを歯ブラシにつけて、軽くたたくようにブラッシングしましょう。最後は焦がさないようにアイロンがけして下さい。

ハッカ油を使った対処法

自宅にハッカ油がある人はハッカ油を使って白カビを対処することができます。

【用意するもの】
・ハッカ油
・エタノール
・水
・スプレーボトル
・歯ブラシ
・アイロン

①ハッカ油スプレーを作ります。消毒用エタノール10ml、水90ml、ハッカ油10滴を混ぜましょう。

②①で作ったハッカ油スプレーをスーツにかけ、ブラッシングしていきます。この時、叩くようにブラッシングして下さい。

③アイロンがけをして仕上げましょう。

応急処置の後はクリーニング屋さんに持って行こう!

上記で紹介した方法はあくまでも応急処置です。スーツによっては自宅で洗濯することができるものもありますが、どうしてもシワや型崩れの原因になってしまいます。ですので、応急処置をした後はなるべく早くクリーニング店へ持って行くようにしましょう。

クリーニングにかかる日数はドライクリーニングの場合、1~3日間です。ウェットクリーニングになると1週間ほどかかると考えておきましょう。金額はドライの場合で1000円~2000円、ウェットの場合で2000円〜4000円となっています。

カビを発生させないための予防法とは?

・クローゼットの中の服同士の間隔に気を付けよう

クローゼットの中がぎゅうぎゅうな場合、風通しが悪くなってしまい、湿気が溜まりやすくなってしまいます。そうなると、いくら換気をしていても湿気やホコリが溜まりやすくなってしまい、カビが発生してしまいます。できるだけ間隔は広めにとるようにしましょう。

・クローゼットの換気をしよう

クローゼットが閉め切ったままの人は必ず換気をするようにして下さい。カビは高温多湿の場所を好みます。ですので、締め切ったクローゼットの中はカビにとって好条件です。毎日換気する必要はありませんが、たまにはクローゼットの扉を開けて窓を開けるようにしましょう。

・クリーニングのビニールはすぐに外そう

スーツをクリーニングに出したら、必ずビニール袋がかぶせてありますよね。そして、ビニールを外さずそのままクローゼットに片づけてしまう人もいるかもしれませんが、それはカビ対策としてはNGです。

スーツにビニールをかぶせたままにしておくと、湿気が溜まりやすくなってしまうので必ずビニールは外すようにしましょう。

・スーツを着用した日はブラッシングをしよう

会社にスーツをほぼ毎日着ていくという人はできるだけ毎日、ブラッシングするようにして下さい。ブラッシングすることでホコリや皮脂を落とすことができるので、カビの繁殖を防ぐことができます。「え?毎日?」と思う人も多いと思いますが、できるだけ毎日するよう心がけましょう。

・臭いが付いた日はスチームアイロンをかけよう

焼肉を食べに行ったり、たばこのにおいが付いてしまった場合はその日のうちにスチームアイロンをかけておきましょう。また、汗をかいた日も同じです。人間の汗や皮脂はカビの餌になります。そのままにしておくと、カビが繁殖してしまう原因となってしまうのでスチームアイロンをかけるようにして下さい。

【まとめ】スーツのカビは事前に防ごう!

以上、スーツにカビが生える原因や応急処置の方法、カビが生えないようにする予防法について紹介してきました。いかがだったでしょうか。日々のちょっとしたお手入れで劇的にカビが繁殖するのを防ぐことができます。スーツを着る機会が多い人は是非参考にしてくださいね。