シンクの掃除方法は?流し台を簡単にキレイにするポイント

キッチンのシンクは、定期的に掃除をする場所です。しかし、定期的に掃除をしていても、汚れが知らず知らずのうちに溜まってしまっていることがあります。そんなシンクをしっかりと綺麗にするためには、どのような掃除をするのがよいのでしょうか。

今回は、集中的なシンクの掃除という部分について紹介していきたいと思います。上手く掃除をすることができれば、清潔感溢れる空間を演出することができるでしょう。シンクは、汚れが目立つ場所でもありますので、シンクが汚れていると、家全体が汚くみえてしまいます。

水垢対策

キッチンのシンクを綺麗にするために、まず考えなければならないのが、水垢対策だといえるでしょう。水垢対策をしっかりとしなければ、キッチンを綺麗にすることは難しいです。水垢対策には、色々な方法がありますが、水垢は削ることによって綺麗にすることができます。

しかし、削るとはいっても、力を入れたり、あまりにも硬いものを利用したりすると、シンクに傷がついてしまいますので、なるべく柔らかいもので落とすようにすることが重要です。シンクに傷をつけずに掃除をしたいなら、柔らかいものから、少しずつ硬くしていくという方法がおすすめとなっています。

まずは、プラスチックのへらなどがあれば、それを利用するようにしましょう。プラスチックのへらは、侮れない掃除アイテムになっていて、シンクの水垢汚れを削り落とすのには十分なアイテムです。

また、クレジットカードなども掃除アイテムとしては優秀です。クレジットカードは、使えなくなったものが手元にある場合がありますので、もしプラスチックのへらがなければ、代用することができます。

また、スポンジなども定番の掃除アイテムですが、水垢汚れを落とすために利用することができます。

また、シンクの掃除にクエン酸が効果的という情報を聞いたことがあるのではないでしょうか。クエン酸も水垢汚れに効果を発揮してくれるのですが、クエン酸が効果を発揮するのは、あくまでも、日常的な軽い掃除におすすめというアイテムです。そのため、積もり積もった水垢を掃除するのにはあまり向いていないといえるでしょう。

逆に、日常的な掃除の際に、クエン酸を利用することができれば、水垢が蓄積されてしまうのを防ぐことができますので、しっかりと使い分けることが重要になってくるといえるでしょう。

そして、どうしても、取れない汚れがある場合には、酸性洗剤を利用するのがおすすめです。酸性洗剤は、非常に強力な洗浄作用を有していて、扱いには注意する必要がありますが、最終手段としてはおすすめです。キッチンの水垢に強烈に作用してくれますので、綺麗にすることができるでしょう。

使用の際には、ゴムてぶくろを装備するのが基本になってきますので、忘れないようにしましょう。酸性洗剤が手についてしまうと、火傷をしてしまったような状態になるので、十分に注意してください。

油汚れ

キッチンに存在する汚れで、水垢汚れ以外のものといえば、油汚れがあるでしょう。キッチンは油を頻繁に利用する場所でもありますので、油汚れの対策も重要になってきます。油汚れの場合には、水垢汚れとは逆に、アルカリ性の洗剤を利用することができれば、効果を発揮してくれます。

大掃除の際に利用する弱アルカリ性の洗剤を利用するのもおすすめですし、研磨効果を発揮してくれる、クレンザーのような洗剤を利用するのもおすすめです。油汚れの状態にあわせて、それぞれを使い分けていくとよいのではないでしょうか。

また、クレンザーなどを利用する場合には、素材についても注意する必要があり、基本的にシンクに使う分には問題ありませんが、プラスチック製のものには使わないように気をつけましょう。クレンザーを利用することによって、プラスチックが傷ついてしまいますので、余計に汚れが目立ってしまうという状況が発生します。

排水溝

キッチンの汚れを掃除するなら、排水溝もしっかりと掃除したいところです。シンクが綺麗になっていても、排水溝が汚れたままだと、見た目は綺麗でも、臭いが上がってきてしまいます。排水溝の臭いは、予想以上に強力になっていますので、せっかくシンクを綺麗にしても台無しになってしまいます。

キッチンの排水溝には、カビなどが発生している可能性がありますので、カビ取り専用の洗剤を利用するのがおすすめです。排水溝に洗剤を吹きかけて、そのまま放置するだけで綺麗にすることができますので、とても楽です。

しかし、カビ取り専用の洗剤は、非常に強力な洗剤になっていますので、換気などには十分に気を使ってください。また、排水溝の隙間などについては、ブラシがあれば、より綺麗にすることができます。十分に洗剤が浸透しない場合がありますので、そのような隙間をブラシで綺麗にすることによって、より清潔感を増させることができます。

また、排水溝を掃除するなら、排水トラップや、網などについてもしっかりと綺麗にしましょう。こちらもブラシがあれば、細かい隙間を綺麗にすることができますので、清潔感を保つことができます。

キッチンの掃除に役立つアイテム

シンクの掃除をする場合に利用するのは洗剤です。しかし、中には洗剤の代用をすることができるようなアイテムもあります。

代表的なのが重曹で、重曹は油汚れに高い効果を発揮してくれますので、シンクをはじめとしたキッチンの掃除に利用することができれば、役立ちます。また、素材や人体への影響を最小限に抑えることができますので、シンクに直接かけて利用することも可能です。

さらに、排水溝の汚れには、カビ取り用の洗剤を利用することになりますが、軽い汚れならば、重曹で落とすこともできます。排水溝のぬめりなどには重曹が効果的になっていますので、綺麗にすることができます。

また、熱した重曹に酢をかけることによって、化学反応を発生させることができます。化学反応をすると、重曹が泡を発生させますが、この泡に排水溝の汚れを落とす力がありますので、上手く利用してみてはいかがでしょうか。

また、オレンジの皮もシンクの汚れ掃除には役立ってくれて、オレンジの皮はアルカリ性の水垢汚れに反応させることができます。頑固な水垢汚れには効果を発揮してくれないものの、軽い水垢汚れ程度ならば、オレンジの皮でも十分に掃除をすることができますので、食べ終わったオレンジの皮を上手く利用して、掃除をしてみるとよいでしょう。

また、同様にレモン汁などを使っても、掃除をすることができますので、覚えておくとよいでしょう。

さらに、意外なアイテムとしてはじゃがいもの皮があります。じゃがいもの皮には、水垢汚れや油汚れに効果を発揮してくれる特徴があり、シンクにはその両方の汚れが存在していますので、上手く利用したいところです。

このようなものが、シンクの掃除に効果的な方法になっていますので、色々な方法を試してみるとよいでしょう。考えてみるとわかりますが、意外にたくさんの方法があることがわかります。それぞれの状況に応じて、効果的な方法を選択することができれば、効率的にシンクを綺麗にすることができるはずです。

また、自宅にある意外なものが役立ったりするのが、シンク掃除のポイントになっていますので、知識を使って、楽しく掃除をする癖をつければ、継続的に掃除をしていくことができるはずです。